とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2018 10/27

無料で読める「すべて灰になっても」ってスピンオフの感想 ネタバレ注意

スポンサーリンク

無料漫画アプリのマンガUP!に新連載が登場したので読んできました。
同アプリでも掲載されている「たとえ灰になっても」のスピンオフ「すべて灰になっても」(原作:辻森惺先生 作画:鮭no.マリネ先生 原案:鬼八頭かかし先生)です。
fc2blog_2018102700490530b.jpg 
マンガUP!アプリ内イメージより引用

マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ


「たとえ灰になっても」はこのアプリの中でも有名な掲載作品の一つでしたがそれのスピンオフがオリジナル漫画として掲載されました。

今回はそんな「すべて灰になっても」の感想など。

ネタバレ注意

すべて灰になっても 感想・あらすじ

作中の時系列はあの予選です。
さいころのゲーム(ゲェム)をして4人中3人は次のゲームに進む、1人は脱落というものでした。
脱落=死、でも勝ち進めば莫大なお金が手に入るという状況でいかに他のプレイヤーを出し抜くか、そして人間の本性や発狂する様、醜さを楽しむ天使が審判を務めています。

「たとえ灰になっても」同様、「すべて灰になっても」はその予選が描かれていました。
そこでは主人公とは違うAグループの人達が出てきます。

Aグループでも様々な事情を抱えた人が登場しますが一貫しているのはやはり大金が必要だったという点でした。

本編の主人公たちが繰り広げた勝負とはまた少し違う雰囲気のゲームが展開されるようですが…

ここでも登場するクロエル

お馴染みの天使「クロエル」。
fc2blog_2018102700493196c.jpg
すべて灰になってもより引用
可愛くて露出が高い服装を着こなし、見た目はそのまま天使って魅力的な見た目とは裏腹に人の負の面を見るのがこの上なく好きなキャラです。中身はまるで悪魔。
いや、その性格含めてある意味魅力的なんですけどね。

辺獄(リンボ)や生前と今の間に何があったのか、名前を知られてはいけないルールなど基本的なことをここでも説明しました。

別の場所でもゲェムが行われているはずですがクロエルがここにもいるってのは本編で説明された通りでしょう。

誰が生き残るかわかってしまう…けれども

本編を読んだので4人の内どの3人その先のゲームに進むのか分かります。
ということは誰が脱落してしまうのかも。
ただ、本編だとどういうキャラかってことが十分わからないのも事実です。
そのあたりが掘り下げられるんじゃないのかなぁって思いました。
参加する4人のそれぞれの仮の名前は秋原カエデ、ルセット、憑夜泉(つくよみ)、沙羅でした。

沙羅はツインテールの人物。
基本的には沙羅主観で物語が進んでいくっぽいです。

ルセットはポーカーフェイスの人物であまり言葉を発しないと思っていたら何のためにお金を得たいか語っていてこれはちょっと意外でした。
ルセットはこのさいころのゲームが終わればそれでお金が手に入る前提で話をしていました。
でも残念ながらまだこの先がありますし、そのことを教えていないクロエルは流石です。

憑夜泉がヒロインで沙羅が主人公っぽい関係なのがまた…

カエデの「ゲスの極み 覚醒」

一番恐怖を感じていたかに見えた人物が序盤に見せ場を作りました。
女性に興味津々でスケベ心をむき出している秋原カエデですが命を懸ける重圧に押しつぶされそうになります。
そんな楓を救ったのは沙羅のパンツです。
モロ見えたそれに興奮して吹っ切れたんです。
いや、その人って中身は男かもしれないんだが…
ただ、カエデにとってはそんなことは些細な事みたいでした。
fc2blog_20181027004953f16.jpg
すべて灰になってもより引用
考えがすぐ読まれやすそうなのにここぞって場面で強気になる、これが「ゲスの極み 覚醒」の強さみたいです。クロエルの考えではないですが盛り上げ方が上手い!
最初にこのゲームとは相性が悪いメンタルの持ち主だと思われたカエデが波乱を巻き起こす可能性をだしてこようとは…

すべて灰になっても 感想まとめ

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります
「たとえ灰になっても」本編で登場した三人は予選でどのような死の恐怖との心理戦を繰り広げたかっていうのがこのスピンオフ「すべて灰になっても」みたいでした。
ユキ視点からするとAグループ含め他の予選を潜り抜けてきた人達は結構未知って感じがしましたがそのAグループ当事者の視点で見るとまた印象が変わりました。

風呂場で沙羅とカエデは仲が良さそうだったのにしっかりとデスゲームはしていたみたいです。

あとクロエル。
性格もそうですが大事なことをあえて教えなかったり、絶妙な煽りを入れたり、盛り上げるような司会をしていたりと安定しているわ。
登場人物は本編とは違う中、同一人物(?)のクロエルがこれからどう振舞っていくのかも気になりました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察すべて灰になってもスピンオフネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】黒ロンギヌスが当たった!他【ブラックキラーズ】

BEFORE「【タガタメ】ファントムオブアルケミストEX極1攻略してきた

Top