とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2018 05/24

マルセイ!!という無料連載漫画、それはギリアウトを攻めるコメディー 感想・ネタバレあり

スポンサーリンク

前から気になっていたマンガワンで連載されているマルセイ!!(作:鮎川リョウ先生)ってオリジナル漫画。
fc2blog_20180524005626b2e.jpg 
マンガワンアプリ内イメージより引用

初登場の時も読みましたがあれからしばらく経って掲載数も増えたので再び最新話(SP除く)まで一気に読んできました。

マンガワンのダウンロードはこちら
マンガワン
マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ


そんでもってこのマルセイって漫画なんですがエロコメディって紹介されている通りギリギリアウトどころか普通にアウトじゃない?って思える場面も。いや、マンガワン史上初のおバカエロコメディって書いてあるから一応シリアスなエロではないです。はい。
でもまだ一応セーフの範囲と思いきや「見せられないよ」的な修正が無ければ普通にアウトなんだよなぁ・・・

そんなマルセイですが作者さんの鮎川リョウ先生は秘密のレプタイルズも同アプリで連載しています。
両方の漫画に共通していることですが女性が可愛い!(後述)
鮎川リョウ先生は成人コミックや同人CGも手掛けていました(ひらがな3文字名義の方が有名かも)。
食戟のソーマあたりから特に顕著で何年も前からそういった先生方が一般誌にどんどん参入してきた印象ですがこういう先生たちの絵ってやっぱり女性が上手いんです。
そしてそんな女性に魔の手が忍び寄るんですわ。
というか自分から入っていくんですけどね

そんなマルセイについての感想など。


マルセイ!!とは 感想・あらすじ・ネタバレ注意

とある人の業に対抗する組織に入った新人女性警察官の但木(ただしき)心。
期待に胸を膨らませていたはずの彼女ですが配属された場所はとんでもないところでした。

マルセイのあらすじ

晴れて警察官になった主人公の但木心。
彼女は捜査3.5課に配属することになりました。
ところで3.5課って何?って疑問に思っていた心。
そりゃいきなり県警勤務ですしそもそも聞いたことが無い課ですし。

実際に捜査3.5課に入ってみるとそこにはキャラが濃い3人の先輩が!!
でも驚くのは3.5課性犯罪特殊対策チーム、通称マルセイの実態でした。

ここでの任務は性犯罪を取り締まることですがその方法とは囮捜査です。
つまり、自分自身が危険な性犯罪の生贄一歩手前までいって犯人を捕まえるというぶっ飛んだ課でした。

もちろんこんなのは嫌だと言う心ですが流されやすく正義感もある彼女は3.5課に身を投じることになって・・・

但木心が可愛い!

本作の主人公の女性警察官の但木心が基本的に終始ずっと可愛いんです。
fc2blog_20180524005647d7a.jpg
マルセイ!!より引用
可愛い以外にその特徴を3.5課のボス、陣万尊は語ってくれました。
・嗜虐心を煽る気弱そうで幸薄く控えめな表情
・美人過ぎず(←そんなことはない)ブス過ぎないスッピン映えする地味な顔立ち
などなど

まあここから先はただのセクハラ発言ですけど。

心は陣万尊も登場してくる犯罪者も結構ヤバイ言動をしてそれに律義にツッコミを入れて笑いを誘ってくれます。

でも気弱で可愛いと言っても3.5課に配属されたからには容赦なく囮作戦に出向かなければなりません。
そして、毎回のようにピンチに見舞われてしまうのでした。
一応、本当にギリギリのところで助かるのですが実際は何回も一線を越えて最終防衛ラインだけは死守したって展開でした。
それもそのはずで但木心が3.5課に配属されたというかボスが見込んだ理由は抵抗しなさそうな顔だから変態に人気あると思われたからでした。
そして実際にボスの予想は当たっています。

要するに毎回ほぼアウトになんです。
ちなみに表情は完全にアウトです。

ただ、但木心は強力な格闘技の後継者のようで見た目に似合わずいざという時の戦闘力は素晴らしいです。
この力があるから一応安心して読むことができました。

コメディー色で良かっっった!!

コメディー色じゃなくて少しでもシリアスな雰囲気になったら見てられない展開もあります。
展開の盛り上がりから一歩離れて冷静になってみるとあれ、これって大丈夫なん?って思う場面も。

というわけでコメディーで良かったって読んでいて思いました。

濃い登場人物

犯罪者もとんでもない性癖を持った連中ですが3.5課のマルセイも濃いキャラしています。
そんなキャラを少し紹介。

陣万尊
ダンディーな見た目からは想像がつかないようなマニアックな変態発言を繰り返す3.5課のボス。
一応フェロモンとヒソ子からはかなり信頼されているので何か隠し持ったものがあるのかもしれません。

フェロモン
心と比べると大人のお姉さんって感じたっぷりのフェロモン。
際どい恰好をして犯罪を誘いますがその姿はただの変態にも見えます。

ヒソ子
テンション低めのジト目で可愛いヒソ子。
fc2blog_20180524005814522.jpg
マルセイより引用
辛辣で鋭さのあるセリフが目立ちますが解析能力がとんでもないです。
こんな能力があって何でここに居るんだってレベルのハイスペックの予感ですがまだまだ謎多き人物って感じでした。

タツク(雀羽 達駆)
元気いっぱいの褐色娘のタツクを心はマルセイに引き込んでしまいました。
でもタツクはあまり悲壮感とかはなさそうで安心しました。
fc2blog_201805240058382f0.jpg
マルセイより引用
心と幸せなキスをしてしまった後の気まずそうな二人は印象的です。
あと足が凄く早い。

基本的にアウトな囮捜査

マルセイですが想像通りどころかそれ以上の囮捜査が毎回実施されます。
配属テストの時点で満員電車で触られる「まじで⁉」って思いましたがこんなの序の口でした。

旅館の潜入捜査をすれば大勢の男に取り囲まれてマッサージ店の実態を暴きに行けば媚薬を盛られ、と散々です。
制服よりも多分下着姿の方が出演が多いのが本当にもう…

心がどうしてもはまり役(?)だから余計に過激に見えてしまうのかもしれませんがよく考えたら彼女が来る前はフェロモンかヒソ子がやっていたんだよなぁ・・・
でもヒソ子は基本的に事務系なのでフェロモンってやっぱり数多の修羅場をくぐってきたことが想像できてしまいました。

あと出てくる犯罪者が色物揃いです。
fc2blog_20180524005736ecb.jpg
マルセイより引用
今のところパンツを見たがる人が一番印象強いかも。
いや、他にも印象が強い人はいっぱいいるんですがこの人はなんか他の人には無いこだわりを極めた感じがするんですよね。

土下座しながら来る行動もそうですがパンツ考察とか本当にヤバイ。

一線超えなければ都市伝説になっていたかもしれない人物でした。

アクションバトルの予感も、でも・・・

アクションバトル要素も少しずつ出てきて盛り上がってきてまいりました。
寂崎の白手、但木の鋼体術、華陽(瀬尾戸)の回極拳、喧龍寺の剛力ってなんだかまだ見ぬ四天王みたいなワードが登場して但木心は本当に凄い体術使いだったんだ!って感じを漂わせてくれました。
しかも、どういった技を使えるかまで説明します。

でも悲しいかな、多分こういった凄い人たちも結局は変態的な行動に巻き込まれたり使っていく予想をせざるを得ませんでした。

ラヴァーズとパブロブ(パブロフ)

ぽっと出だと思っていたパブロブ(パブロフ)ですがよく見てみるとあのバッジがあります。
そう、ラヴァーズのメンバーが付けているあのバッジ。

切り裂きジャックの左胸辺りにあるあのバッジです。
fc2blog_20180524005936ef4.jpg
マルセイより引用
ぽっと出の泥棒ではなくてまた再登場の気配を匂わせてきました。

ラヴァーズのリーダーはやっていることは土下座の変態と変わらないと思いきや謎の組織の只ならぬボスって感じもします。
要はその界隈の大物ってことですが。

でもコメディーだけじゃなくてちょっとサスペンスさも出てきた予感をさせてくれました。

マルセイ!!感想まとめ

というわけでマンガワンのマルセイ!!でした。

アプリのダウンロードはこちら
↑ダウンロードページへのテキスト・バーナーリンク↑
iOS/Androidの両方に対応
※どの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります。

主人公の但木心が気弱で可愛いんですがそんな彼女が自分から魔の手に飛び込んでいくってギャップがすさまじかったです。
コメディーじゃなかったら完全に18禁って言われても納得なのでちゃんとコメディー漫画として読もう(提案)

一方でまだ見ぬ強敵、謎の組織みたいなのも出てきてどういう展開になっていくのか気になりもしました。

合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察マルセイ!!ネタバレ無料で読めるあらすじ鮎川リョウ

(-)TB(-)

AFTER「あなたの鼓動を見させて。はピュア女子がどんどん怖くなっていく 感想・ネタバレ【無料で読める】

BEFORE「漫画マトリズム感想 堕ちる人々と追う二人の麻薬取締官 ネタバレ注意

Top