とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 12/15

君の名は。を観た後の喪失感と虚無感が凄いんだけど… けれど放心と余韻に浸りたくなる

スポンサーリンク

君の名は。について若干ネタバレがあります

少し前にアニメ映画君の名は。」を観てきました。とっても良かったです。
映画を観終わって、しばらくは
(あそことあそこはこうやってつながっていたんだ)
(あれはあれらの力のたまものか)
(あーあれはこういうことだったのか~)
っていろいろ考えて納得したりしていました。

うまく言えない喪失感と虚無感

作中ではすぐにわからなかったことも徐々にわかってきたりと観終わってからも楽しめる映画でした。

・・・・

・・・・・・

でも君の名は。が頭からいまいち離れな理由ってつじつま合わせだけじゃないってことに気づきました。

うまく言えないのですが喪失感とか虚無感がいつまでたっても残っています。
心にぽっかりと穴が開いたというべきでしょうか。
君の名は。を観終わってから妙な放心状態が続いていまいちいろんなことに集中できません。
これは一種の余韻だと思うのですが自分だけこんな気持ちなのかな?って思ってしまいました。

君の名は 虚無感」【検索】
君の名は 喪失感」【検索】

って感じでとりあえず検索してみました。

けれども出てくるのは長い考察記事とかがメインで自分の感覚と微妙に違っていることが多かったです。

そんな中でふと開いたページが「yahoo知恵袋」でした。

正直、自分のヤフー知恵袋への信頼感って相当薄いのですが今回に限ってはそうでもありませんでした。

自分と似たような感覚を持っているユーザーが芋づる式にどんどん出てきます。

Yahoo知恵袋で見えた同類と解決策

知恵袋では自分と同じように妙な寂しさだったり喪失感を味わってそれを引きずっている人がいるようでした。

胸が苦しい、モヤモヤなど様々な表現を見ましたがどれも納得がいく表現でした。

解決策?
その中で解決策も出てきたのですが
・時間が解決する
・他のもっと喪失感を味わう作品を見る
というものが印象に残りました。

実際に今回のような感覚を味わうのは初めてではありません。

今まで何度か味わってきました。
ただ、最後にその感覚を味わったのはかなり前だったので久々に来て戸惑ってしまっていたのも事実です。

前者の解決策はわかります。
日々生活していくことでこの喪失感とかは薄れていきます。

後者はショック療法的な感じだと思うのですが「秒速5センチメートルを観ればいいのか…?」って考えに至ってすぐに引き返しました。
よくよく考えたら喪失感が雪だるま式に上がっていって最後は感覚がマヒしそうになったので。

恋とかではないんだよなぁ
また、原因として恋愛感情が挙げられていましたが多分これは違います。
作中の男女どちらかに好意を抱いたとしてもそれは恋にはならないと思いました。

というのも例えば三葉のみにスポットを当てた場合、確かに彼女は本当に魅力的なキャラです。
でも彼女の魅力は
君の名は。の全体の舞台
・瀧との運命を超えたようなつながり
があったからこそのものだと思います。

なので彼らの世界は彼らだけで完結していて、そこに対して恋愛感情を抱く余裕とかは無いと思いました。
むしろ、完全にこちらが傍観者というのをどこかで実感してしまったから喪失感を抱いたのかもしれないとさえ思います。
三葉を例に出しましたがこれは瀧に対しても同様です。

この感情の原因ってなんなんだ!!

個人的にこんな感情を抱いた原因をざっくり書いていきます。

ここからはネタバレ満載なので注意。


綺麗すぎる絵
現実を超えた綺麗すぎる絵がすごく遠い世界のように感じました。
自分は立川とか新宿にも結構行ったのですが映画とは程遠い鮮やかさでした。
そんな日常風景さえも幻想的なところも原因のひとつかもしれません。

糸守の真実
糸守にティアマト彗星が落下した真実を瀧が知った瞬間に「ハッ」っとなりました。

時間軸のズレ
場所だけではなく時間がずれて入れ替わっていたのをさらに知ることになるのですが瀧と三葉のつながりの絶望感とか瀧視点から三葉が二度と会えないとてつもない儚い存在って感じがしました。

名前を結局忘れてしまう
片割れ時に出会って名前を思い出した二人ですが少し時間が経つと忘れてしまいました。
この辺りも「あぁ ダメなんだ・・・」って思ってしまいます。

すれ違いの生活
最終的に互いを忘れた瀧と三葉ですが少し先で実はすれ違ったりしていたという展開。
互いに少し認識しているけれども巡り会わない様子が無性に悲しくなりました。

でも、君の名は。それで終わりませんでした。
最終的に二人は惹かれあって瀧は三葉の名前を訊いて終了でした。

ココは本当によくやってくれました。ハッピーエンドです。三葉も瀧と同じような想いを持っていたでしょう。
ハッピーエンドなのに、ハッピーエンドなのに・・・
こうやって認識してもやっぱり喪失感は残ったままです。

スパークルの歌詞
ティアマト彗星落下付近で流れるRADのスパークル。
挿入歌の中でスパークルが一番好きなのですが特にサビの歌詞の意味を考えるほど空しさというかなんというか、そういう感情が深まっていきます。

三葉の存在
瀧か三葉のどちらに喪失感を抱くかと考えた場合は三葉と即答します。
瀧視点で話が進むことが多かったからかもしれませんが三葉が届かない世界にいる存在が中盤から一気に感じられたのが大きいでしょう。

今はこの喪失感とか虚無感に浸りたい

こうやっていろいろ思いを書き表しましたがそれでもどこかずれていて原因とかが見えてこないです。
確かにあるのは何かを失ってしまったり、寂しく感じたりしてしまった感情でした。

でも、これって多分いい作品を観れたからだと思います。本当にうまく言えないのですが頭から離れないってそういうことでしょう。

君の名は。を見た後はなんか、心の荒んでいたり汚れてしまった部分に埋もれている大切な部分を撫でられた感じさえしました。浄化って表現が近いかもしれません。

感動とかとはまた違った感覚ですがどこか心地良いのもまた事実です。
今はこの余韻とか放心に浸っていたいと思います。
多分、時間とともに薄れていってしまうのですがそれまではこの感覚を大事にしようとさえ思いました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

この記事と関連する記事

君の名は。を観た後の喪失感と虚無感が凄いんだけど… けれど放心と余韻に浸りたくなる

君の名は。映画

(2)TB(-)

AFTER「【タガタメ】ロフィアのクリスマススキン買っちゃったよ… チケット&聖石3ステップガチャ結果も

BEFORE「【タガタメ】スピカが15凸になったから紹介する!闘技場の活躍とか

COMMENT

  • No.152 同感です。

    今更ですが、映画を観てきました。
    私も酷い喪失感が残り、ハッピーエンドのようで、なんだか哀しい寂しいような気持ちで
    同じ気持ちの人はいないか探してたらこちらのブログにたどり着きました。
    この喪失感は、あったことがまるでなにもなかったことのようになってしまった。事への喪失感かな。
    と私は分析しました。
    上手く言えないですが。。
    徐々に薄れていく記憶。もう2人はあの時の事を思い出せる事はない。とわかっている。
    再会することはできても、どうやっても、あの時の出来事を思い出としてでも戻す事はできない。どうすることもできない。
    宮崎あおい主演【初恋】を観た時も酷い喪失感でした。
    2人で計画し実行した事、その全てが権力のある大人達の力で
    まるで何もなかったようにされた。
    必死で頑張ったことが、何かの力で 何もなかったことにされる。
    恋愛でも、仕事でも。そのような時に私は喪失感を感じる。と考えました。
    突然のコメント失礼しました。

    投稿者:mv 2017/03/23 (木) 00:34 [ 編集 ]
  • No.155 Re: 同感です。

    mvさん、コメントありがとうございます!

    > 今更ですが、映画を観てきました。
    > 私も酷い喪失感が残り、ハッピーエンドのようで、なんだか哀しい寂しいような気持ちで
    > 同じ気持ちの人はいないか探してたらこちらのブログにたどり着きました。

    いらっしゃいませー!この記事も当時おそらくmvさんと同じような気持ちになって衝動的に書いたものです。
    どこか切なくて締め付けられる感じがしたのでその感覚を忘れないまま書きました。

    > この喪失感は、あったことがまるでなにもなかったことのようになってしまった。事への喪失感かな。
    > と私は分析しました。
    > 上手く言えないですが。。
    > 徐々に薄れていく記憶。もう2人はあの時の事を思い出せる事はない。とわかっている。
    > 再会することはできても、どうやっても、あの時の出来事を思い出としてでも戻す事はできない。どうすることもできない。
    > 宮崎あおい主演【初恋】を観た時も酷い喪失感でした。
    > 2人で計画し実行した事、その全てが権力のある大人達の力で
    > まるで何もなかったようにされた。
    > 必死で頑張ったことが、何かの力で 何もなかったことにされる。
    > 恋愛でも、仕事でも。そのような時に私は喪失感を感じる。と考えました。
    > 突然のコメント失礼しました。

    新海誠監督も仰っていたように壮大な、でもどこか懐かしい夢のような感覚も切なさの原因かもしれませんね。実際にあったことなのに思い出せない、どうしようもないというもどかしさは自分も感じました。本当に喪失感って言葉がぴったりでした。心にぽっかりと穴が開いたような何とも言えないそんな感覚です。

    初恋は自分は見ていないのですが「必死で頑張ったことが何もなかったことにされる」って表現は確かに!って思いました。
    君の名は。も二人(実際は規模はもっと大きいですが)にとってはかなり重大な出来事なのにその二人をつなげていたものが消えるってところが逆に人気なのかもしれません。

    こちらもつい熱く語ってしまいました笑
    mvさんの感想を聞けて良かったです。貴重な感想ありがとうございます!

    投稿者:きメダカ(管理人) 2017/03/25 (土) 22:52

MESSAGE

非公開コメント

Top