とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 03/01

【ネタバレ】ワールドトリガー 第113話 「ガロプラ12」 あらすじと感想

スポンサーリンク

今週号のジャンプのワールドトリガーの感想です。

遠征艇を守るために戦闘する太刀川一同。
相手の大砲を気にしながら戦う小南と太刀川と遠隔攻撃「踊り手(デスピニス)」を仕掛けるラタを一人で相手にする風間、遠征艇の盾となる村上という構図ですが、先に戦局が動いたのは風間でした。

「踊り手」の軌道を読み始めた風間は透明化のトリガーを使います。 相手は風間のトリオン漏れの煙から風間の位置を把握して攻撃したのですがその攻撃先は風間が切られた腕を囮として使ったものでした。 これは過去に空閑が使った手でそれを今回は風間が使いました。

そしてラタの足を切り落とす風間ですが、ラタも最後っ屁と言わんばかりに村上に攻撃を仕掛けてその直後に風間に攻撃した腕を切り落とされます。


一方太刀川たちはラタの腕が切り落とされたすぐ後に、敵が大砲で太刀川ごと遠征艇を攻撃しようとします。

敵が作った太刀川の死角によって射線が読めずにいて、村上が遠征艇の防御に間に合っても太刀川を確実に倒すという状況を作りました。「だが、一手遅いな 真っ二つだ」


wt3.png
ワールドトリガー 第113話より引用

 次の瞬間、小南が太刀川ごと大砲持ちの敵を両断しました。
(味方もろとも・・・ 最短で攻撃だと・・・!?)と敵が驚いていましたが確かにこれなら遠征艇は助かります。トリオン体の性質をうまく使った感じです。


場所は変わって、ヒュースがガロプラの犬使いに接近して今回は終了。



今回の話は敵を倒すために自分ごと小南に切らせた太刀川の冷静だけれども熱い展開が良かったです。
そして、風間がそれをわかっているような感じで安心していたのも熟練の戦士という感じがしました。
風間に至っては一人で敵を足止めして、状況に応じて腕を囮に使うといった戦闘も機転が効いていました。

今回の戦いは大技が出つつも頭脳戦を仕掛けていて非常に面白かったです。

あと太刀川の迅の未来予知への信頼が半端なかったのが意外でした。

「適当でいいんだよ」なんてあの状況じゃ普通言えない気がします。


最後にヒュースですがガロプラに協力してしまうのか気になるところです。ヒュース本人にしてみればアフトクラクルに戻って一刻も早く領主のもとに行きたいと思うのでどうガロプラにアプローチをかけるか次回以降の楽しみにしておきたいと思います。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

ワールドトリガージャンプ漫画感想ネタバレ

スレッドテーマ : ブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(-)

AFTER「【ネタバレ】 BLEACH 第664話 猛毒の指輪の部位破壊、そして裏原の卍解!!! 「The Gift」 あらすじ・感想 

BEFORE「【ネタバレ】磯部磯兵衛物語 第百七十七話「生まれたての武士・・・!で候」 感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top