とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2019 06/19

漫画シンソウノイズが無料で読める|特別な彼女の死を巡るミステリー ネタバレあり

スポンサーリンク

無料漫画UP!でオリジナル漫画「シンソウノイズ」(脚本:海原望先生 原作・監修:DMMGAMES 作画:伊東フミ先生 キャラ原案:はましま薫夫先生)が登場したので読んできました。

fc2blog_20190619230109425.jpg
マンガUP!アプリ内イメージより引用

マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ


ゲーム原作のコミカライズ版がアプリに掲載された形になります。
静乃宮学園で起こった事件をめぐる青春サスペンスミステリーの内容で漫画での作画はシリアスでちょっと暗くてでも青春している雰囲気と合った綺麗でメリハリがあって儚くて静かな感じ。要する良い作画。
マンガUP!だと小説原作の漫画化の際のクオリティが高めなんですがゲーム原作もやりおる。
fc2blog_201906192301379a8.jpg
マンガUP!アプリ内イメージより引用
fc2blog_20190619230158859.jpg
マンガUP!アプリ内イメージより引用
※1話についてはこのように↑掲載されたばかりの頃はMP+が多めに必要。

それで原作自体は18禁(媒体によっては15禁もありますが)なので割と序盤の方からそういった感じになりますがむしろ本番はヒロインが亡くなってからのようでした。

そんな「シンソウノイズ」の感想など。

ネタバレ注意

漫画「シンソウノイズ」とは 感想・あらすじ

彼女の視線の先にあるのは
自分自身の転落死体だった

という不吉で残念ながら現実となってしまう始まり方をするシンソウノイズ。

そんな未来予知のような光景がなぜ先に出るかと言うとこれは未来予知ではなくて誰かの考えが聞こえてしまうという主人公の謎の力の影響です。
本来なら人の声しか聞こえないはずですが何故かヒロインらしき雪本さくらの思考は映像となって主人公である橘一真に見えてしまったのです。

つまりは雪本さくら自身、自分が転落したイメージを持っていたような考察ができてしまうこの状況。
気付いたら彼女を好きになっていた橘はどうにか雪本さくらの力になれないかを考えますが残念ながら彼のこの想いは届かず体温を彼に刻んで彼女は逝ってしまうのですが…

登場するヒロイン達

ヒロインかどうかは分かりませんが学園が舞台なので男女ともに名前ありが何人か出てきます。そして、存在感があるのはもちろん(?)男子よりも女子の方。
ミステリー・サスペンス的な話に加え恋愛アドベンチャーゲーム要素もあるのでやっぱり個性的な女子が印象的でした。

風間夏希
褐色ポニテの風間夏希。
水泳部在籍で引き締まったスポーツ少女っぷりが裏目に出て電車でいけないおじさんによりぐへへな展開に巻き込まれますが主人公が助けます。
ただ、これでありがとう、これからはよろしくね、って感じで親密になるんじゃなくて彼女と橘はどうやら橘が気づかないうちに一方的に仲違い状態になってしまって素直に感謝できない模様。
ツンデレではなさそうだけど…
この辺りは何か小さなほころびからの勘違いがありそうなのでどういったエピソードがあるか注目でした。

桃園
舞台の学園では行動班と言って一年間の行事を共にする班を編成する決まりになっています。
行動班の中での自分の立ち位置とかを気にしなくてはならないのはヤル気が出る一方で人によっては憂鬱ですし貧乏くじを引かされるなんてことも。
その最たる例が桃園さんでした。「筒子」と表現されているように裏と表に垣根が無い心が子供のままの癒しキャラでさくらとも交流があった子です。
ゆるふわで可愛らしい桃園さんですが裏表がなくて人を疑わず、優しくてそれでいてどんくささがどうしても見えてしまう彼女は良いように周りの人から利用されてしまいます。
ただ、橘のちょっとした勇気が彼女を救いました。

橘は基本的にあまり目立ちたくない、って性格ですがここぞって時は勢いも相まってちゃんとヒロインっぽい女子を救って後々面倒ごとも残さなそうな行動のバランス感覚があるので安心できる主人公かも。今のところは。

大鳥百合子
黒髪ロングのおしとやかそうな女子。

黒月沙彩
自称見えない者が見えるメルヘンなツインテJK。
大鳥さんと黒月さんは1話では主人公との絡みはほとんど無しなのでこれからが見ものです。

人の心の声が聞こえてしまう主人公

主人公は不思議な力を持っていて人の心の声が何故か聞こえてしまいます。
決して便利な力ではなく意図せずに聞こえてしまいますし実際にしゃべる言葉とそうでない言葉の違いも判らないので日常に支障が出てしまうことも。というかそもそも聞きたくないことまで聞こえてしまうので人間不信にならないか心配なレベル。
それどころか誰の声が誰の考えていることかもわからない始末でした。
この辺りの力の戸惑いとおそらくこれによって高校に入ってから人と距離を作ってきたであろう態度で最初の方はクラス内の行動班で微妙な自己紹介をしてしまいます。

ただ、この力があるから特定の女子達と親密というか他の人とは違う接し方ができていくのは事実です。
それにこういった類の力と悲しい事故を巡った推理みたいな関係はやっぱり独特のやるせなさと希望とこの人にしかできない感があってこの辺りの世界観は本作の特徴です。
要するにちょっとファンタジーが入った恋愛アドベンチャー主人公の力としてはもってこいってことだ!

雪本さくらの悲劇

主人公の初恋相手の孤高の学級委員の雪本さくら。
あまり表情を崩さないクールな女子で口数は少なめです。彼女は橘同様屋上の常連でした。
彼女が冒頭で出てきた「声ではなく映像として転落するイメージを持つ少女」で、他の女子はリアル路線に行っている一方で雪本さくらはなんというかこういう話に出てきそうって雰囲気も持っていました。

それで1話にして屋上で主人公とアレするんですわ。
テンポイイネ
まあでもエロいって感じとはまたちょっと違う(切なさが印象的)のが本作の特徴かなぁ、うまく言えないけど。
雪本さくらのあの突発的なお願いもその後の悲劇と関わりがありそうですが果たして…

そして結局彼女はイメージ通り転落死を迎えてしまいます。
ただ、それまでは自殺をすると思われていたのに「私が彼女を殺した」というセリフが橘にははっきりと聞こえたのです。
これは実際に誰かがしゃべったわけでもなく、彼の力が及ぶ範囲内の誰かの心の声。
なのでその誰かがさくらを殺したっぽくなっていくんですがその真相はいかに…
みたいな始まりでした。

橘からしたら想いを馳せた女子の自殺らしき行動を止めてしかも屋上でやることやって、それからもなんとか彼女は大丈夫そうだと思った矢先の悲劇でした。
なのでほんの少しだけ特別な関係だった故に置いて逝かれた橘の虚無感が凄い。しかも、他の人とつるまないのに彼とはそうでなかった分余計に悲劇って感じがするのでこれがどう彼を動かすのか気になりました。

漫画シンソウノイズ感想まとめ


マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ

※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります
マンガUP!で連載が始まったゲーム原作漫画のシンソウノイズは主人公にとって特別になったと思った女子が謎を多く残して亡くなってしまいます。

良くか悪くか人の思ったことが聞こえてしまう橘一真。
ただ、雪本さくらだけは映像で見えたりシンソウノイズ=深層ノイズということで心の声にノイズがかかって重要であろう言葉が見えなくなってしまいます。
だからこそ彼がさくらに惹かれたってのもありますがやっぱり明日も明後日も生きて欲しいと思った子が死んでしまうのは衝撃。

あの声が誰かが思ったのか、あるいは大穴でさくらの思ったことなのか、それ以外かわかりませんが面倒ごとだとわかっていても誰かを救おうと行動してしまうのが主人公ってことは1話でなんとなくわかりました。
彼にとってもまだ未知のあの力がこれからどう活かされていくのか、さくらには何があったのか、何か重いものを抱えていたようだった彼女はどういう境遇だったのかなどなど1話からヒロインを巡って気になる事が多かったです。

虫食いのように情報が出てくるのでこれらがどうつながっていくのか、穴埋めをするために主人公がどう振舞っていくのか注目でした。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

誰が為のアルケミストタガタメシンソウノイズネタバレ無料で読めるあらすじゲーム原作コミカライズ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】闇セツナ・闇の魔人ハードボスオート攻略について【劇場版前編・中編】

BEFORE「漫画「海獣の子供」最終話までの感想・意味の考察 神秘と怖さと美しさが導く結末 ネタバレ注意

Top