とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2019 02/04

漫画「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー…」は猫耳カナデが可愛い追放系 感想・ネタバレあり

スポンサーリンク

無料漫画アプリのマンガUP!で「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会う」(作:深山鈴先生 漫画:茂村モト先生)の連載が始まりました。
fc2blog_2019020401170426e.jpg 
マンガUP! アプリ内イメージより引用
原作は小説家になろう発、漫画版はマンガUP!オリジナルとしての掲載でこのコミカライズパターンは本アプリの特徴の一つです。

マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ


タイトルが長いのはなろうのランキング・ポイントの仕様上しょうがないんですが序盤はタイトルの通りのファンタジーでした。

そして、「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会う」とはいわゆる追放系。
なろうではファンタジーを中心に人気のあるジャンルの一つで今までいた組織やパーティーを追放されてしまうというなんともやるせない気持ちになってしまう場面からスタートしてしまうんです。

ただ、それはあくまでプロローグ的な内容でそこからが本番。
追放されたからどうするか、自由にやるか、それとも他の道か、など考えている間に実は凄い力が後から覚醒したりするって展開につながります。

本作もそのような追放系なんですがもう一つ見逃せないのは可愛い猫耳娘が登場する点でした。

そんな漫画「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会う」の感想など。

ネタバレ注意

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会うとは 感想・あらすじ

「レイン 君はクビだ」

ビーストテイマーとして自分なりに頑張ってきたつもりだったレイン・シュラウドに唐突に突き付けられた勇者アリオスからのパーティー追放宣告。
一緒に冒険してきた戦士アッガス、魔法使いリーン、神官ミナも同様の意見でした。
レインがいると足手まとい、パーティーにとってマイナスなど今まで言いたかったであろう言葉が突き刺さります。
fc2blog_20190204011733baf.jpg
勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会うより引用
この辺りは絶望感とか疎外感が畳みかけてきます。

そんな風に思われたとはつす知らず、茫然自失状態のレイン。
これ以上どうあがいても自分はそのパーティーに居場所はない、そう感じた彼は潔くパーティーを抜けました。

行く当てのない彼は生活をするためにまず冒険者になろうとします。
渡り鳥のように生き、自由に死ぬ。
己の腕1つで生きていく職業は魔王を倒す使命とは全く異なりますが今の自分にはピッタリだと思いギルド登録の試験ためにゴブリンを退治していた最中、悲鳴を耳にしました。

そこには魔物キラータイガーに襲われている少女の姿が!

彼女を助けるために注意を引きつけますがそれも時間稼ぎにしかならない、そう思っていたら彼女が唐突に跳び上がりその凶悪な魔物を一撃で倒しました。

ぱっと見は少女に猫の様な耳が生えただけ。
その実は最強種の中でも特に珍しい猫霊族だということがわかりました。

「私を使役してみる?」

カナデと名乗る猫霊族との出会いがレインにもたらすものとは…

短いけどきつい始まり

この手の物語の展開的にしょうがないんですがやっぱり序盤の追放されるシーンは来るものがあります。
かけがえのない仲間だと思っていたのが主人公だけで他の4人は彼が邪魔とかお荷物とか思われていたわけなんですから。

みんなが示し合わせていたように責めるあたり事前に4人だけでレインに対する処遇を話し合っていたんだなぁってことが伝わってきました。
しかも勇者パーティーやで…
いや、まあ勇者パーティーで魔王と戦うからこその判断とも言えますが。

でもこういった辛い展開があるのは多分あくまで序盤だけでしょう。
その先の何か報われたりカタルシスを感じる場面の為にここは主人公と一緒に踏ん張るのみです。

そして、当の主人公レインはその先のことがわからないので余計に辛いんだろうなぁ…

一方で勇者パーティーが実はレインがいないことでこんなに困ることがあったなんて…、みたいになるお約束も期待でした。

猫霊族のカナデ

かくして冒険者として独り立ちすることになったレインが出会ったのはキラータイガーに襲われている後々猫霊族と分かるカナデでした。
fc2blog_20190204011755cbe.jpg
勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会うより引用
最強の種族と言われているように出会いがしらにその強さを発揮します。
でもすぐに倒れてしまう。理由は空腹で。
最強の種族なのに空腹でやられそうになるなんとも言えないギャップを持った子でした。

でも強さよりも人懐っこさとか容姿の可愛さが見どころかもしれないからそう考えると空腹も良いキャラです。
急に孤独になって落ち込むことを言われてしまったレインにとってカナデの存在は癒し以上の何かって感じがしてなりませんでした。

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会うとは 感想まとめ

というわけでマンガUP!で新たにオリジナルコミカライズ連載が始まった「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会う」でした。

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります

果たしてレインはカナデを使役できるのかってところが今後の気になる点かも。

レインとは同じ種族ではなありませんがヒロインというかパートナーというか。
そんな雰囲気が漂うのがカナデです。

あと猫っぽく基本的に自由でたまに甘えるという感じではなくてレインに寄り添ってむしろ甘えさせてくれる系なのがね、今の彼にとっては癒しになるんじゃないのかなぁって思いました。

それと確かに偶然居合わせた可愛い最強種族と出会えたって運もありますが勝ち目が薄いことが分かっているのに悲鳴を聞いて迷わず助けに行くレインだからこそのカナデとの出会いということを忘れてはいけない(戒め)
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種族の猫耳少女と出会うネタバレ無料で読めるあらすじコミカライズ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】七つの大罪コラボEX4攻略してきた

BEFORE「【タガタメ】七つの大罪コラボEX3攻略してきた

Top