とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2019 01/03

無料連載の「あーとかうーしか言えない」がとても気になる とある漫画業界を描く 感想・ネタバレ

スポンサーリンク

無料漫画アプリのマンガワンの新連載作品「あーとかうーしか言えない」(作:近藤笑真先生)を読んできました。
fc2blog_20190103054213e73.jpg 
マンガワン アプリ内イメージより引用

マンガワンのダウンロードはこちら
マンガワン
マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ


まだ始まったばかりなので展開が進みまくったとかそういう段階ではありませんが続きが気になります。
なによりジャンル!
これがびっくりなんだわ。
成人漫画家とその担当編集を描いた漫画で特殊っていえば特殊ですがそれが新鮮で面白かったです。

そんな「あーとかうーしか言えない」についての感想など。

ネタバレ注意。

「あーとかうーしか言えない」とは 感想・あらすじ

成人向け雑誌(つまりはエロ漫画)「月刊X+Cエクスタシー」の女性編集部員のタナカはある日、少し変わった電話を受けます。
電話口では「あー」という返事ばかりで最初はいたずら電話かと思ったタナカですがどうやら彼女が務めている会社に来たいことが分かりました。
その電話の主はまだ23歳の若い女性で成人向け漫画の持ち込みが目的だと判明。
彼女の名前は戸田。
まだ粗削りなところもありますが才能の片鱗を感じた編集部は戸田の持ち込み作品を預かり、それが賞を取ります。
fc2blog_201901030543411cc.jpg
あーとかうーしか言えないより引用
戸田は普通の会話もやろうと思えばできますが「あー」や「うー」という会話が多くコミュニケーションはしにくい、ただ、成人向け漫画にかける努力と情熱はどうやら本物のようで…

新人編集部員 タナカ カツミ

メインの登場人物の一人、成人向け漫画の編集部に所属する女性社員のタナカカツミ。
若い女性が青年漫画の担当編集というのがちょっと驚きの設定ですがそれより注目というか面白かったのは彼女が漫画業界に関わろうと思ったきっかけと今の状況でした。
昔から漫画が好きな彼女はキャラクターが織りなす物語、キャラあっての物語に魅了されてきました。
一方でエロ漫画というのはストーリー性もある程度大事ですがそれよりも「実用性」が大事だと早々に気づかされます。
そのことを漫画家本人も分かっていて、でもターゲットに向けてあえてストーリーを端折ったりしていました。なので一般向け・成人向けという違いではなく本来自分が好きだった漫画とはまた別の作りなんです。
でもこれじゃなーい、みたいな感じになるんじゃなくてそれを好きになろう、勉強しようとするタナカの姿勢がまたいいなぁ。一方で自分の本当に好きな趣向とは違うこと、ただしある意味自由なジャンルであることが彼女の視点を通して分かっていってこれが戸田との出会いにつながるのが運命的でした。

それと彼女の心の声が小説チックなのも静かな情熱みたいなのを感じることができます。

あーかうーしか言えない天才?戸田聖子

E+C編集部に漫画の持ち込みに来た戸田聖子。
「あー」と「うー」の2種類の電話からタナカが導いた彼女の持ち込み作品を読むってところから物語は動き出します。
成人要素はありつつもそれだけではないってものを予感させる語りがあってタナカの作品の分析と論評が伝えられます。こういうところをちゃんと教えてくれるのは嬉しい。

彼女の独特な会話は思いつくのが遅いゆえって本人が言っていますが「思いつくのが遅い」とはまたちょっと違うような印象を受けるのが逆に天才感あります。タナカも同じように「あー」って返事を電車内でする場面があってもしかして戸田の場合は常にそんな感じなのでは?って思ったりも。

何より戸田は漫画を描くことが好き、それ以上の何かを持ちながら漫画にもタナカにも向き合っていることが分かっていって次はどういうことをするんだろうって楽しみにさせてくれるキャラでした。

戸田&タナカの二人三脚?

タナカの自分でも完全には把握していないような内なる情動とそれを体現してくれる雰囲気がある戸田の出会いがワクワクします。
fc2blog_201901030544361ae.jpg
あーとかうーしか言えないより引用
特にこういったシーン。

あと漫画家・編集としてのコンビだけじゃなくてこの二人の私生活も見どころになっていく予感がしました。
一緒に同居でタナカが戸田の面倒を見るような場面が百合というかまた別の尊さがあるわ。
犬みたいになるシーンとかこの二人ならではの可愛さ。

「あーとかうーしか言えない」感想まとめ

というわけでマンガワンで連載が開始した「あーとかうーしか言えない」でした。
アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキスト・バーナーリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります

普通にしゃべることはできますがちゃんと伝えたいことになればなるほど「あー」と「うー」になっていくっぽいです。だから大事なことはあーとかうーしか言えないのかも。「あー」と「うー」で伝えたいことが大きく変わって「うー」の時が怖いけれどそれだけ戸田は真剣なんだろうなぁ。意味をしっかり把握するタナカも凄いけれども膝から崩れ落ちたのはちょっと笑いました。

秘密のベールに包まれている成人向け漫画の業界のミニ知識(女性作家は3割とか)が出てきたり打ち合わせをしてどこをどうするべきかを両者で話し合っていて(?)そっちの方に目が行くので確かに青年漫画を題材にしていますが途中から18禁要素が気にならなくなりました。

創作系で躍進していくタイプの作品ってこれから主人公達がどんな凄いものを出してそれがどう世間に見られていくんだろうってワクワクドキドキがあります。マンガワンで以前読んだ作品だと「響 小説家になる方法(→「響~小説家になる方法~」9巻までの感想 爽快、そして恐ろしい天才)」もそうでした。
この二人もそれぞれがどう関わり合いながら戸田がどんな漫画を描いていくのか、タナカの一番最初に見せた考えが実現するかなどが気になりました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察あーとかうーしか言えないネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「漫画「引っ越し大名三千里」が無料 引っ越し奉行に命じられた少年は… 感想・ネタバレあり

BEFORE「【タガタメ】鏡餅ラットン討伐について【レイド】

Top