とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 02/03

独立行政法人 都市再生機構(UR)の就職活動・エントリーシートについて

スポンサーリンク

ふと就活について受けた企業を書きたくなったから書いていこうと思う。
今回は就活の中でいろいろ印象的だった独立行政法人 都市再生機構について書いていこうと思う。
おそらくUR住宅という名前のほうがなじみがあるだろう。

詳しくはこちらへ→都市再生機構(UR)ホームページ

とりあえず特徴を書いておくと
・デベロッパー
古くなった地域や新興地域の再開発・開発をする。主な手がけた地域はみなとみらいや多摩ニュータウンなど。

・災害時の復興
デベロッパーという側面だけなら三菱地所や三井不動産をはじめ多くの企業があるがこの都市機構の特徴は独立行政法人の側面から災害時に復興する手助けを率先して行う。東日本大震災の時などは分断された道路の修理や大型の橋をかけたりした。

・賃貸
UR住宅でおなじみのマンション群を所有している。ただのマンションではなく小さな町のような感じで住居を所有している。経常利益は1兆2000億とかなりの金額だが、そのうちの大半は家賃収入が占める。


エントリーシートで聞かれたこととその意図



・都市再生機構が手掛けた地域についての感想→気になったことと自分ならどのような改善点があるか見てくる
・自分について誰かからどのように言われたか→本人の人柄を見る。特に協調性は見てくる。
・志望動機→これは人によるがなぜ都市機構でなければだめなのか、どのように興味を持ったのかなどを自分は書いた。

あと一つは忘れてしまった。



不採用までの流れ


いきなり結果を書いてしまったが自分は不採用だった。それまで何が起こったかなどについて書いていく。

3月
学内合同説明会で当機構を見つける。初めは物珍しさから興味がわいて説明会に参加したがやっていることの規模や社会貢献度などの大きさに惹かれ興味を持った。この時、大学のOBがいたので質問をした後、アンケートに連絡先を書いてその日は去った。

3~4月
アンケートに書いた連絡先を通してリクナビへのエントリー受付を知る。単独説明会(企業説明会)の予約を入れるて出席した。説明会ではあまり質問できなかったから帰り際で質問を多くした。

5月
留守番電話に当機構からの連絡があったことを少し後になって知る。GW後にかけ直したらエントリーシート相談会なるものに呼ばれた。エントリーシートの下書きを持って参加するのだが、この日に遅刻をしてしまった。また、エントリーシートの下書きも内容的に協調性がすこし怪しいとのことで感触は良くない。後になってなんとなくわかったのだが、これは実質の1次面接だったのだろう。相談会に出席した人については人事の方2人、学生2人でもしも面接だとしたらこの上なく有利に進めるはずだった。


6月
リクナビを通してES相談会の抽選会の連絡が来た。5月の挽回を狙って応募したが落選。


7月
エントリーシート提出。エントリーシート提出がかなりギリギリになってしまったので千代田郵便局まで直接行ってエントリーシートを出してきた。そして、不採用連絡が来た。


反省


いろいろな情報を統合すると今回の採用は水面下でかなり進んでいたからそのことを読んで行動するべきだと思った。特に、ES相談会はもっと準備をして好印象を与えておくべきだった、というかそれがすべてだった。
また、自分は事務系で応募したのだが農学部出身ということで都市機構には園芸関係で入社することができるのでそちらも考えておくべきだったと思った。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

就活UR独立行政法人都市再生機構

(-)TB(-)

AFTER「タガタメ ユニット強化とJOBレベルアップについて 装備・合成・メアの魔術「フレア」など 

BEFORE「誰が為のアルケミスト  アンナの店開放・宝箱取得・BACKSTAB!について

Top