とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2018 05/20

株式会社モブおじさんがゲスコメディー過ぎてヤバかった 感想・ネタバレあり

スポンサーリンク

スクエニの無料漫画アプリで登場した「株式会社モブおじさん」。

マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ


しょっぱなからおじさんが美男子(最初女子かと思ったよ(;´・ω・))にいけないことをして軽く引いたのですがその行動が実は立派な仕事(???)だと明らかになっていきます。
18禁とかの作品で出てくるいけないモブ役を担うその心意気とは…

fc2blog_20180520232150669.jpg 
マンガUP!内イメージより引用
あと作品の至る所に「※作中の行為は二次元上のものです。現実世界では犯罪にあたります。絶対にまねしないでください。」って注意書きがありますが言うまでもなく大事なことです。

株式会社モブおじさんとは 感想あらすじ ネタバレ注意

男性向け作品やBL作品に登場するモブキャラクターおじさんを描いた株式会社モブおじさん。
ただモブとして登場するのではなくゲスい行為をするその背景には作品を盛り上げ主人公とヒロイン(受け)のキューピット役にもなるという縁の下の力持ちとしての顔がありました。

株式会社モブおじさんのあらすじ

就活がうまくいかない佐藤康平は社会に必要とされていないと感じ非常に落ち込んでいました。
電車が来るまさにその瞬間に線路に踏み込んでしまいそうになった彼の顔に風で飛ばされてきたとある求人紙が張り付きます。
fc2blog_2018052023223083c.jpg
株式会社モブおじさんより引用
その求人紙こそがモブおじさんを募集する説明会と選考会に関する資料だったのです。

気まぐれでその企業に向かう途中ちょっとおかしな場所に飛んでしまった康平。
そこで見た光景はおじさん(とその仲間)が男の子をいい様にしていたというものでした。

すぐに通報しようとした康平ですが突如その男の子のピンチに駆けつけた兄が登場。
おじさんたちは退散しその場は何やら異様な雰囲気に包まれて康平も一気に冷めたようでその場を立ち去ります。

おじさん達の逃げた方向に向かったと思ったらまたどこかに飛んでしまいました。
そして、目の前には説明会で行こうとしていた例の会社「株式会社モブおじさん」だったのです。

そして、結局この会社の内定を得てモブおじさん候補になった康平の運命は…

モブおじさんとは

この作品に出てくるモブおじさんはあれですよ。
雨降って地固まるではないですがモブおじさんがヒロイン的な役の子のピンチを作ってそこに主人公が駆けつけてその二人の仲が深まる、モブおじさんはすぐに退散って感じ。

この事情を知っていないとただの変質者ですがどうやらそれだけで片付けられないようです。
この仕事についてただゲスっぽいとか笑えるだけで済ますのではなくプライドもモブのさらにモブの人が語ってくれました。

まあそれ含めてシュールなんですけどね。

女子も出てくるけれどBL注意だ

ごめんなさい。
あまりBLとかそういうのに理解が無いものでどういう流れが王道なのかよくわかっていないのですがそういうシーンが出てきます。
(※18禁ではありません。多分)
女子も出てきますがそっちの方の印象が強すぎてな。
なのでBLが苦手な人は一応注意でした。

作品(本)の中に飛ばされる⁉

序盤のワープの理由はこれだったのか!
fc2blog_20180520232306ec4.jpg
株式会社モブおじさんより引用
まあ理由でも何でもないのですがこの作品は突如ファンタジーと化します。
作品の中に入り込むことができる能力をモブおじさんというかこの会社の社員は使えるようです。
2次元に入ったとはいえ佐藤康平曰く体感はリアルそのものとのこと。
fc2blog_20180520232431e85.jpg
株式会社モブおじさんより引用
ある意味夢のような能力ですが目の前で起こっていることに思考が付いていけないのは分かる。

一応研修はちゃんとやってくれますがそこでの報連相も普通ではありませんでした。

モブおじさんの仕事 百瀬和巳の流儀

どこか冷めたところがある佐藤の姿を先輩社員の胡桃沢さんは見抜いていました。

そんな彼を胡桃沢さんはただ説教するんじゃなくてモブおじさんとはどういうものかを百瀬さんの活躍を指しながら語ってくれました。

・ある時は自分より体格のいい男子高生←
・ある時は特殊能力を持つ少年少女
など圧倒的な戦力差に立ち向かわなければならないってのは言われてみればそうですね。
ある意味命懸けです。

あと百瀬さんの外見!
佐藤と向き合った時は優しそうな上司って感じでしたが作品の世界に入って活躍する(?)となると一気にその雰囲気は変わります。
fc2blog_20180520232459cd0.jpg
株式会社モブおじさんより引用
不摂生の権化のようなボテ腹、脂ぎったゲス顔(作品内ではもう少し詳しく説明しています)など一見貶めているのかって思えてしまう解説ですがこれこそがお手本のような百瀬さんのモブ汚ジスタイルだというのでした。
そういわれてみれば本当に「いかにも」な見た目です。

まあこの辺の勢いは胡桃沢さんの語りを実際に読んだほうが面白いです。
「めちゃくちゃ かっこいいだろ!!」ってシーンで意外に熱い男だったんだなぁ…ってことがわかりました。

佐藤のツッコミ

なんか全体的にいい流れになっていたと思ったら主人公の佐藤康平の「人の事を出しにする~」みたいなツッコミでフフってなりました。
いや、実際にその通りなんですわ。
なにやら爽やかな雰囲気にもなりますし佐藤ものめりこみそうな感じもしましたがどこかでツッコミ役でもいて欲しいと思ってしまいました。
だって、ツッコミ不在を考えたらそれはそれで心配になってしまうので笑

株式会社モブおじさん 感想まとめ

というわけでマンガUP!にて登場した株式会社モブおじさんでした。

マンガUP!のダウンロードはこちら
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ


2次元作品に入り込みあんなことやこんなことをするモブたちの裏側を描いた漫画ですがモブ側に立ってみて初めて見える世界がある…かもしれない。


百瀬さんが実際にターゲットの相手をするときの不快感っぷり(ここでは誉め言葉)と研修の佐藤に見せる時の優しい人柄のギャップはびっくりしますがこれこそがカリスマの所以なんでしょうね。

2次元に入ることもそうですが強制的性傀儡なる能力もとんでもないです。
佐藤もいずれこういった能力を身に付けるのでしょうか。

男女関係なくこれからもモブおじさんはモブとして、そして作品内の主人公たちの引き立て役として活躍していくようでした。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察株式会社モブおじさんネタバレ無料で読めるあらすじ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】ヴェーダ109階攻略してきた【境戒次元】

BEFORE「【タガタメ】ヴェーダ102階攻略してきた【境戒次元】

Top