とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2019 04/10

漫画錆喰いビスコが無料 荒廃した世界を弓とキノコで潤す冒険譚 ネタバレあり

スポンサーリンク

無料漫画アプリのマンガUP!にオリジナル作品「錆喰いビスコ」(原作:瘤久保慎司先生 漫画:高橋佑輔先生 キャラデザ:赤岸K 世界観デザイン:mocha先生)が登場しました。
fc2blog_201904100627295a6.jpg 
マンガUP!アプリ内イメージより引用

マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ


原作は「このライトノベルが凄い!2019の1位」のノベルでそのコミカライズ版が本アプリにてオリジナル連載することになったのです。
なので最新話(MP+使用)が掲載されるのもこのアプリにて。

以下、世界に荒廃をもたらした錆び風とそれへの対抗策を持つ主人公のアクション冒険譚である「錆喰いビスコ」の感想など。

ネタバレ注意

錆喰いビスコとは 感想・あらすじ

土地も文明も人の身体さえもも錆びつかせる錆び風。
その世界に住む人々はこの錆び風の脅威にさらされていました。

傍若無人のキノコ守り、人喰いなどと呼ばれる赤星ビスコはそんな世界で巨大なキノコを生やしてしまうということで恐れられ、指名手配されています。
何故ならそのキノコこそが錆びの原因と言われているから。

ただ、実際は逆で彼が生やすキノコこそが錆びを浄化する手段でした。
fc2blog_20190410062948b13.jpg
漫画錆喰いビスコより引用
それなのに人々からは忌み嫌われ、身分を隠しながら移動しなければならないビスコが向かったのは忌浜(いみはま)という壁で囲まれた街。

師匠であるジャビの命を救うために彼はその街に住む名医の猫柳ミロと出会うことになりますが…

朽ちていく世界観

この漫画の特徴の一つは終末ものっぽい印象を受けるその世界観です。
錆の脅威にさらされているというのはどういうことかと言うとほとんどの場所が砂漠みたいになっているイメージ。
街を囲む高い壁もおそらく錆びを防ぐ目的を担っているのでしょう。

その原因となっているのがものや人を錆びさせる錆び風。
この錆び風の対処法を主人公は知っているのですが逆にそれが錆びを助長させていると言った常識が広まっていたりと何かしらこのままの方が都合が良いとされる大規模な情報操作が行われている背景を予想せざるを得ませんでした。

また、ファンタジーみたいな雰囲気ですが地名とかは日本にあるもので群馬や秋田ってワードが出てきます。県と言うのは砂漠の中でぽっかり浮かぶ人が集まる場所のようでした。
そして忌浜県はオリジナル。そこに住む黒革知事は政治家と言うよりはマフィアのボスみたいになっているので人が住んでいて社会が出来上がっていても物騒なんだなぁってことが伝わってきます。おまけに弱い者は遅かれ早かれ命を落とすような残酷な状況みたいでした。
fc2blog_20190410062822850.jpg
漫画錆喰いビスコより引用
「県庁に勤めろ」が脅し文句っぽくなるとは思わなんだ。

弓とキノコ使いのビスコ

主人公のビスコは弓使いです。
この腕前と威力が凄くて当てればコンクリートの建物にひびを入れることができ、飛んでいる戦闘機らしきものも打ち抜くことができます。ロケットミサイルを弓で迎撃するなんて凄技も。
この辺りのアクションの様子は漫画ならではでした。

でも驚くというか斬新なのはここからで矢を受けた先には巨大なキノコ(エリンギ)が生えるんです。
fc2blog_20190410062919c42.jpg
漫画錆喰いビスコより引用
食材としての大きいとかそういったレベルじゃなくて建物と比較しても大きいというなんともダイナミック。そしてこれこそがキノコ守り!

これを使って敵を妨害したりジャンプするんですが本来の目的は世界を浄化することでした。

戦闘に使われる動物たち

戦闘ではビスコの弓のような武器の他に動物が登場します。
これが独特。
人を二人乗せても問題ないくらい巨大なカニのアクタガワや銃器を搭載して砂漠を猛スピードで走るスナカバ、戦闘機に改造(?)させられたカタツムリ、噛まれたら痺れるウツボなどなど。

こういった面白動物が出てくる一方でそれらにどういった謎があるのかが気になりました。

人が錆びる

物も人も錆びさせる錆び風ですが人が錆び?ってちょっとイメージが湧きにくいです。
ただ、実際に錆びが進行してしまった人がいてその人物こそが主人公の師匠であるジャビというお年寄りでした。
まさに体を蝕んでいく、って感じで皮膚とは明らかに質感が違うあざが広がっていました。
その治療のための「錆喰い」を求めていることも分かりますがジャビはその錆び以上のすぐに対処しなければならない重傷を負ってしまいます。
ビスコに託して自分はもういい、って思っているジャビとそれでも彼を助けたいビスコ。
この二人の関係は良いのにビスコの容体が絶望的なのがなぁ…

錆喰いビスコ感想まとめ

というわけでライトノベルのコミカライズ作品の「錆喰いビスコ」でした。
アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります

小説家になろう系のコミカライズも豊富なアプリですがこちらはまた全然違っていて「このライトノベルが凄い!2019 1位」原作の漫画化です。

ポストアポカリプス的な絶望感のある舞台でその解決策を持つかもしれない主人公のビスコ。
ビスコは強い上に熱くて優しい王道主人公な気配がします。しかも、その技は世界を救うことにつながる。
そんな彼がやっていることが受け入れられない世の中にはどんな謎があるのか気になりました。

キノコが錆びを食べるという特性によって本来ならこの世界を綺麗にしていくって部分がナウシカっぽさもあって親しみやすいかも。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察錆喰いビスココミカライズネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「無料で読める「ないしょの京子姉さん」 あゆコン達の溺愛っぷり暴走コメディは続く

BEFORE「一週間フレンズ。最終話までの感想 辛さも苦さも乗り越えた結末に色々思ったけど、とりあえず… ネタバレ注意

Top