とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 09/16

ひぐらしのなく頃に 祭囃し編感想その1 鷹野とか言う努力の鬼 それと詩音の暴走と鷹野の野望

スポンサーリンク

ひぐらしのく頃にの祭囃し編の漫画版を読み終えました。
本来なら読み終わった後に感想を書くべきですが前回の皆殺し編で文字数が1万文字近くなってしまった割に中だるみしてしまったり、思ったことを書ききれなくなってしまいました。


関連記事
ひぐらしのなく頃にの関連記事→ひぐらしのなく頃にカテゴリ
無料で読める漫画アプリ→マンガUP!(DLページへのテキストリンク)

今までの感想とかひぐらしのなく頃にを無料で読めるアプリについては上のリンクから。

これ以降ネタバレがあるので注意。

ひぐらしのなく頃に 祭囃し編 感想と考察

では早速祭囃し編を読んだ感想。
前半部分で今回の記事はいったん区切ります。

前半については鷹野三四の話がメインに繰り広げられるので記事でも彼女のことばかりになるでしょう。
皆殺し編で黒幕だと判明した鷹野ですが彼女が今回の計画を練るに至るまでどのようなことがあったのかが描かれていました。

鷹野の幼少期がアカンわ…
前半は鷹野の生い立ちから。
皆殺し編の最後はあんな様子だった鷹野ですが小さい頃は天使でした。

fc2blog_20170916151617e5e.jpg 
ひぐらしのなく頃に 祭囃し編より引用

ただ、両親が鉄道事故で亡くなってから彼女の人生は一変します。
目の前で瀕死の父親を見て、保護施設では地獄の様な生活、父親の恩師の鷹野一二三の所で幸せな暮らしをしていたと思ったらその研究を貶されて…
そんなことがあって彼女の決意が固まっていくのですがそれを書く前にそんな幼少期のそれぞれの

とりあえず各場面で気になったところについて。

幼少期編がひぐらしシリーズのすべての始まりでした。
戦争を経験していないから~という安全な時代に生まれた話をしていたと思ったら両親が列車の事故に巻き込まれてしまうのが時代自体は幸せな方向に進んでいるのに一気に逆方向に進んでしまった感じがします。
しかも、父親が息絶え絶えに美代子(鷹野三四の昔の名前)に語っているところは父からしたら最期の力を振り絞って美代子へ生きるための術を教えているようですが美代子から居ても立っても居られない状況でしょう。目の前で最後の肉親が亡くなってしまう場面を眺めているわけですから。

そして、保護施設編。
ごめんなさい連呼がひぐらし過去の編とつながりますがこれは全く関係ないことですね。
保護施設を脱出した後の神との賭けみたいな場面は個人的に好きでした。
今までの逆境に打ちひしがれるのではなくあくまで勝負を挑もうとする意志はかっこよかったのと同時にここらへんで鷹野三四となった後の性格の一部が構成された感じがします。

それにしても10円を偶然見つけるのも凄いラッキーですが当時の記憶を遡って読唇をして目的の番号を一発で導いたのはとんでもないですね。
これはのちに描かれる才女としての片鱗が見えています。
電話が通じて目的のセリフを吐いたと思った後の保護施設の職員の乱入シーンは祭囃し編で一番のホラーシーンではないでしょうか。安心感がある反面、個室で雨が降っている暗がりという状況も相まって非常に怖いです。
連れ戻された後の罰で美代子が受けていた便所掃除はおぞましいですがそれ以上に鶏に突かれている子がエグいっす…

ついに対面した鷹野一二三とは幸せな日常を送っていました。
最初は保護施設のシーンは夢落ちかなんかだと思ったのですがどうやらトイレの罰は実行されていて鷹野一二三邸で保護されてからも時々思い出してしまっているようです。そのあとのきれいにします~みたいな仕草はちょっと沙都子を連想しました。
それで彼との出会いが鷹野三四となって彼女が雛見沢で起こそうとする事の原点ということも分かりました。
雛見沢症候群という病気はもうすでに何かしらの症状としてこのころから認知されていたのはびっくりです。
ただ、治療が進んでいないことを考えるとやはり戦後ということもあると思いますが後回しにされていたり日陰の病気という扱いになっていた気がします。
ところで前半の感想としていますが一応全て読み終えました。
ただ、雛見沢症候群が結局のところ最後まで寄生虫によるものかどうかはあいまいになっていたのでこれでは鷹野一二三の理論が正しいかどうかもわかりません。
それでも入江が革新的な研究発表をしたという点を紐づけるとしたら鷹野一二三の意思は生きていた気もしました。
あと一二三の努力が死後になって認められてもいい、という考えは凄いなぁと思いました。
彼の研究がもしも本当に脳のメカニズムの解明に関連するものなら自分の生きている間に自分の生み出したものが世界にどれほどの影響を与えたか見てみたいと思うかもしれませんがこの考えになったのはいろいろ悟っていますね。
そんな一二三の姿や努力を見ていた鷹野三四からすると論文が認められなかった事態は本当に悔しかったのでしょう。

鷹野三四の意思の強さ
ひぐらしの世界では数ある世界が描かれています。
同じ舞台と登場人物であってもそれぞれの結末は違ったり、途中で起きる事態は多種多様でした。
この理由は偶然だったり人の気まぐれの様なランダム要素があるからです。
対して必ず同じになるものがあるとしたらそれは意思の強さによるもの。
ゲーム屋のゲーム内容がどの世界でも同じ(皆殺し編以外)だったのは魅音がずっと考えてそのゲームを企画したからです。

なので、どの世界でも共通して起こるというのは意思の強さによるものということが分かりました。
ということは全ての世界で雛見沢が滅んでしまったこと、それ以前に古手梨花が亡くなることとその理由が鷹野によるものだとすると鷹野の意思はとてつもないことになります。(梨花の死因は全て鷹野によるものではありませんが)
どの世界でも鷹野一二三の研究成果を認めさせるために圧倒的な知性と成果と地位を身に付けた鷹野の祖父を想う気持ちは凄いのでしょう。

fc2blog_20170916151746ebe.jpg 
ひぐらしのなく頃に 祭囃し編より引用

具体的な大学名は伏せてありますが東大主席入学をして、そのあとも研究結果をしっかりと出した上にあの社交性とか時間足りるのか…って思えるほどのとんでもない努力をしています。
特に人脈作りって凄くめんどくさい気もしますがそれを率先してやっているところを見ると本気度が伺えます。

小泉の協力と入江・小此木・富竹
そして、ついに一二三の旧友の小泉とも出会いました。
これがとんでもない権力者でびっくりです。
fc2blog_20170916151831cb1.jpg 
ひぐらしのなく頃に 祭囃し編より引用

一方で彼も鷹野一二三の研究を台無しにしたことに関わっているので最初の方は何か意地悪をしたのかなと思ってしまいました。ただ、これほどの人物が些細な理由でそんなしょうもないことをするわけではなかったのです。
事は盧溝橋事件まで遡りました。急に歴史の内容が出てきて焦りますがどうやら発端となった銃撃戦、その容疑部隊の中に雛見沢出身者がいたとのこと。
もしも雛見沢症候群が世界に認められてしまったら盧溝橋事件、つまりは日中戦争の引き金を引いたのは日本側という事になりかねません。
小泉はそれを止めたかったようでした。
彼は彼なりに日本の行く末を考えていたようですし、鷹野一二三の実力も十分わかっていたのでしょう。
まあそんなわけで鷹野一二三の意思を引き継いだ鷹野三四も研究をやめるように言いますが彼女は断固として反対。結果として小泉も協力することになりました。
改めて鷹野の度胸というかこれほどの人物の拳銃を前に物おじしない姿勢は凄いです。

入江研究所(診療所)も結局小泉が建てたものでした。やっぱすごいわ、このおじいさん。
この研究所もただの診療所ではなくて陸自のものだったんですね。
そして集まった入江・小此木・富竹、・・・富竹!!??

入江と小此木はなんだかんだ言って研究者だったり特殊部隊っていうのは分かるのですが富竹の正体は本当に意外でした。
正体が「東京」の監査役という肩書。ただの変なフリーカメラマンではなかったようです。
※東京→日本を牛耳る凄い連中

詩音の暴走と鷹野の目的
鷹野は雛見沢症候群の研究が頓挫した際の実行手段として大災害を起こすことにしていました。
目的は雛見沢症候群の予想の実証。
そのためには古手梨花を生贄に捧げる必要があるというまあ残酷なものでした。
そういうわけで梨花ちゃんはいつも鷹野に命を奪われてしまっているのですがそういえば他にも彼女の命を奪う人物がいました。

それが園崎詩音。
暴走した際の彼女のキル性能は凄くて次々に部活メンバーを手にかけていました。
梨花ちゃんも同じように詩音との戦闘の際に命を落とします。

この場合は鷹野が殲滅戦を実行しようとしてもいつの間にか梨花ちゃんが命を落としていて彼女の理論の予想は否定されたことになりますね。
祭囃し編の彼女の同行を見るとおそらく血眼で梨花ちゃんの行方を探ると思いますが綿流しと目明しの世界ではフェイクではなく事実梨花ちゃんは亡くなっています。

相当鷹野は焦ったと思いますしその際にどのような行動をしたのか凄く気になります。
あそらくあの世界ではひっそりと雛見沢症候群の研究は消えてしまうのでしょう。
そうすると村人は無事ですね。
鷹野は鷹野で村人を抹消しなくても済んである意味幸せになると思ったのですがこれほどの本気な行動を知らぬうちに止めさせられたらおそらく廃人になってしまう気がしました。
どうやら鷹野の天敵は他の世界での園崎詩音だったのではないでしょうか。

まとめ 祭囃し編の鷹野関連

というわけで祭囃し編の最初の方の感想でした。
鷹野の生い立ちがメインな前半ですがまあ凄い人物でした。
その分、梨花たちがどうあがいても勝てなかった絶望感が伝わってきます。

どの世界でもランダムで起こらない事象として鷹野の抹殺作戦があります(綿流しとかはわかりません)。
その元をたどっていくと日本の世界での主張まで規模が大きくなってしまうのでそりゃ強い意志が働いているわな、と思いました。

ただ、もっと遡ると田無両親の列車事故に行き当たりますね。
電車の遅れがその原因ですがそんなに様々な世界で列車の遅れを生み出している大きな意思とは?ってどうでもいい所が気になりました。

※紹介した漫画アプリについてはどの漫画にも言えることですが掲載期間が終了している場合があります。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

漫画感想考察ひぐらしのなく頃に祭囃し編ネタバレ

(0)TB(-)

AFTER「 Kindle Paperwhite 32GB届いた!本棚が溢れているもんでね

BEFORE「【タガタメ】第1種目:魔法玉入れクリア 意外と難しい魔人の2体・3体同時に倒すクエストミッション 【大運動会】

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top