とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2019 07/14

「少年の初恋は美少女♂でした。」という嬉し恥ずかし認められない女装ラブコメ 感想・ネタバレあり

スポンサーリンク

無料漫画アプリのマンガUP!に新しく掲載された「少年の初恋は美少女♂でした。」。多分1巻発売記念ですね。
fc2blog_2019071415253397a.jpg
マンガUP!アプリ内イメージより引用
マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ


作者さんは先日オリジナル作品が掲載された小林キナ先生。
小林キナ先生の他の作品↓

めんどくさがり男子が朝起きたら女の子になっていた話が無料 ズボラすぎるTSの開幕だ! ネタバレあり

ななしのアステリズム最終話までの感想 拗らせ百合三角関係+αが面白い ネタバレあり

上の作品でもありましたが男子と女子の垣根をコミカルに、それでいて認めたら負けだけど抗えないって気持ちを描くのが印象的な作風が存分に発揮されているのが本作で女装男子とその子にずっと恋をしてしまった男子のやり取りが中心の物語です。

そんな「少年の初恋は美少女♂でした。」の感想など。

ネタバレ注意

「少年の初恋は美少女♂でした。」感想・あらすじ

高校三年生の5月にとある高校に転校生として転入することになったのは牛若柊吾(うしわか とうご)という男子主人公。

そこで再会してしまったのは彼の初恋相手であり、トラウマを植え付けた人物の竜ヶ崎蓮(りゅうがさき れん)です。
なんで初恋か、なんでトラウマかというとその昔、女装していた竜ヶ崎を本物の女子だとずっと思いこんでいて引っ越しの時に「そういえば言っていなかったけ?私は男子だよ」みたいにカミングアウトされてそれっきりだったからです。

これがただの失恋になっただけじゃなく、その後も学校一の美少女を見ても何とも思わず、告白されても他の女子と良さげな雰囲気があっても竜ヶ崎のことが頭から離れずに結局恋愛なんてそっちのけのまま現在に至るのです。

そう、失恋&トラウマを背負ってもなお竜ヶ崎のことが忘れられずに牛若はずっと来て、とうとう転校初日に再び彼に出会ったのでした。

そして、女装部を有する転校先で新たな女装男子にも出会うことになった牛若の最後の高校生活は果たして…

fc2blog_20190714152600cb3.jpg
マンガUP!アプリ内イメージより引用
初回は2話分更新でした。

牛若と竜ヶ崎のラブコメ?

ぱっと見、竜ヶ崎はロングヘア―とカチューシャが似合う可憐な美少女JKなんですが速攻で女装男子ってことが分かります。
なので女装しているってことを前提に読み進めるんですがそれでも姿も仕草も毎回グッとくるように描かれていますし単純に彼(?)の発するセリフや行動を見ていて面白かったです。
かつての顔なじみってこともあって牛若にもとってもフレンドリー。
「相変わらず美しいだろう?私の女装は」みたいな口調とそれに似あうナルシストっぷりも良き。

ただ、牛若の心境は超複雑で初恋相手だし彼の存在がチラついて他の女子に集中できないしペンダントの中にはずっと彼の写真が大事に入れられていたし、ってことで今に至るまである意味一途な想いを宿していました。これが分かる瞬間が序盤の見どころ!

そんな気持ちの反面、相手は女装した男子なんだぞ、そんな彼を好きになっていいはずがない、みたいな感じで至る所に葛藤が散りばめられていてそれもまた面白いです。

結局竜ヶ崎に心を掴まれてしまっていてそれを認めたくない牛若はあれこれ強めの口調で反論したりしますがそれを軽くあしらう竜ヶ崎との掛け合いが続きます。

女子になりたいとかじゃなくて(今のところは)あくまで女装が好きってことに振り切っているので色々小難しく考えずにコメディとして読めました。一方、牛若にとっては心を揺らされっぱなしなので段々とラブコメの気配になりそうな感じでした。

好きにならない決心

好きにならないって言うか「他の人を好きになる」って決心をするのが牛若です。
再開する二人が両想いを目指すんじゃなくて他の人を好きになることをあえて伝えるってのが新鮮ですね。

でもそんなことを言われても動じないどころか逆に牛若の心境をナチュラルに弄んでからかう始末。
できればこの距離間のままずっと続いてくれや、って思ってしまう二人なのでした。

ちゃんと女装やっている

表面的に女の子の振りしていまーすって感じじゃなくて竜ヶ崎はかなり気合を入れて女装を楽しんでいるのが分かります。
学校では指定された制服さえ着ていれば女装は大丈夫ってことで堂々と女装は可能。
なので学園で当たり前のように牛若は女装した竜ヶ崎と接します。
その際にルールのクリアはもちろんのことですが男子って部分を限りなく見せないようにするために脚や喉元を隠したりとさらりとこだわりを見せてくれました。
あと他の生徒達が竜ヶ崎のことを当たり前のように受け入れているどころか一種のカリスマのように慕っているのもでかい。
これがあるから一緒にいたら他の人に奇異な目で見られるって心配も無事クリアでした。

美少女四天王:女装部

竜ヶ崎率いる女装部が登場したことでタイプが違う5人の女装男子が勢ぞろいしました。
華やかで初登場時のインパクトは強いですししっかり女装時じゃなくて普通の時の男子の姿も見せます。

司馬朔太郎は猫耳ヘアから素では眼鏡をかけた真面目男子。
卯月ノアはスポーツ系ショートヘアで日焼けが似合う女子から想像通りの元の姿。
鳳愛(快斗)は女装時はきゃぴきゃぴでアイドル色が強い部活内で特にアイドルっぽくて動画投稿大好きなのに男子の時は低血圧気味で目つきが怖くなる。
末永あさひはゆるーくずっと眠そう。

ってことで一部除きますが変装前後の見た目と性格のギャップも楽しめる部活でした。
ただし、例外は竜ヶ崎。
彼については普段からずっと女装している徹底っぷりなのでこのベールを脱ぐ時が果たして来るのか…

末永あさひについてはななしのアステリズムに出てきた白鳥昴を思い出すように女装部のメンバーなんですが小林キナ先生のかつての作品で見たことがあるような子も出てきたりとゲスト出演的な演出も注目でした。

「少年の初恋は美少女♂でした。」感想まとめ

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります

そんなわけでマンガUP!に掲載され始めた「少年の初恋は美少女♂でした。」です。
最初っから男子ってわかった上で悶々させるラブコメが登場しました。

これも煮え切らない牛若と悪意なくまっすぐ好意を受け入れる竜ヶ崎あってのものです。
見た目もそうですけど竜ヶ崎のいい意味でさばさばした性格が素晴らしい。

あと女装部。
序盤の方か一気に4人の新たな刺客(?)が登場しました。
そして全員竜ヶ崎と牛若の恋仲になるかもしれないって状況を冷やかしつつ応援したりハーレムごっこをしたりと女装時のノリが良いんですわ。
正体判明をじらしたりするんじゃなくてその直後に普段の姿を見せるってテンポもびっくり。しかも全員。
なので次から変装する時は男子の時の姿がチラつくはずなんですがそれもお構いなしってことか⁉ってくらい皆強気な女装っぷりでした。

とりあえず複雑な恋模様になりそうなんですがその複雑さを抱えているのは今は牛若のみなので(実は腹に何かしら抱えているってことも今後ありえそうですが)なんだかんだ言って明るめな二人の様子を楽しんでいく感じになりそうです。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察少年の初恋は美少女♂でした。ネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「【とあるIF】食蜂操祈と五和が当たったから満足だったガチャ そして初星3は…

BEFORE「【タガタメ】カグラの正月念装が当たる・3000石消費ボーナスと属性の魂の欠片

Top