とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2018 03/21

【ヒナまつり】ヒナはどんどん可愛くなる娘系女子かも 正体のちょっとした考察とかも

スポンサーリンク

ちょっと前に13巻までまとめ買いして先日14巻も買った大武政夫先生の「ヒナまつり」って漫画。
少しずつ読み進めるつもりだったのですが面白くて一気読みしてしまいました。
その魅力とかを何回かに分けて書いていくと思いますが今回はタイトルにもあるヒナという不思議な女の子についてスポットを当てていきたいと思います。
 
ネタバレ注意

ヒナまつりのヒナとは

いくら大好きなヒロイン(?)。
堅気ではない組の期待の若手、新田という男性の家にある日正体不明の物体が突然現れました。
その物体の中にいる人物こそがヒナです。
出会いから彼女の正体まで謎だらけでしたがヒナは成り行きで新田の家に住み着くことになりました。

新田とヒナ

本来ならヒナをすぐに追い出したい新田ですがヒナの持つ超能力に脅される形で半ば言いなりになってしまいました。
でもヒナと過ごすうちに世話係らしさが板についていきます。
一方でヒナは前にいた世界の大人と新田の違いを最初は不思議に思っていましたがそのうち彼と一緒にいることに楽しさを覚えていきました。

世話する新田の姿がかなり面白かったりします。
普通に家事をしっかりこなしつつ、冴える心のツッコミを見せてくれる新田と予測不能なヒナのコンビはヒナまつりの見どころでした。

そして自他公認の親子関係みたいになっていくのですが…

最初は右も左もわからない、けれども…

ちょっと眠そうな表情とめんどくさがり屋さが口調からも表れているのが逆に魅力的(端から見たら)だったりするヒナ。
彼女はこの世界に来たときは手ぶらですしそもそも常識とかが一切通用しません。
徐々に自主的に行動するようになりますがそれまでは結構時間がかかります。
fc2blog_201803212230166ad.jpg
ヒナまつりより引用
でも序盤でも自ら新田のために敵対組織に殴り込むことも。
これによって新田は組での評価がうなぎ上りになるどころか伝説的な人物になっていきました。

学校でのヒナ

学校に行ってからの方がヒナの予想外な行動が際立ちます。
そして今までは新田がなんだかんだ言ってフォローしていたんだなぁって察してしまいもします。
転校初日の時点からヤバそうな奴が来たな…ってなる流れとクラスの雰囲気にクスってなりました。

三嶋さんと同じクラスでおまけに席が近くで本当に良かった…って思いつつ三嶋さんの巻き込まれ体質伝説はここから始まるんですね。
fc2blog_20180321223106aa7.jpg
ヒナまつりより引用
学校でのヒナの行動は基本的にどれも面白いですしイベント系はどれも神回になるから本当に好きなんですがやっぱり1巻と言うことと初日と言うこともあって新田が学校に訪れたのがかなり印象的ですね。
取り立てに来ただけだと思ったら授業参観みたいになって晒上げらるのは本当にウケました。

あとは生徒会に立候補するのも見るからに地雷しかない展開で良いですね。
「まかせろ」ってヒナの言葉に対する先生の心のツッコミが何気に好きな場面です。

融通の利かなさとかを見るとハラハラしてしまいそうですがヒナの場合はなぜかほっこりする不思議。

愛された異質?

夜の街で頬っぺたとか触られていたヒナですが触りたくなる気持ちは分かってしまう。

ヒナの成長

最初は世話になりっぱなしな上、どんどん要求を出していったヒナですが徐々に成長していくのも見どころでした。
きっかけの一つはアンズの登場なんですよねぇ。
まあ新田はこの先どんどんアンズにぞっこんになっていくのでこればかりは相性って感じがしますが。

新田の事を想って自分のご飯を分けてさらに掃除もするようになるあたりアンズはいい影響だったのかもしれないって思いました。
でも普段やったことが無いことをいきなり一気にやれば…当然のお約束は待っています。
新田に褒められたがってした事なのにそれが裏目に出てしまう展開はちょっときついですが内面は成長している…って思いたくなるエピソードでした。
ヒナが元居た世界の人達がこの世界に来たヒナの変化と様子に驚いている通り確実にヒナの社会への適応能力は上がっています。
物語を読んでいくとそれはゆっくり起こっていくことなのであまりピンときませんが最新話を読んだ後に最初から読んでみるとその違いに驚きました。
fc2blog_20180321223141adc.jpg
ヒナまつりより引
それと空気を読むってことも覚えていきますが無理をしているのが伝わってくるのもまた可愛かったです。

元の世界に帰ることになる展開は切なくなりますがある意味その切なさを吹き飛ばしてくれた新田は流石でした。
fc2blog_20180321223241eff.jpg
ヒナまつりより引用
戻らなくいいって分かった時の彼女の表情がたまらなかったです。

ヒナの青い髪
ヒナって髪が青色なんですよね。
あまりそういう外見的なところで触れることは無いですしそれが普通だと思って受け入れながら読んでいたのですがヒナが家族について考える場面で自分と新田、その妹のミカの髪の色の違いについて気にする場面がちょっと感傷的でした。

組の親父とヒナ

新田の所属する組の親父がヒナに夢中なのも面白かったです。
孫を見る目って表現していますがまさにそんな雰囲気でした。
というかヒナの事になるとちょっと怖くなる。
流石組のトップやでぇ。
さっきも触れた生徒会立候補編で新田を叱咤して顧問弁護士を付けさせるあたり本気度がうかがえます。
本物の授業参観の日は新田に来てくれないって言われて凄く拗ねているのがまた可愛いですがそれよりも気になったのは授業参観って聞いて救急車で運ばれた親父さんでした。

特に親父さんが溺愛していますがだんだんと組のマスコットみたいになっていくヒナにも注目です。

殺マスクと暴走

高校のヒナはここではそんなに語りませんが殺マスク「自称ニワトリ」の文字を見たときの暴走はちょっと気になりました。
一瞬で終わったことですしシリアスな雰囲気になるにしても前後は全く関係無いので最初は見逃してしまいましたが寝起きでまだ判断もおぼつかない状況で殺マスクの「殺」を見て暴走してしまったところが若干闇です。

やっぱり元々は殺伐とした状況に置かれていたのかも、と思いつつこれが何らかのミスリードであってほしいとも思いました。

ヒナの超能力と正体とかの考察

そんな感じで不思議だけれども新田とか三嶋さんのような立場でなければなんだかんだ言って可愛く思えてくるヒナでした。

ところで全体を通してちょっと裏世界系も交じった日常漫画って感じがするヒナまつりですがヒナ周りについてはSFチックです。
登場の仕方もそうですがヒナが使える超能力の規模が予想以上に大きかったりヒナを始末するために出現する刺客が出てきたりと元々彼女がいた世界の方ではそれなりにシビアな状況だったみたいです。
アンズが言うにはヒナの力は強すぎてかつて暴走して街を一つ潰したようですし。
あと似たような能力を持つ人物も次々登場しますがその中でもヒナは最高傑作とのことでした。

ヒナが来た理由と未来

暴走しやすくて廃棄された結果、この世界にやってきたようでした。
ただ、廃棄と言っても他の世界に置いていくだけって言うのが気になります。
始末のためにアンズを派遣しましたがその世界で始末すればいいのでは?って思いました。
ヒナたちは未来からやってきたとのことですがその世界では消すことができないから過去で始末することになったかな。

命令していた人物が斑鳩ってことがわかりましたし、勘違いと勘違いのコラボのおかげで組織によって作られた超能力少女ってことも自白しました。

なので来た理由は未来で作られたけれども暴走しすぎて廃棄されたからでした。
その世界では相当危険な人物扱いされていたのが身近な人達の反応でわかりますがヒナを見ていると根はそんなに危なくない…って思いたくなります。
fc2blog_20180321223218dd0.jpg
ヒナまつりより引用
CTRで検査した時やそれ以外にも病院に言っていますが普通に診察されたあたり体は人間そのままなんでしょう。

ベースは人間で超能力が使えるようになった子供たちの一人がヒナって感じがします。
超能力の強さや初期のころの感情の少なさ、制御のための首輪を見ると作られた目的は「戦うため」とかそんな理由だと思ってしまいますが能力でできることは器用なので宇宙開発とかなんでもこなせそうです。

まだまだ謎が多いヒナ達ですが元居た場所ではさぞかしつらい境遇かなぁって思いきや意外緩い管理だったりします。
ヒナのいた世界で何の目的で作られたのか気になりますがとりあえずこの世界に来た彼女たちは充実しているようでほっこりしながら見守ることができそうでした。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察ヒナまつりヒナネタバレ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】全世界500万突破記念ガチャ結果他 追記あり

BEFORE「モブサイコ100のスピンオフ「REIGEN」が始まる 霊幻新隆が主役のONE先生新作 感想・ネタバレ注意【マンガワンで無料で読める】

Top