とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2018 06/18

コビー似の小日山ってワンピースのスピンオフ(?)が気になって【ウリふたつなぎの大秘宝】

スポンサーリンク

ジャンプ+でちょっとびっくりなワンピースのスピンオフが始まりました。
というかスピンオフって言っていいのか微妙かも。
fc2blog_201806180512524bf.jpg 
ジャンプ+アプリ内イメージより引用
作中で描ききれなかった人物や未来などに注目して展開される漫画がスピンオフなんですが今回始まった「コビー似の小日山」はワンピースの世界とは全く無関係です。
ただ単に主人公の顔がコビーに似ているってだけでした。

ネタバレ注意(ワンピース含める)

コビー似の小日山とは ワンピーススピンオフ 

コビーはアルビダにこき使われてルフィに助けられて海軍に入ったあいつです、あいつ。
ウォーターセブン編で誰だお前⁉ってなって2年後には見聞色の覇気、そして六式が使えるようになるといった驚異の成長を見せました。

海賊であるルフィと海軍の将校を目指すコビーはやがて戦うことも考えられますがただ敵対する間柄ではなくライバルの一種に近い関係(ルフィの方がずっと強いですが)です。

そんな注目の若手海兵のコビー!!、と顔だけ似ている小日山って男子中学生が主人公の漫画が「コビー似の小日山」でした。

コビーに似ている顔

顔だけじゃなくて体格まで初期のコビーとそっくりなのが小日山でした。
fc2blog_20180618051323b49.jpg
ONE PIECE コビー似の小日山 ウリふたつのぎの大秘宝より引用
他のキャラと明らかに等身が違います。
でももしもコビーと成長の仕方も似ているならそのうち精悍な青年になるはずだから…

小日山がなりきるわけではなく

コビーに似ているからと言って小日山はそれをネタにするわけではなく平凡な中学生として過ごそうとしています。
でも周りは放っておいてくれないんです。
ことあるごとにコビーって事にしたがっていました。
同級生はもちろん、担任の先生まで。
ワンピースの浸透っぷりが凄いです。
同級生もちゃんと再現しますしその流れでそんな気も無い小日山くんは見たことがある表情や行動をしてくれました。

パロディがわかれば…

この漫画だけ読むとなんのこっちゃって感じですがワンピースを知っていると散りばめられたパロディにニヤっとするタイプの漫画でした。
パロディはネタを知っていることが前提なので意外と高度なギャグです。
そしてそのギャグに果たしてどれだけついていけるか、ってことで気になったパロディをいくつかまとめてみます。

掃除に厳しい
雑用を思い出す掃除に厳しい同級生の態度。

金棒のアルビダ
コビーのトラウマの金棒のアルビダの金棒を持ち出されてしまいます。
アルビダネタはまだ出てきますがゴムなのはそっちなのか…って思ったりも。

担任の悪ノリ?
進路希望を海軍将校ってことにされる小日山くん。
いや、確かにコビーはそれを目指して頑張っていますが…

六式
六式の話題も出てきます。
2年後だと小日山くんは中学3年生になりますがそれまでにあれを身に着けられるとは思えないんだよなぁ…

見聞色の覚醒
保健室に行っただけでマリンフォード頂上決戦を思い出されてしまいました。

殴る
fc2blog_201806180514434be.jpg
ONE PIECE コビー似の小日山 ウリふたつのぎの大秘宝より引用
ルフィがコビーを想ってあえて殴られる名シーンも再現されています。
あと宴の雰囲気がそれっぽくてな。

コビー似の小日山 感想まとめ

ちょっとびっくりなスピンオフがジャンプ+で始まりましたが心配なのはネタが持つかどうかでした笑
だってコビーって初期キャラの割に登場回数そんなに無いですし。
ヘルメッポ役が出てくればまた何か変わるかも。

先ほど挙げた例以外にも確かこんなのあったなぁって思いつつちゃんと思い出せないもどかしさが襲ってきました。
fc2blog_201806180514014c6.jpg
ONE PIECE コビー似の小日山 ウリふたつのぎの大秘宝より引用
女子版サンジの赤石まどかの雷とかエネル関連…じゃなかったような。
まあこのもやもやこそがパロディネタの醍醐味なんですけどね。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察コビー似の小日山ウリふたつなぎの大秘宝ワンピーススピンオフネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】手持ち真理開眼ユニットの強さとオススメポイント

BEFORE「無職強制収容所感想 恐ろしい真実と主人公の正体とか 考察・ネタバレ注意

Top