とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 12/03

イシズ対海馬の演出・名言が熱くて神回を思いだす 王家の眠る谷ネクロバレーと現世と冥界の逆転は?【遊戯王デュエルリンクス】

スポンサーリンク

遊戯王デュエルリンクスで光属性モンスターを200回召喚したことでイシズ・イシュタールが出現しました。
光属性はあまり使っていなかったのですがブルーアイズとか魔道獣ケルベロスとかで稼いでいたっぽいです。

そんなイシズですがどうしても海馬で戦いたくなりました。
というのも原作もそうですがイシズ対海馬の戦いは個人的にかなり好きでその勝負の再現をしてみたくなったからです。
そのあたりについては後半で語っていきます。

イシズの報酬カード ネクロバレーと現世と冥界の逆転が気になる


fc2blog_20161202211636111.jpg

イシズの報酬カードは上の画像の通りです。
墓守カードが中心になっていました。
その中で気になったカードについて触れていきます。

墓守の長
fc2blog_2016120221170940b.jpg

墓守の上級モンスターですね。
アドバンス召喚成功時に墓地から墓守モンスターを特殊召喚できるのは単純に強いです。
ただ、墓守の長は1体しか場に出せないので墓守の長を墓地から特殊召喚するわけにはいきません。

墓守の巫女
fc2blog_20161202211749f3c.jpg

墓守の巫女はあまりなじみがありませんでした。
墓守登場時ではなく後々追加された墓守モンスターでしょう。
墓守モンスターの攻撃力と守備力を200ポイント上げる永続効果持ちですが墓守の巫女自体のステータスが低いので場持ちは悪そうです。

墓守の石版
fc2blog_20161202211813b7d.jpg

墓守の石版はすごい強いですね。
墓地に墓守がいる必要がありますが単純にアド+1です。
墓地活用のカードが少ない中でこのカードはかなり貴重なのではないでしょうか。

ネクロバレーの祭殿
fc2blog_201612022118379ff.jpg

後で語りますが王家の眠る谷ーネクロバレーが存在しないと発動できないので実質意味のないカードです。
特殊召喚自体はまだ主流ではないのですがもしもネクロバレーが出るころになったらひょっとしたらもう少し特殊召喚モンスターは増えているかもしれません。
現時点ではそこまで強いカードとは思えませんでした。

生け贄の抱く爆弾
fc2blog_20161202211926130.jpg

アドバンス召喚モンスターの攻撃宣言に対してしか発動できませんが発動すれば一気に優勢に立つことができる一発逆転のカードです。
聖なるバリアミラーフォースがない今では結構最強の対攻撃トラップかもしれません。
地味にバーン効果も初期ライフ4000を考えると大きいです。

墓守の召喚師
fc2blog_2016120221200237a.jpg

イシズが使っていましたが手に入れることはできません。
墓守の召喚士は「墓地に送られた」らデッキから攻撃力1500以下の墓守モンスターをサーチできます。
墓守の長はサーチできませんが墓守モンスターは基本的に攻撃力1500以下が多いのでヨット欲しいなぁと思いました。

王家の眠る谷ーネクロバレー
フィールド魔法
フィールド上の「墓守の」と名のついたモンスターの
攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
また、墓地のカードに効果が及ぶ
魔法・罠・効果モンスターの効果は無効化され、
お互いに墓地のカードをゲームから除外できない。
wikiより引用。
本来なら墓守モンスターに必須のフィールド魔法、王家の眠る谷ーネクロバレーはデュエルリンクスにまだ実装されていませんでした。
イシズの報酬カードでもネクロバレーありきなカードが一定数存在しているので現時点で墓守は十分なポテンシャルを発揮できていないように思えます。
ただ、ネクロバレーは攻守のアップが現状のどのフィールド魔法よりもはるかに強く、墓地干渉を許さないので今の環境で出たら壊れカードになるでしょう。
イシズの報酬カードを見るとネクロバレーが出てきそうなことはわかるので実装を楽しみにします。

現世と冥界の逆転
通常罠
「現世と冥界の逆転」はデュエル中に1枚しか発動できない。
(1):お互いの墓地のカードがそれぞれ15枚以上の場合に1000LPを払って発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のデッキと墓地のカードを全て入れ替え、
その後デッキをシャッフルする。
wikiより引用。
イシズといえばこの現世と冥界の逆転の印象です。
海馬をこのカード1枚で一気にピンチに陥れました。
というかそもそもこのワンキル性能の高さから禁止カードに長い間なっていました。
もしも、デュエルリンクスに出てくるのならエラッタ後のテキストとして登場でしょう。
ただ、デュエルリンクスのルール的に墓地の枚数が互いに15枚以上って終盤もいいところなのでOCGみたいな活躍はしないと思いました。


イシズと海馬の対決が熱い!!アニメでも神回だった

イシズと海馬の対決は間違いなく名勝負でしょう。アニメでも「未来を変える一撃」は神回だったと思っています。

あらすじとしては

未来を見通すイシズは海馬が負ける姿を知っている
→海馬は現世と冥界の逆転を発動されながらもオベリスクを召喚
→しかし、イシズは生け贄の抱く爆弾を発動しており、オベリスクが攻撃すると爆発、海馬は負けるはずだった
→ところが海馬の目の前が急に光ってブルーアイズの姿が映し出される
→海馬はその光景にただならぬ予感を感じ神(オベリスク)を生け贄にブルーアイズを召喚
→これはイシズの見た未来ではなくブルーアイズの攻撃によって海馬は勝利

という感じです。
運命を超越した海馬、ブルーアイズの切り札感、神を生け贄という演出、そしてそのストーリー異常に心に残る名言など見どころ満載の勝負でした。

そんなイシズと海馬の対決ですが海馬をプレイヤーとして選択することでアニメ通りの名言の一部を楽しむことができます。

人の心には神を超えて信じるべきものがある
fc2blog_20161202212026afd.jpg

個人的にはこのセリフがすごい印象的でした。
海馬ってオカルトに否定的な感じだったのですがブルーアイズを信じて未来を超越した海馬ならではのセリフだと思います。
「俺のプライド、そして俺の魂!俺の未来は俺が決める!」ってセリフの前半部分はデュエルリンクスでブルーアイズ召喚時に海馬が言いますがこれはイシズ戦でのセリフですね。

fc2blog_20161202212053a82.jpg

海馬と戦った後のイシズのセリフもいい感じです。
どうでもいいですがイシズとマリクが姉弟ってあまり信じられません。
どうしても闇マリクの方のイメージが強すぎるせいかもしれませんが・・・

なにはともあれ今回のような演出を楽しめるのもデュエルリンクスのいいところだと思いました。

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

イシズ対海馬の演出・名言が熱くて神回を思いだす 王家の眠る谷ネクロバレーと現世と冥界の逆転は?【遊戯王デュエルリンクス】

遊戯王デュエルリンクスイシズ・イシュタール

(0)TB(-)

AFTER「サーカスの断頭台デッキ(レベル27)がNPCなのに強いから対策を考える【遊戯王デュエルリンクス】

BEFORE「【タガタメ】聖石の追憶5-10堕ちた太陽 クエストミッション攻略&オート攻略パーティー 3人以下・3人同時撃破・コンテ無し

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top