とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2019 04/29

ポケスペが最新53巻までマンガワン「0時に無料」に登場!|伝説的ポケモン漫画

スポンサーリンク

マンガワンにとうとうポケットモンスタースペシャルポケスペ)が登場しました。
fc2blog_201904291855267e3.jpg
マンガワン アプリ内イメージより引用
言わずと知れたポケモン漫画の王道冒険譚。
以前にこの漫画については語ったことがありますが今回マンガワンに登場と言うことで改めてアプリや本作の魅力について触れてみようと思います。

1200万部発行されているのにアニメ化してないポケスペの魅力を今更ながら書いてみる

ポケットモンスタースペシャルがマンガワンの「0時に無料」に登場


かつては小学〇年生系の雑誌などで掲載されていたこともあって小学館の漫画アプリに登場したポケスペ。

マンガワンのダウンロードはこちら
マンガワン
マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ


まずそのアプリの「0時に無料」について簡単に説明します。

fc2blog_20190429185555bdd.jpg
マンガワン アプリ内イメージより引用
今回登場したポケスペの赤緑編(第一世代準拠)の最初の方は上のように「FREE」となっています。
これは文字通りライフもSPライフも消費せずに読むことができるという何とも嬉しい仕様。

fc2blog_20190429185622213.jpg
マンガワン アプリ内イメージより引用
これがなんとイエロー編の50話まで続いています!!!
本当に凄い。
イエロー編は4巻からなんですがその辺に突入してもしばらくはフリーが続きます。
それでそこまで読み進めたら「0時に無料」にチェンジ。

fc2blog_2019042918564520b.jpg
マンガワン アプリ内イメージより引用
50話を読んだら次の日の0時に通常ライフを用いて読み進めることができるという仕様になっています。
つまり51話からは順番に通常ライフを用いて毎日0時更新で読み進める感じ。
なのでコツコツと読んでいくのが「0時に無料」の漫画でした。
どうしても気になる話がある場合はSPライフを使用して読み進めます。

fc2blog_20190429185705bca.jpg
マンガワン アプリ内イメージより引用
そして最新53巻のブラック2・ホワイト2編まで掲載。
読み進めるのは現実時間でかなりかかりますが毎日少しずつ読み進める楽しさは間違いなくポケスペにはある!

ポケスペの見どころ・面白い所

前に書いたので今回はあっさり目に。書いている内容はところどころ同じです。

ポケモンの世界観がそこにはある

どの巻だったか忘れましたがコミックの帯にゲーフリのプロデューサーさんが「ポケモンの世界をしっかり表現している」みたいな内容を熱く書いていた記憶がありましたがまさにその通りです。

他の漫画でもアニメでもいいんですが第1世代~第5世代(BW2までなので)のゲームをやった上でこのポケスペを読むのが一番楽しめると断言できます。

ゲーム内でもキャラは動いていますがあくまでそれはプレイヤーが操作する主人公とNPCあってのもの。
ポケスペでは登場人物はもちろんの事、ポケモンが実際に生きていて人と一緒に暮らしている息遣いが聞こえてくるような世界観になっています。
あ、これゲームでやったイベントだ!そういえばこんな建物があったなー、みたいな記憶をポケスペを通して呼び覚ますことができますしその世界観を壊さない程度に独自の解釈とキャラの補足がつけられているのがgood。
先ほどイエロー編について話題を出しましたがイエロー編は赤緑編に出てくるサカキがどう活躍していくのかが見どころの一つです。
四天王が過激派として登場する中、まさに悪のカリスマのような活躍をするのがサカキ&スピアーなんだよなぁ。
そのサカキ一人とってもイエローが出てくる前、レッドが関わってきたイベントがどうロケット団の野望に繋がっていくかの伏線も要注目です。
それでこれはあくまで第一世代らへんを舞台にしたサカキ一人に絞った感想。

最初の方だとカツラとミュウツーも印象的かな。

他にもいろいろ独自の要素は出てきますが一つ言えることは
ワクワクが詰まっている!!
ってこと。
ポケスペならではの冒険譚の胸躍る展開は記憶に焼き付きます。

レートで消耗して戦闘廃人になってしまったプレイヤーにかつての心を思い出させてもくれるでしょう。

世代を超えて紡がれる意思と人物の活躍

世代って言うのは年齢的な意味じゃなくて第一世代とか第二世代とかそういった物。
第一世代:赤緑青黄
第二世代:金銀水晶
第三世代:ルビサファエメラルド(FRLG)
みたいな感じでポケモンのゲームにはマイナーチェンジを含めた世代と言うものがあります。
ポケスペでもそれぞれの世代に合わせた主人公が出てきますが前の主人公達も登場するんです。
しかも熱い協力とかタッグのような展開になってきてなおかつ前作主人公の出しゃばりとかが無くて良い面が存分に出てくるのが本当に熱い。

さらに「あぁ、この編も終わってしまったなぁ、次からはまた新しい主人公か」、みたいな新しさを期待しつつもちょっとお別れが寂しいって感じる部分を埋め合わせてくれるような再登場をします。
「その編が終わったからこのキャラとポケモンはもう出番なし!」ってこともないです。

このような群像劇とどこかでどんな人物が活躍するのか予想できないのが面白さでもありました。

あとポケモンではお馴染みのライバルポジションのキャラも話が進むごとに味わい深くなっていきます。

女の子が可愛い

これだけ言わせて。
ポケモンのゲームの女の子キャラってすごくセンスが良いキャラデザをしています。
ゲームをやっていてもそれは伝わってくるんですがポケスペではその可愛さも倍増し以上
ヒロインとしてしっかり描かれています。
例えば赤緑編(3巻まで)のブルーは時代背景からどうしてもちょっと裏があるような感じのキャラとして出てきます。
でもそれ含めてちょっと何か企んでいそうな部分が特徴になった上で可愛いんだわ。
なんというか冒険のワクワクと彼女らが登場した際のドキドキが凄く良い化学反応になっている。

あとクリスタル編はゲームでは初の女子主人公が選択可能ってことでクリスが主人公として堂々参戦します。
でもその前に忘れてはいけない女子が前のシリーズにいたりともうね、とりあえず女子キャラが魅力。
あ、もちろん男キャラもかっこよさを見せます。それに主人公だけじゃなくてジムリーダーとか悪役だった人物のもう一つの顔的な活躍も見逃せない!
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察ポケットモンスターSPECIALポケスペ0時に無料無料で読めるあらすじネタバレ53巻

(-)TB(-)

AFTER「漫画「いなくなれ、群青」が無料掲載スタート 停滞した階段島は動き出す ネタバレあり

BEFORE「惨劇塔のモーグリが面白い 極限サバイバルホラーが無料で読める ネタバレあり

Top