とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 12/07

【ジャンプ+】魔喰のリースが面白かった!世界観がいいかも 無料感想(ネタバレ有)

スポンサーリンク

ジャンプ+でこの前連載された魔喰のリースという漫画が良かったのでちょっと感想とか書いていきます。
この記事を最初に書いた時点で1話・2話が掲載されているのでその話を踏まえます。

魔喰いのリースとは

fc2blog_20161207092615f28.jpg 
少年ジャンプ+で急遽始まった漫画「魔喰のリース」。
異世界魔法推理ファンタジーと銘打ってあり、魔法と推理ってなんだろう?って思っていました。

魔喰のリースは魔法が存在する世界を舞台にしています。
建物とかは中世ヨーロッパという感じでしょうか。

この漫画の主人公はタイトルにもなっている「リース」です。
彼は「魔喰(まくい)」を自称しており、文字通り魔法を食べて生きているようでした。

この魔喰の力で誰かの魔力を識別することができます。
それによって魔法が関わっている事件の犯人の特定をすることができていました。

主人公が強い!アクション要素も

魔法と推理って聞くと結構大人しい感じの作風だと思ったのですがそこはちゃんとジャンプ作品でした。
リースは魔法を食べることができ、識別することができます。
ただ、その食べた魔法を自分の力として使うことができました。

つまり魔法使い相手に対しては「無効化能力」+「コピー」能力を持っているということ。
これってすごいですよ!
無効化とコピーとか最強候補のキャラが持っているタイプの能力を実質二つも有しています。

しかも攻撃を喰らう必要はなく、普通にしている人間の魔法を吸収することができるという使い勝手の良さがありました。

リースの年齢とかクロエとか

1話冒頭で結晶の中にいるクロエと呼ばれている女性の前で立ち尽くしていたリースの姿がありました。彼らの様子を見る限りリースにとってクロエは特別な存在なのでしょう。
このシーンが過去の記憶なのかこれから起こることなのかわかりませんがひょっとしたらリースの力の源に関わっているかもしれないと思いましtあ。

あとリースはどうやらかなり長生きしているっぽいのですがそれは能力と関係があるのでしょうか。
そのあたりも今後明かされていくと思います。危険な未確認生物呼ばわりされていましたがあながち間違いでもないかもしれません・・・

竜の大討伐

ちょくちょく竜の大討伐の話題が魔喰のリースには出てきます。
この竜の大討伐はかなり大きな作戦だったようで今のところ犯人と関係がある作戦でもありました。

アストーチと呼ばれる1話での財宝泥棒はその大討伐で名を挙げた魔道士です。
ただ、その時の功績での報酬金は豪遊がたたって尽きたとか。
なので財宝泥棒をしたみたいです。

もう一人はぺリア。顔喰い魔道士の容疑者です。
もともと最高位魔道士とからしかったのですが竜の大討伐での顔の火傷を機に王宮を去った人物です。
そしてぺリアは1話から続いている連続殺人犯との結論が出てリースの友人のレイナも被害者になってしまっています。

こんな感じで竜の大討伐は事件と間接的に関わったりしていました。

魔喰のリース感想まとめ

魔喰のリースの世界観は中世ヨーロッパ+魔法という感じです。
中世ヨーロッパってやっぱり何とも言えない魅力があるのですがその分多くのファンタジーの舞台にもなっている印象でした。
自分も今まで漫画・ゲーム・小説問わずこのような世界観を題材にした娯楽を楽しんできました。
この漫画で面白いと思ったのはファンタジーに謎が絡んでくるという点でした。

先ほど出てきたぺリアがすでに死んでいるなど気になる内容も今後どんどん出てくると思います。

そして、主人公のリースの能力が謎を解く鍵でもあるのですがこの力もコピー+自分のものにするというかなり強めの能力でした。イメージ的にはカービィみたいな感じでしょうか。

個人的に今後の展開が楽しみに漫画でした。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ジャンプ+】魔喰のリースが面白かった!世界観がいいかも 無料感想(ネタバレ有)

少年ジャンプ+魔喰のリースネタバレ漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「ダイダロス強いけどアトランティスが無い!梶木のスキルや忘却の海底神殿で水属性デッキを目指すか【遊戯王デュエルリンクス】

BEFORE「ウシジマくんの「フリーターくん」編の社会の闇と鬱さがヤバかった でもハッピーエンド!? 無料漫画感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top