とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2018 11/19

無料で読めるサツジンゲーム「配神限定」が面白そうだった 感想・ネタバレあり

スポンサーリンク

無料漫画アプリのマンガUP!で新しく連載が始まった「サツジンゲーム「配神限定」~なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合いゲームに巻き込まれました~」(作:弘川ニウ先生)をMP+を使って配信分全部読んできました。
fc2blog_20181119165407516.jpg 
マンガUP!アプリ内イメージより引用
 
マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ

この漫画が配信されてから2話分がかなり分割されていましたがその分掲載ページ数も長いです。
2話と言いながら6話分くらいあるかも。

かなりアプリ的に気合を入れた感じがしますし読んでみるとその気合も納得です。

内容はデスゲームではありますがアクション異能力バトル色が強めです。
あとちょっとグロや胸糞場面もありつつも主人公が普通に正統派なのでその辺を払拭してくれる印象。

そんな「サツジンゲーム「配神限定」~なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合いゲームに巻き込まれました~」の感想など。

ネタバレ注意。

「サツジンゲーム「配神限定」~なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合いゲームに巻き込まれました~」感想・あらすじ

「願いを叶えるアプリ」の噂が巷で流れていることを耳にした高校生の戎皆人。
でも今はまだ願うこともなければあくまで噂程度にしか思っていませんでした。

そのアプリは開発元が「ハコフネ神議会」であるとされる『配神限定』。
ふとこのアプリをダウンロードしていたら叫び声が聞こえました。

校内の不良連中に彼のクラスの委員長が酷い目に遭わされているのに気が付き、彼女をかばいます。

実はこの委員長、配神限定で願いを叶えたって噂が立っていました。
なのでそれが本当かどうか彼女に訊いた戎ですが知らないとのこと。

まあそんなもんかと思って友人たちと昼食を取っていると考え事に没頭して過ぎて周りに人がいなくなっていることにようやく気が付きます。
その時、先ほどダウンロードした配神限定のアプリ画面から光が溢れ、スマホから女性が出現します。

アプリ画面には「願いを言ってください」との文字。
fc2blog_201811191654571af.jpg
サツジンゲーム「配神限定」~なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合いゲームに巻き込まれました~より引用
でも何か言おうとしたらその女性が「これは契約よ あなたは死ぬわ」と戎の口を防ぎながら忠告・制止しました。

配神限定、それは八百万の神の力を用いた殺し合いのゲームの為のアプリだったのです。
この選別に巻き込まないための彼女の努力虚しく、戎の目の前には刺客が現れてしまったのですが…

とりあえず女の子が可愛いんだわ

内容自体はデスゲームで残酷な場面もありますがそこに清涼感をもたらせてくれるのは登場する女性キャラでした。
全体的に無料アプリってのがびっくりなくらいの絵で特に女子が可愛いです。
この絵でラブコメとか読んでみたくなります。(だから彼女達がひどい目に合うと辛いことも…)

まだメインの登場人物は戎が契約した水たまりの神と委員長だけなんですが今後どういったキャラが登場するかってのも見どころだと思いました。

流子
ゲームが呼び出した800万の神の内の一人が流子の依り代(ペアみたいなもの)が戎です。
戦いを好まないというかゲーム自体に抵抗がある様子な一方で自己犠牲心がちょっと強めで率先して盾になる場面が出てきます。
fc2blog_201811191656170d7.jpg
サツジンゲーム「配神限定」~なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合いゲームに巻き込まれました~より引用
流子はそういう性格なので自分が弱い事を自覚しつつも強がる笑顔、その意味を理解した後に戎が彼女と一緒に戦うことを決意して、流子が「私を助けて」って言うまでの一連の流れが好き。
ヒロイン的な立場と主人公の熱い出会いだわ。
流子は神秘的ななところがある一方でフランクなのも良かったです。

それとシリアスで緊張感がある場面でもちょいちょい可愛いやり取りを覗かせてくれました。
呼び捨てなのですね、ってところとか。

人間である依り代に神が入り込むってシステムがあるんですがそういった仕様も相まってあくまで共闘って立場から関わった二人の相棒的な距離感が縮まるスピードが早いのも注目でした。

委員長
眼鏡取ったら一気にヒロイン力が増した委員長。
でも登場時からずっとどこか不遇でいつか報われて欲しいと思っていたよ…

戎にこのゲームを進める決意をさせた人物の一人であると同時にこのゲームのシステムとか残酷さを理解するきっかけにもなります。

主人公の戎皆人

プレーンなイケメン風の主人公の戎皆人。

正義感と熱血さがありますが無鉄砲に飛び出すんじゃなくて考えこむタイプでした。
その際に折り紙を折るって癖があります。
話を読み進めていくとこのゲームはリアルの世界を舞台に能力を使いながら生き残るバトルサバイバル要素があるってことがわかっていきます。
そんな戦闘なのでこの"考える"ってのは結構重要だったりしました。

ゲームの内容とか

デスゲームって聞くとなんか変な場所に閉じ込められてキャラが凄く立っている人物達を出し抜いて戦うってイメージが強いんですがこの漫画は舞台が現実世界でした。

そして、関わる人間も序盤は普通(生き残っていく中でキャラが濃い人物が集まってきそうですが)なんです。
というのも参加者はあくまで何かしら願いを叶えたくてアプリをダウンロードしたから。
そりゃそうですよね。
別に普通の人でも一つや二つどころか叶えたい願いとか神頼みしたいことなんていくらでもあります。
そういった人達が「配神限定」をインストールしてその数は800万に達した時に選別が始まりました。
内容は多すぎた八百万(やおよろず)の神々が殺し合うというもの。
人間はその神々の依代でしかなかったのです。

そうして戎の下に現れたのが水たまりの神の流子でした。
このゲームを機に一気にのし上がろうとする神もいれば人を巻き込むことに否定的な神もいます。
流子は後者でした。
おそらくこういった神は小数なんだろうなぁって思いますが逆にそれが彼女の魅力です。

ゲームの舞台は現実世界。
そこで神々と依り代が戦いますが被害は彼らだけにとどまらず無関係な人・物まで攻撃対象になってしまっていました。
まさに、神々の戦いにこの世界が巻き込まれてしまった感じです。
戎&流子の初戦闘の間だけでもかなりの人数が犠牲になったようですしそのやられかたも惨い…
世の中が一気に変わってしまったようでした。

それで神々ならとんでもない力を使えるかと思いきや意外とそうでもないです。
だってそもそも零細な神がこの戦いに参加するんですから。

流子は水たまりの神でその能力は液状化。
再生能力は高いですがHP的な要素があるのでそれも限界があります。
なので防御向きなのに攻撃を喰らいまくったらゲームオーバーって能力でした。

このような不利な状況を覆すために戎と流子は知恵を出し合うって側面があります。要するに頭脳戦があるんですがその時に現実世界の物が役に立ったりします。
また、倒したらその倒した神の能力も得ることができるので残っていけば行くほど強力な戦いになっていくことが予想されました。

あと水たまり以外にもクレジットカードの神なんて冗談みたいな神もいましたがこれが強力だった、みたいな意外な能力も出てきます。

一神同体
人間を依代ってのは不安定な神がこの世界で形を保つためって説明がありますが一神同体ってシステムがその意味をよく表していました。
神が依代の人間に入り込んで一体化します。

一神同体を使ったら人間の姿に神の人格が宿る(主導権を得る)ってのが本来の仕様のようですが戎と流子の場合は違っていました。
二人の容姿が合わさったような感じになって中性的、というか女体化してしまった模様。
fc2blog_20181119165850ac0.jpg
サツジンゲーム「配神限定」~なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合いゲームに巻き込まれました~より引用
この変化が面白いんですがその際に彼の思考が流子に筒抜けってのも見逃せないシステムでした。

「サツジンゲーム「配神限定」~なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合いゲームに巻き込まれました~」感想まとめ

というわけでマンガUP!で連載がスタートした「サツジンゲーム「配神限定」~なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合いゲームに巻き込まれました~」でした。

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります

内容は能力バトル系のデスゲームって感じで主人公が最初に得たのは液状化の力を持つ水たまりの神の流子の能力でした。
基本的に防御と逃走がメインの使い道ですしそれも容量までなので戦闘には不向きと思いきや倒した神の力も限定付きで付与されるってことで今後戦いのバリエーションが増えていきそうです。
でももともと八百万、この世界に辿り着けなかった神々が相当いることを考えてもかなりの能力が入り乱れる展開になりそうです。


それで主人公の戎ですがクールなところがありつつ熱いのが良いですね。
委員長の時もそうでしたが流子の願いを訊こうとする場面とかハコフネ神議会を鎮めようと決心するシーンなんて特にそうです。


あとはやっぱり女性キャラが魅力的でした。
絵も可愛くて綺麗だし色んな表情を見せます。

ただ、流子もそうですが今のところ不条理な境遇を背負っていたりって印象が強いのでそういった悲しみから解き放たれる時が来たり、そもそも明るく快活な女子が新しく登場したりするかどうか気になりました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察サツジンゲーム「配神限定」なんでも願いが叶うアプリを落としたら、神々の殺し合ネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「漫画「幽落町おばけ駄菓子屋」最終話までの感想 無料で読めるアプリも ネタバレあり

BEFORE「無料で読める「魔女は死にたがり」って微ノワールコメディがいい!ネタバレあり

Top