とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 03/07

【ポケモン】レート2000まであと一歩だったエンテイ入りメガガルスタンパ―ティー

スポンサーリンク

本ブログへ移行後の追記文は赤字で書いていきます。
今回はパーティー紹介記事でこのパーティーはシーズン12で使用していたものです。
最高レートが1987であと1勝でレート2000に到達できたかもしれなかったのですがそのあとに負けに負けて1900付近をさまよった悲しいパーティーです。
エンテイを採用していてこれが環境に有っていたのかわかりませんが非常によく動いてくれたので個人的にはお気に入りのパーティーです。
また、今回の記事では途中でメンバーを交代したりしたのでその変更も書いていこうと思います。
ではパーティー内容の紹介をしていきます。



シーズン12で使っていたパーティーをさらしていこうと思います。

期間内にマイナーチェンジなどもしたのでそのことにも触れていきます。


パーティーの個別紹介

メガガルーラ@メガ石 シーズン中期まで
i_garuura.gif
無邪気 HACS
肝っ玉→親子愛
猫だまし・捨て身タックル・冷凍ビーム・地震

カバルドン・ランドロス・ガブリアスのゴツメが鬱陶しかったのでれいとうビームを持たせた両刀ガルーラです。
Aの若干の不足を補うために猫だましを先制技として採用し、猫だまし+捨て身タックルで倒せる範囲を増やしました。
地震の枠は大文字だったのですがいっそのこと不意打ちでもいい気がしました。

シーズン後期
意地っ張り HABDS
早起き→親子愛
グロウパンチ・秘密の力・不意打ち・身代わり

カバルドンが減少し、クレセリア・スイクンの多さが気になったのでそれらを起点にできる身代わりグロパン型を採用しました。
グロパンで積めば非接触の秘密の力の威力が無積み捨て身タックルの火力を優に超えるので回復技が追い付かない火力を得ることができます。ゴーストタイプが圧倒的にきつかったので今後はゴーストに強いポケモンをパーティーに入れることを考えます。

クレセリア@ゴツゴツメット
i_kureseria.gif
図太い HBS
浮遊
サイコキネシス・冷凍ビーム・月の光・スキルスワップ

身代わりを張ってくるガルーラに強いスキルスワップ持ちのクレセリアです。今まで冷凍ビームはあまり採用していなかったのですがクレセリアの前で悠長に剣の舞をしてくるガブリアスに腹が立ったのでれいとうビームを搭載しました。
悪巧みボルトロスにある程度の打点を与えることができるのもいいと思いました。
クレセリアに対して電磁波を警戒しないプレイングをよくされるので電磁波を入れてもいいと思いました。

エンテイ@食べ残し
i_entei.gif
ようき HDSベース
プレッシャー
聖なる炎・どくどく・守る・身代わり 

耐久型を突破したり、パーティー全体で思い鋼タイプへ対抗したりする枠です。
このポケモンより遅いポケモンには聖なる炎火傷ワンチャンを狙えて最後まで勝ち筋を残せるポケモンだと思います。
レート1900付近で大量発生するメガクチート軸を一体で半壊させることができました。
ガルーラ・クレセリア・エンテイの選出が多めでした。
あと、このエンテイはみがまもによって最悪オニゴーリ構築にTODを仕掛けることが可能です。

ボルトロス@オボンのみ



i_borutorosu.gif
穏やか HDS
悪戯心

シーズン中期まで
ボルトチェンジ・電磁波・草むすび・挑発

ボルトチェンジでサイクルを回したり、挑発・電磁波で後続のポケモンをサポートします。
草むすびを搭載することでメガボーマンダ軸を一体で見ることができます。
シーズン後期
10万ボルト・電磁波・草むすび・悪巧み 

パーティー全体でガルーラ以外の突破力の不足を感じたので相手の特殊ATやら物理受けを起点に悪巧みを積む型に変更しました。草むすびの枠は気合玉だったりしたのですがたまにいるカバルドンを迅速に倒したかったので結局草むすびに落ち着きました。
悪巧みを積んで相手の受けポケモンを倒して後続に電磁波を入れてメガガルーラの起点にするのが一番安定する勝ち筋でした。
また、ボルトロスの枠はチョッキライコウに変更したりしました。これは霊獣ボルトロス・ガブリアス・ゲンガーに強いと思ったからですが、結局ボルトロスに戻しました。

ランドロス@こだわりスカーフ
i_randorosu_reijyuu.gif
意地っ張り AS
威嚇
地震・とんぼ返り・岩雪崩・叩き落とす

とりあえずボルトロスと組んでガルーラのサポートをすればいいんじゃないかと思ってスカーフランドロスを採用しました。
うまく相手のゲンガーと対面させれば叩き落とす連打でかなり有利な戦況を作れました。
ガブリアス@気合の襷 に変更
i_gaburiasu.gif
陽気 AS
鮫肌
地震・逆鱗・岩石封じ・ステルスロック 
地面枠にもっと自由度がほしいと思ったので襷ガブリアスを採用しました。正直鉢巻ガブリアスと迷っているうちにシーズンが終了した感があります。

ギャラドス@メガ石
i_gyaradosu.gif
陽気 AS
威嚇→型破り
地震・氷の牙・身代わり・竜の舞 

一回舞えば大抵の準伝説にかなり有利に立ち回ることができるので準伝が一気に解禁されたシーズン12の中期まで非常に強かったです。ただそのうち、パーティー全体でドラゴンが重いことが気になったのでこの枠を変更しました。
ニンフィア@精霊プレート
ninfia.jpg
控え目 HCS
フェアリースキン
ハイパーボイス・破壊光線・いびき・電光石火 

レートが1800から1900にかけてラティオスやらサザンドラが目立ったのでニンフィアをギャラドスの代わりに採用しました。
今まで使っていたニンフィアはメガネかチョッキだったのですが
安定のハイパーボイス
一撃で倒したい時の破壊光線
催眠身代わり系対策のいびき
襷潰しの電光石火
と精霊プレート持ちのニンフィアはかなり臨機応変に戦うことができました。

まとめ

このパーティーの最高レート1987


全体的に素早さが低いので伸び悩みました…

プレイングでカバーできた部分もあると思いますが安定して2000を超えるにはあと一歩何かが足りないと思ったのですがその何かがいまだにわからないです・・・

ではノシ
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

ポケモンパーティーメガガルーラレートエンテイ

スレッドテーマ : ゲーム ジャンル : ゲーム

(0)TB(-)

AFTER「ポケモンの第六世代はなぜ黒歴史・失敗と認定されてしまったのか

BEFORE「【ネタバレ】トリコ361話「潜む悪魔は!!」感想・考察 四天王の悪魔の正体とスタージュン・トリコの双子説

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top