とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2017 06/26

アニメ「ひぐらしのなく頃に」出題編をニコニコで見てきた やっぱり面白い!各編の感想など ネタバレ注意

スポンサーリンク

注意:この記事には「ひぐらしのなく頃に」に関する重大なネタバレがあります。

ニコニコ動画で6月25日までアニメひぐらしのなく頃に出題編+解答編(1期)解答編(解=2期)が無料になっていました。(一挙放送とは別です)

関連記事?聖地巡礼的な何か↓
初夏の白川郷に行ってきた 展望台の景色や用水路のでかいトラウトがすごい!【写真多め】

ニコニコでアニメを見ることは最近はかなり少なくなったのですがひぐらしに関しては一時期(といっても結構昔ですが)相当ハマっていたこともあって出題編全話を見てきました。

出題編(いわゆる無印)は漫画や原作を読んで内容は知っていたのですがアニメの方はしっかり見ていなかったので新鮮さ(10年前…)もあって楽しかったです。
解答編については時間の都合上見れませんでした;;

それではひぐらしを見た感想とかをまとめていきます。


鬼隠し編

忘れもしないひぐらしのなく頃にの最初のエピソードの鬼隠し編
自分は漫画から入ったのでレナのウソだ!ってシーンは本当にびっくりでした。そこだけカラーページという気合の入りっぷりです。

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編(1) (ガンガンコミックス)
竜騎士07 鈴羅木 かりん
スクウェア・エニックス
売り上げランキング: 163,989

というか漫画のほうが雰囲気怖かったりするかも。

最初に主人公の圭一が疑心暗鬼になったのには見事にやられて自分もいい意味で混乱していたと思います。圭一視点であらゆるものが見えてしまうので症状の悪化とともにこちらもありもしないものとか人物の表情とかに惑わされました笑

出題編全体に言えると思いますが何が起こっているのかわからないことを存分に楽しめる編でした。

それとこの後の編でも竜宮レナ本当に天使ですわ。おまかわの原点。(圭一視点だとかなり怖い女子になってしまいますが)

オヤシロのことになるとあれですが… この辺りはあうあう氏に早く釈明をしてもらいたいです。

圭一が村に対して恐怖を覚えたあたりからのホラーっぷりも好きですがレナや魅音の心情を考えるときついかも。レナが圭一を心配しているのにそれが全て裏目に出てしまうのがほんと辛い。

それでも罪滅ぼしで少しは救われるかな。

あと気持ちは分かるのですが富竹が出るたびにコメント欄に「草」と書かれれまくって登場するだけで笑いが込みあがる男扱いになっていたのは流石でした。

綿流し編

何普通に日常アニメしとんねん!っていう感じでスタートした綿流し編。
これ最初に事前情報なしでアニメ見た人は混乱したかもしれません。

今では定着している平行世界とかループ系の作品がまだそんなに無かった時期がひぐらしの初出なので逆に凄い楽しかったと思います。


ここでもレナの名推理とか圭一サポートが冴える!でも最初の人形のことを考えると何とも言えない気持ちになります。とんだバタフライエフェクト(言いたいだけ)ですわ。

目明し編とのセットでもあり、それで何が起こっていたのか分かったのですが綿流しの内容だけだと魅音、詩音に次ぐ第三の同じ容姿の人物がいるのではないのかと疑ったりしました。

よく考えれば容姿が同じなのでそれを利用して2人を3人に見せることもできるのですがそのあたりは詩音の行動の上手さなのかまんまと騙された自分が甘いのか、、、でもやっぱりこれも何がどうなっているのかわからなくて面白かったです。


というか魅音が全体的に不遇すぎました。園崎の看板が果たしていいものなのか悪いものか…

ひぐらしのなく頃に 綿流し編(全) 第二の惨劇 (ガンガンコミックスリミックス)
竜騎士07
スクウェア・エニックス
売り上げランキング: 297,908

それと漫画の最後に病院のベッドに突如登場する血だらけで出てくる魅音(詩音)が怖い。あーこれは発症していますわって今になれば分かりますが漫画で読んだ時の衝撃は凄いです。

祟殺し編

これもミスリードにやられまくった記憶があります。
というか圭一と沙都子のW発症はいかんでしょ。

北条叔父がやってきた最悪な世界線のうちの一つ。
この世界線ではなんだかおかしい人が多くて特に大石がひどかったです。これはさっさとリセマラするべき。逆に入江の登場に救われます。

圭一も発症していることに加えて魅音に無茶なお願いをしようたりでCOOL(KOOL)さが低下していた気がします。ただ沙都子があんな状況に陥ってしまえば無理もないかも。

悟史の話題が出た時の空気もいつもに増して重かったです。

あーそういえばアニメで前原一家の設定が出たのもここでした。住まいが屋敷って呼ばれていてびっくりです。

電話のシーンは目明しで語るとして圭一の行動に関する話合わせの辺りも圭一視点でホラーでした。

魅音とかレナとか梨花は圭一に罪が被らないようにアリバイを作ってくれているのに圭一からしたらもう一人の謎の人物がいると思ってしまいますね。いや、もしかしたら空気を読める状態なら理解できるかもしれませんが残念ながらあの世界線でも圭一は発症していたのが不幸でした。

というか変に都合よくオヤシロ様の祟りが起こってしまったのが発症に拍車をかけてしまったっぽいです。ただ、これによって生き残った圭一が描かれることで雛見沢で最終的に大災害が起きるということがわかりました。

暗い話ばっかりになってしまったので話題を変えます。

前の編でもちょくちょくあったのですが祟殺し編では幼児退行のオギャりコメントが多すぎて本当にクスってなりました。
いわゆるバブみですね。沙都子が一番「ママー」ってコメントを獲得していたのは本当に面白いです。
ひぐらしアニメが最初に放映されていたときは誰々萌えとか誰々は嫁みたいな話が出ていたはずですが10年が経ってしまって「萌え」から「ママー!」に変わった様子を見ることができました。この辺りはコメント付きの動画の楽しさでしょうか。

ちなみにバブみコメントを獲得していた内訳は沙都子:レナ:梨花=7:2:1という印象でした。

暇潰し編

赤坂登場!
ここは小休止みたいな編なのですが梨花がどういう人物なのかがちょっとずつわかってくるある意味重要な編です。

ダム建設抗争の真っただ中の時期から始まるのですが梨花は村がダムの底に沈まないことを知っていました。
最後のほうは梨花のループ期間が短くなっていたのに対してこのころはまだループ期間は長めのようです。

梨花は赤坂に忠告する際に何かに乗り移られたような演技をしていましたがこれも梨花に何が起こっているのかわからないとレナの豹変とかと合わせて何かがいる(実際にいますが別物)と勘違いしてしまいます。

目明し編

多分出題編の中では全体的に一番きつい編でした。→ここから原作では解。


ひぐらしのなく頃に解 目明し編  全4巻 (ガンガンWINGコミックス) [コミックセット]
竜騎士07
スクウェア・エニックス
売り上げランキング: 48,271


爪を剥ぐけじめはやっぱりついつい自分の爪をかばってしまいながら見てしまいます。

綿流しが圭一視点だったのに対して同じ世界線でこちらは詩音視点の話。

このおかげで魅音と詩音がどのタイミングで入れ替わっていたのかがわかります。


詩音も本当はいい子なんですが悟史のことになると人が変わってしまいますしおまけに発症しているので凶暴さが増してしまいました。冒頭での魅音と詩音の神主への考えのシーンを見る限り、詩音は外の世界の価値観を育んだことが分かります。ただ、それもある意味発症の要因になってしまったのかもしれません。


それと綿流しともつながる目明しですが祟殺し編でも圭一が電話をしていた相手が実は詩音だということ、さらにそれが悟史と重なっていることなどが明かされます。

梨花が醤油便を園崎家に持って行ったとき、梨花がどういう人物か知っているのならあのやりとりが煽りに見えなくもなくて、でも状況的に怖くてという何とも言えない気分になりました。

あと詩音が拷問した公由おじいさんの推理がほぼ当たっていることが何気に大事なことだと思いました。初見では何が正解で何が間違いの情報なのかわからないので鵜呑みには到底できないのですがちょっとした会話に正解が隠されているのもひぐらしの魅力だったかもしれません。

罪滅し編


ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 全4巻完結 [マーケットプレイスセット]
鈴羅木かりん
スクウェア・エニックス
売り上げランキング: 46,875

一番好きな話。
ゲームでやっていた際のエンディングのZ・E・R・Oの入り方は最高でした。

今回はレナが主人公の編ですがまさか彼女が発症してしまうとは・・・それでも絶望感溢れるひぐらしの中で唯一突破口が見えた出題編→原作では解ですし、最終話「リテイク」での自力で症状を克服するレナの強さとか気高さも1期最終回に相応しかったです。


圭一との最終決戦で互いに罰ゲームを設定するシーンはニヤニヤできますが逆にレナの悲しい雰囲気とかも出ていて素晴らしいクライマックスでした。月を背にするレナ美しカッコいい!

とりあえず鉄平は碌なものを持ち込んで来ないことは分かりましたが鉄平がいることで多分梨花は救われないとあきらめていたでしょう。なのに圭一が別世界の記憶を思い出したのは本当に大きかったと思いますし、圭一にとっては梨花に「許す」と言われたことで少し救われたんじゃないのかなぁと思います。

まあ、圭一の過去の暗さはあれですが、、、

それと記憶が蘇った時のレナの「私を信じて・・・」ってセリフは本当に悲しいです。

家庭を壊す鉄平とマミヤリナ(リツコ)を始末した後のレナのセリフはエンディングの「why or why not」と重なります。多分、この曲は梨花をメインに考えられているでしょうが罪滅ぼしではレナに相応しかったです。

というか綿流し・目明しでの名探偵っぷりもそうですが律子達の話を聞いてすぐに口座を確認したレナの機転とか有能さは本当に神ですわ。

そんなレナですが雛見沢症候群にかかってしまうと鷹野が残したノートを真に受けてしまって宇宙人説とかを信じてしまうのが悲しい…
まあ鷹野の工作もレナに宇宙人がコピーを作ったなどという説を信じさせてしまきっかけになるのですが。

雛見沢症候群への推理も寄生虫とか出てしまいましたが大きく見ると出題編の中で→原作では解一番答えに近い当たり惜しかったのかもしれません。

スポンサーリンク

ひぐらしのなく頃に 感想まとめ 6月初夏になると思い出す

というわけでアニメひぐらしの1期をまとめて見てきた感想でした。
いやーやっぱり今見ても面白いです。

時期が時期なので6月の初夏に見ると雰囲気がちょっとは味わえるかも。

最終話のリテイクを見て熱が冷めやらない内に感想を書いたので書き漏らしているところがあるかもしれませんが大体思ったことは吐き出せたと思います。

解を見れなかったのは残念でこれに関しては完全に自分が時間の都合を作れなかった責任です。コメント機能付きだと楽しかったので今はニコニコ動画での再放送に期待することにします。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

ひぐらしのなく頃にアニメ出題編感想ネタバレニコニコ動画無印

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】アハトとフィーアの専用武具作成!&マスアビを使ってきた

BEFORE「【タガタメ】聖石の追憶 8章獅子王の追撃EX攻略 イベントミッションの耐性付き幻影兵について

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top