とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2018 09/30

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定感想 ひたすらドラゴン萌え ネタバレあり

スポンサーリンク

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄。人の話を聞いてくれない~」(作:榎本快晴先生 ムロコウイチ先生 しゅがお先生)の最新1巻分がマンガUP!に掲載されているので先読み機能も使って読んできました。
fc2blog_201809302347589c4.jpg 
マンガUP!アプリ内イメージより引用

マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ


内容は人から恐れられているけれども人畜無害なドラゴンが生贄の少女と出会うほのぼの(?)コメディファンタジーなんですが主人公のドラゴンが可哀そうだけれども可愛いというか萌えというか。
勝手に住処から連れ出された挙句、戦いに巻き込まれてしまってでも全くただひたすらに強くないのに噂がどんどん独り歩きしてしまっていました。

それもこれも生贄少女が実はとんでもない逸材だったからなんですが当人も周りも信じてくれずにドラゴンが悩みを抱えてしまう逆俺つぇぇぇ漫画でした。

そんな「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄。人の話を聞いてくれない~」の感想など。

ネタバレあり

「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄。人の話を聞いてくれない~」とは 感想あらすじ

5000年もの間ひっそりと草だけ食べて生きていた人畜無害なドラゴンが主人公。
ただ、噂というものは怖いもので彼は魔王軍の幹部だとか邪神だなどと言われて人々から恐れられていました。
そんなある日彼の前にやってきたのは生贄の少女レーコ。
生贄と言われても草食なものですから食べるわけにもいきませんし、ついでに邪竜などではないということも話しているのに勘違いが進んでしまって全くレーコには聞き入れてもらえませんでした。

それでも、食い下がるレーコに魂を少し食べたと嘘をついて帰ってもらおうとしたドラゴンですがレーコはそのことで邪竜の眷属になったと自己暗示、ついでにめちゃくちゃな魔力を宿してしまい、その力の源がこのドラゴンだとさらに勘違いされてしまうことに…

なんだかんだあってドラゴンと元生贄兼眷属のレーコは一緒に旅をすることになったのですが…

誰もドラゴンの話を聞き入れてくれない!

タイトルにもあるように人(ドラゴンですが)の話を聞いてくれない人ばかりの状況にドラゴン(後に邪竜レーヴェンディアと呼ばれます)が困惑していくコメディなんですが巻き込まれっぷりがすさまじいです。
生贄が来た理由も魔王討伐の助力を得るためなんですがこのドラゴン、弱い、ただひたすらに弱いです。
図体はでかくて立派な鱗もあって威厳たっぷりの見た目なのに石が当たっただけでかなり痛みを感じます。
まあ基本的にコミカルに描かれていますが本来は人間が勘違いしてしまうのも無理もない見た目をしているのでしょうがないと言えばしょうがないですが。

争いも好みませんし優しい性格をしているのにレーコと出会ってからは噂+レーコの実績によってさらにみんなから恐れられてしまうのでますます誤解を解くのが大変になりました。
また、図体に対して防御力はかなり低いのにそのことを察知させられると賞金首にすぐに狙われてしまうくらいの懸賞金がついているので痛くても我慢しなければならないのが地味にきつそうでした。

話を聞いてくれないのはモンスターも同じではったりを使ってみても全く通じず。
嘘でも強いと信じて欲しい時だけは全く信じてもらえないのが本当にドンマイでした。

人間(主にレーコ)へのツッコミ
レーコが突拍子もない事をするのでそれについてツッコミを度々入れますがこのちょっと困ったようなツッコミが好き。
fc2blog_20180930234839a96.jpg
齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄。人の話を聞いてくれない~より引用
レーコが今後、予想だにしないことを言ったりしたりするたびにこういうちょっとしたツッコミを入れます。
でも自分が驚くことがばれてはいけない状況がほとんどなので心の中で言うかぼそっと言うしかないのがこのドラゴンの絶妙なポジションを表していてクスってなりました。

だが、知識と見る目はある
戦闘はからっきしなドラゴンですが見る目はあります。
レーコの内なる魔力に気づいてその未来の姿を予感したあたりだてに5000年も生きていませんでした。
ただ、レーコの勘違いの自己暗示は彼の予想をはるかに超えるってのが不幸の始まりでした。
もう何でもあり。
やってくれとお願いしたら空を飛ぶはとてつもないエネルギーを出すわでレーコは有り余る力を発揮します。
異世界転生系だったら間違いなくレーコが主人公で気づかない内に凄い事をし続けるって展開になりますが本作ではその実績は全て眷属であるがための力、つまり邪竜レーヴェンディアスゲー!って話になってきます。
これで困るのはドラゴン本人で自分の弱さと他の人の思い込みの乖離がどんどん進んでいってしまうのでした。

あと敵の魔獣とかモンスターに対する知識は豊富です。それも他の人が全く知らないようなことまで知っているんですがこれも5000年生きていたからなせる知識の蓄積でした。なのでその知識を使って戦いが有利になったりしました。
完全にサポート枠じゃないか…

強くて思い込みが非常に激しいレーコ

見た目が巨大で強そうなドラゴンは実際は弱いのに対してレーコは可愛い少女の見た目なのにとてつもない強さを誇っています。
しかも、自分が凄いってことを理解していなくてこれもドラゴンの眷属になったからってことで解決してしまっている模様。
つまり思い込みがとても激しくてそれによって力を開花させました。
あとセリフも偉大なドラゴンに仕える人物みたいになってしまいます。この少女ノリノリでした。

まあそのおかげで迫力ある戦闘を見せてくれるんですけどね。
ただ、ドラゴンは呆然とするだけでした。

それで恐ろしく強いレーコなんですが定期的に可愛いく描かれている絵が出てくるのが嬉しい。

話が分かる人間 アリアンテさん

都市の軍の隊長であるアリアンテって女性はドラゴンにとっては救いの人物でした。
ようやく話を聞いてくれて納得してくれる人物に出会えたって感じ。
それにこのドラゴンをただのオオトカゲってことも見抜いていますし。
あと真っ当なアドバイスもくれます。

でも誤解が解けるまでに魔王軍の一員だってカミングアウトされ、さんざん痛めつけられたドラゴンがもう気の毒で…

それでこのアリアンテさん、めちゃくちゃ強いです。
実はドラゴンってすごい力隠し持っているんじゃない、ってこととかレーコがアリアンテもすぐに吹っ飛ばす、みたいな予想が外れるのはただ単にレーコ無双ではないんだねって思う良い期待の裏切られ方でした。

「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄。人の話を聞いてくれない~」感想まとめ

というわけでマンガUP!で読んできた「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄。人の話を聞いてくれない~」でした。

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキストリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります
流れている噂とは逆でドラゴンがすっごく弱くて、一緒についてきちゃった眷属のレーコが果てしなく強いってちぐはぐなコンビのファンタジー漫画でこの二人のやり取りの中で困惑していくドラゴンが愉快です。
レーコの境遇とか才能をどこかで気遣って優しく接するドラゴンが親みたいでした。あとだんだんとレーコのノリとか能力も理解していきますがそれでも彼女の力は思い込みでどうにかなるようではないものってこともだんだんと示唆されていきます。
彼女も間違いなく只者じゃなくて驚愕のルーツが!!みたいな展開がありそうですがまだまだ謎に包まれていました。

一方で噂として邪竜レーヴェンディアは凄い存在として扱われていますがもしかして他に本当のレーヴェンディアが実在するのかも。
もしもそうだったら完全に主人公はとばっちりですが果たして…

漫才みたいなノリの2人ですが登場するモンスターの造形とか戦闘もしっかりしていてメリハリがありました。

fc2blog_20180930234926573.jpg
齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄。人の話を聞いてくれない~より引用
骨の化け物の繰首頭も恐ろしいですしレーコvsアリアンテの対決はスピーディーで盛り上がります。

配信されたのは最新1巻分なんですが最後の方でとある姿に変貌したドラゴンが可愛くなったシーンにすべて持っていかれました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

誰が為のアルケミストタガタメ齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄。人の話を聞いてくれない~ネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】己が限界を射ぬく者攻略してきた【超絶地獄級】

BEFORE「漫画「万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで~」が無料で読める 感想・ネタバレあり

Top