とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 11/22

やっぱミナって可愛いし天使だわ あしたは土曜日秋・冬感想 高木さんのもう一つの物語 ネタバレ注意

スポンサーリンク

以前に「あしたは土曜日」の春・夏を読んだって話をしましたが今回は秋・冬を読んだのでその感想とかをまとめていきます。



「からかい上手の高木さん」と「あしたは土曜日」

「あしたは土曜日」は「からかい上手の高木さん」に登場する3人娘のミナ・サナエ・ユカリが主役となった話で読んでいてほんわかする優しい話でした。
そして読んでいくと眉毛の子、ミナって子が話の中心になっている気がします。
もちろん彼女が主人公ってわけではなく3人がそれぞれ主人公って漫画なのでサナエもユカリも目が離せませんがそれでもミナの印象がやっぱり強い!って思いました。

これ以降ネタバレ注意。

「あしたは土曜日 秋・冬」のミナ

ミナが出てくる気に入った場面をひたすら書いていきます。

犬の散歩
学校外でたまたま出会ったサナエとミナ。
ミナは犬の散歩をしていてサナエは犬を触りたそう、でもなかなか素直になれないって状況でした。
そんな中、ミナがサナエに「サナエちゃんにだてて欲しいってさ」って言ったのが本当に優しいです。天使過ぎです。笑顔も素敵でした。

fc2blog_20171122021345db3.jpg
あしたは土曜日 秋・冬より引用

こういう場面で勘の良さとか機転が凄いなぁと思いましたし、何より心遣いが凄く尊い。
サナエはサナエで明日のあかず一つ~っていうのは彼女なりの照れ隠しって感じがしました。

落ち込むミナ
ユカリの人参とサナエの餃子の交換をするとき二人が遠慮みたいなことをしていた隙にサナエが餃子を食べて落ち込むミナが可哀そうだけれども可愛い。ミナって可哀そうだけれども可愛いってシーンが多いなぁと思っているのですが今回もそんなリアクションが見れました。
そして自分から人参と餃子のトレードを申し出るミナ、その際に「私にんじん好きだしー」ってセリフが出るシーンのすばらしさを忘れてはいけない。

後の話に出てきますがその餃子を用意したのがミナってことも分かりました。

ミナの兄弟姉妹
ミナの妹と弟らしき人物も登場しました。
眉毛はみんな共通なんですね。
妹と弟のテンションの差が面白かったです。

にらめっこ
本編でもあったにらめっこですがあしたは土曜日でもありました!
ただ、自分の顔を想像して自分で笑ってやられる自爆っぷりは予想外です。
こういうところも癒されるかも。

どや顔が可愛い!
高木さんもどや顔が可愛いんですがあっちは芝居込みの可愛さなのに対してミナは純粋などや顔が可愛かったです。

fc2blog_20171122021411e5f.jpg
あしたは土曜日 秋・冬より引用

雨が降っているときってね~って話に合ったあの顔です。
これぞ純粋などや顔だな!

早起きとその理由
まあ何というか見た目通りなんですけどよく寝ないとダメっていうのがミナでした。
その際にどうやら毎日早起きしているのが分かったんですがその理由が
・畑の水やり
・家族の朝ごはん
・家族の弁当作り
・犬の散歩
と早朝からいろいろやっていました。
凄いとか働き者とか言うレベルじゃないですね…
ミナにとっては当たり前のことかもしれませんがユカリとサナエはこの時だけ急に優しくなるのも納得です。

駄菓子屋と当たり
駄菓子屋でお腹が減っているのに何も食べないユカリを見て当たりでもらったお菓子を差し出すミナが優しいです。
この時もサナエと犬の時のように「当たったから」って理由も付けているのがやっぱり尊い。

ただ、そのお菓子は猫に奪われてしまうんですけどね…
その猫を最後まで追い続けることができたサナエが子猫に餌をやっていることを知って見て見ぬふりをしたのがまた良かったです。

あとユカリが猫を追っている理由がお菓子なのに対してミナが猫を追っている理由が撫でたいっていうのも面白い話でした。

「大人っぽく」の涙
「秋だから物思いにふけってみたの 大人っぽく」
って話のミナはちょっとガチで傷ついていてこっちも罪悪感に苛まれてしまうかも。
前髪をいじられるときはショックを受けつつ冗談交じりの表情だったのにこちらはそんな冗談はありませんでした(´・ω・`)

fc2blog_20171122021433202.jpg
あしたは土曜日 秋・冬より引用

ユカリは普通にそんなことないよって突っ込んだだけだったようですがこれがかなりえぐってしまったようです。どうやら大人っぽくとか子供みたいってのは結構気にしているんですね。
でも涙目になってから「ホント?」ってところ見返したくなると思いました。
ユカリのガチ焦り顔は貴重かも。

3連休の笑顔
三連休が来るってことでにっこにこの笑顔になっていたのが可愛い。

fc2blog_20171122021453518.jpg
あしたは土曜日 秋・冬より引用

やっぱりミナは笑顔のほうが良いですね。
あと「三連休って言葉だけでよろこぶ」ってセリフは何気に真理かもしれないです。

抱っこ
ミナが百円らしきものを靴で隠した時に抱っこされるシーンが好き。

サナエの部活勧誘
サナエがミナをそれとなく部活に誘おうとした後のミナのリアクションも面白かったです。
最初はミナは嬉しくてテンションが上がっていますがその後ちょっとサナエを煽るまでの流れが最高です。「サナエちゃんのテ・レ・ヤさん!」ってセリフの破壊力よ。
結局その後つねられちゃうんですがサナエがミナを誘おうとした後の間とかテンションとかが楽しい話でした。

トランプ
サナエが人生楽しめば100万点なのにって甘言を受け取ってしまったミナのキラキラした目も好きなシーンでした。

高木さんと西片

ようやく一瞬登場した高木さんと西片。
なんだかすごく懐かしい気分です。

本人たちは付き合っていないみたいなスタンス(主に西片が)ですがユカリからしたら「付き合ってるよーなもんでしょ」って言われている通り多分クラス公認なんでしょうね。

ユカリとかいうお母さんキャラ

ユカリはミナの保護者みたいなポジションになりつつあるのが面白いです。
テストの10分前のサナエのトランプ遊びをしようという悪魔のささやきでうずうずしているミナを見て、サナエを叱っているのは「この子、誘惑に弱いんだから」ってセリフも相まって完全にお母さんでした。

あしたは土曜日秋・冬 感想まとめ またあした

結局ほとんどミナのことしか語っていなかった…
春夏を読んだ時点でも思ったのですがミナのこのなんというか純粋な見ていてほんわかして楽しいのはやっぱりユカリとサナエあってのものということを忘れてはいけない(戒め)

そんな感じでミナを中心に物語を見てしまった「あしたは土曜日」なんですが最終話の「またあした」の話はタイトル通りで凄く気に入りました。
金曜日の下校中に明日は土曜日ということで二人に会えないかなーって予定を聞くミナもその心中を察しているようなユカリ、サナエも凄く素敵でした。

fc2blog_201711220215119e5.jpg
あしたは土曜日 秋・冬 より引用

この時に自分の気持ちを真っ直ぐ伝えるミナですが最終回までこのキャラっていうのも良かったです。最終回まで純粋でなんというか嫌味が無い笑顔がまぶしい子でした。

それと休みの前に寂しくなるって姿は本編で高木さんが夏休み直前に西片に話していた内容を思い出します。

「あしたは土曜日」ってタイトルを最初に見たときは明日は休日だぜやったー!!みたいなノリが出てくるんだと思っていたのですが実際は逆でしたね。
金曜日なんだなぁと思える話は何度もありますし、3連休の話に至っては喜んでいたミナですが学校が終わって下校するタイミングになったら急に寂しさが湧いてきたんでしょう。
本編もこちらも学校が彼女らにとってとてもキラキラしている場所って感じがしました。

あと下校では途中で先にミナが二人と別の道に行く通学路だということも分かります。
「バイバーイ」っていつもずっと言っているようですがミナは二人の事が本当に好きなんだなぁと思いました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察あしたは土曜日秋・冬からかい上手の高木さんネタバレミナユカリサナエ

(-)TB(-)

AFTER「【タガタメ】FgG連携でやっと虹の魂の欠片や武具チケットゲットできた&ティルフィング

BEFORE「漫画「エリア51」最終回読み終わり!アマテラスやドッペルゲンガーの結末の感想・考察など ネタバレ注意

Top