とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2019 03/07

「幼なじみと神さまと」は天然淫らな神様まで皆可愛いんだ 感想・ネタバレあり

スポンサーリンク

無料漫画アプリ「サンデーうぇぶり」にて連載されている「幼なじみと神さまと」(作:板倉梓先生)。
fc2blog_2019030705263569a.jpg 
サンデーうぇぶり アプリ内イメージより引用

サンデーうぇぶりのダウンロードはこちら
サンデーうぇぶり-人気マンガ・ウェブまんが読み放題漫画アプリ
サンデーうぇぶり-人気マンガ・ウェブまんが読み放題漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ


新天地で幼馴染とともに高校生活をスタートさせた二人の男子と女子の物語なんですがもう一人だけ故郷からついてきてしまった者がいます。

仲が良くて互いに思ったこともちゃんと言い合える一方で純情全開の二人。
その二人の間に割り込んだ存在によって嬉しいかもしれないけれど困ってしまう、でもやっぱり嬉しいかもな展開が待ち受けていました。

そんなラブコメ漫画「幼なじみと神さまと」についての感想など。

ネタバレ注意

「幼なじみと神さまと」 感想・あらすじ

磯谷千秋とその幼馴染の浜風しろねの故郷である比南島は高校がなく、その年に中学を卒業する年齢になったのはこの二人だけでした。
なので故郷を離れ千秋としろねは同じ東京の高校に進学することになります。

かっこよく、スタイル抜群で美人なしろねは大丈夫だけれども自分はどうだろうか、という不安を持っているのが千秋でした。
でもそんな不安をよそにこの二人は新しい環境でも仲良く互いを思いやりながら、そして時にはときめきながら生活していくことになります。

でも一つだけ問題が!
それは高校の勉強とか友人とか慣れない都会での生活とかそういったものではありません。

故郷の比南島の神様(ヒナミノガミ)がついてきてしまったのです。
それもただついてきたのではなくしろねに憑依する形で。

この神様は人間を憎んでいるという怖い姿を見せます。
でもそんなのはほんの最初だけ。
fc2blog_20190307052830a89.jpg
幼なじみと神さまとより引用
それから先は白根に憑依したことをいいことに千秋にとことん迫っていくのです。

でも千秋は純情、しろねは純情な上に憑依されている間は記憶がありません。
そして、極めつけはこの神様も大胆なのに天然で疎いのです。
神様に翻弄されながらもしろねのために行動していく千秋ですが…

みんな可愛いし温かい

最初はエロ方面が多めのラブコメかなって思ってしまいました。
だって神様に意志を奪われたしろねが千秋に向かって「千秋、子供を作るぞ」なんて言い出すもんですから。
おまけに寝る時の露出多めの服装で。

でもそうじゃないってことがわかっていきます。
神様の目的が子をなして本来自分がいるはずだった森を壊した人間に復讐するって目的があった以上大胆に千秋に迫る瞬間も出てきます。
でもこの神様ことヒナミノガミは無知なんだわ。
それに天然。まあ復讐の方法がそもそもアレだよね、ってくらいには天然。
この勘違いには千秋も拍子抜けしてしまいました。
それでも度々憑依してなんだかんだ言って千秋や新しくできた友人とは仲良くしようとします。
fc2blog_2019030705303456d.jpg
幼なじみと神さまとより引用
神様らしく新しい世界を見て心穏やかになったシーンもあれば疎外感を感じた時に見せるいじけた感情とか最初のイメージとは裏腹に可愛さが増していきました。

そして、千秋もしろねもハートフルなんです。
遠い存在になってしまうことを早々に予見していてそれもしょうがないと思っている千秋、でもしろねは彼の不安はお構いなしで普段通りに接します。
至る所で彼女は千秋を大事に想っていることがストレートに伝わってきます。
fc2blog_20190307052943d35.jpg
幼なじみと神さまとより引用
一方で自分がどう見られているのかを気にしたりするシーンとかがたまらないんだわ。

そんなしろねと比べて僕は…みたいに思ってしまいがちな千秋ですがそれでも彼もまたしろねと接する時は彼女がどう思うかってことを重視します。そして彼女に恥をかかせたくないってことで神様に怒ったり。

この辺りの二人の関係が見どころの一つでエロ要素は読んでいるといつの間に吹っ飛びつつありました。

幼馴染と神様のしろねに振り回される千秋

そんなほっこりする話が展開されていきますが神様の思いがけない行動にあたふたしてしまうコメディにも注目でした。
寝不足で昼間に人格が変わってしまった時とかは校内でイチャついて(ヒナミノガミの一方的な意思で)、夜になって普通に寝むればさらに当たり前のように千秋の寮の部屋にやってきて抱きついて、なんて感じの生活が待ち受けていました。
しろねは憑依されている間記憶が無いとはいえ千秋の場合はしろねの顔と体でそんなことをされるドタバタを楽しむことができますが最終的にはしろねの意志を尊重する千秋君マジ主人公。

そんな感じで振り回される千秋が面白いんですがその間に確実にしろね本人の風評被害が募っていくのを彼女はまだ知らない…

守備範囲広めの風晴さん

同じく遠くから東京にやってきたという境遇から二人と仲良くなった風晴(かぜはれ)さん。
無知なのに突っ走ってしまうしろね姿のヒナミノガミによって子供ってどうできるの?みたいな質問を風晴さんにしてしまうんです。
もう本当に気の毒。
風晴さんじゃなくてしろねが。

ただ、訊いた相手が本当にセーフというか運が良かったというか。
最初はびっくりしていた風晴さんも次第にノリノリになっていきますし新しい扉を開かせようともします。この女子、守備範囲が広い。
でもこれはあくまで神様の知識が増えていくだけなので本人はセーフ…なのかな。完全に誤解が誤解を生んでますが。

向こうからしたら同一な存在なので後々苦労が出てきそうですがそういった予想含めて風晴さんとのちょっとディープなガールズトークは笑えました。
恋バナ好き感が伝わってくる彼女がどう二人に接していくのかも気になります。

寺生まれの仙堂

編入生として登場した寺が実家だという男子生徒の仙堂。
しろねが学校を案内していたんですが千秋は彼女の好みが仙堂に一致しそうだと思って不安を感じてしまいます。
不安を感じるのは読んでいる側も同じだわ…千秋と思考がシンクロしていますし。
恋敵的な展開はちょっとアレだなぁと思っていたら修羅場なのは千秋じゃなくてむしろ…

幼なじみと神さまと 感想・まとめ

というわけでサンデーうぇぶりで連載中の「幼なじみと神さまと」でした。

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキスト・バーナーリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります

ヒロインである幼馴染が神様に憑依されてしまったことを知った主人公の千秋。
そんな彼が普段は才色兼備で清楚、それでいてカッコいいしろねと積極的で恥ずかしい言動もいとわず彼に迫っていく神様モードと接するラブコメです。

しろねは普段の真面目な様子の中で見せる可愛い所でしっかり可愛いのが素晴らしい。デート回の最後とか。

でもそれだけじゃないんです。
本来の目的を超えて千秋に好意を寄せていく神様の変化も楽しめる二度おいしい憑依でした。
あの怖い初対面から打って変わって少しずつ乙女心を見せていきます。

と思ったら特殊な影響を二人が知らない内に与える風晴さん、寺生まれの仙堂と個性的な人達も登場しました。

最初から割と互いの事が好きでさらに進展していく素振りを見せるしろねと千秋の距離感が良き。
島の神様が守ってくれるってのはあながち嘘じゃなさそうです。

ただ、その島の神様が守ってくれるというのはあくまで俯瞰した立場なのかなぁなんて思いました。
高位の存在だから守ってくれると。
でも現れた神様は確かに超常的な力を持っていますが実際は一人の無邪気で純粋な女子って感じになっていきます。それに境遇も悲しかったり。
だから、いつか彼女もみんなの輪の中に自然に入ることができるって時が来てほしいなぁってひっそりと思いながらこの先の3人(?)の進展が気になりました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察幼なじみと神さまとネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】魔獣討滅戦攻略してきた【超絶地獄級】

BEFORE「「彼は彼女に変わるので」が濃すぎるTS漫画だった 感想・ネタバレあり

Top