とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 11/18

遊戯王デュエルリンクスが想像以上に面白かった!!ブルーアイズはやっぱり強い!海馬社長が楽しそうで何より!

スポンサーリンク

アップストアのランキングを見ていたら遊戯王のゲームが1位になっていて気になったのでダウンロードしたところむっちゃくちゃ面白かったという話。

遊戯王デュエルリンクス(DUEL LINKS)を始めた

fc2blog_20161118055307c43.jpg

自分の記憶が正しければデュエルリンクスって映画の設定ですよね。確かジャンプで読みました。
そんなデュエルリンクスっていうソーシャルゲームですがかなり本格的な遊戯王ゲームでした。

関連

fc2blog_201611180546595e9.jpg

最初に海馬瀬人が登場。いきなり相変わらずのテンションでびっくりしました。
この時点でゲーム自体は非常にサイバーチックで近未来的な演出がちりばめられています。


fc2blog_201611180547145a9.jpg

なんかキャラを選べるようでした。
ここは海馬しかいない!と思って海馬瀬人を選択。

だって海馬ってやっぱりかっこいい!
それにもしも彼が戦ってくれるならデュエルもあの全身全力のテンションに包まれてきっと楽しくなると思いました。


fc2blog_2016111805472907f.jpg

そしてチュートリアルではブルーアイズホワイトドラゴン(青眼の白龍)を召喚することができました。
ブルーアイズ召喚時は特殊なムービーが流れます。
昔の遊戯王OCGのCMみたいな感じでした。

やっぱりブルーアイズのデザインって神だわ。と感激しながらフィニッシュを決めてくれました。
まあ、ブルーアイズはチュートリアルの性質上確実に出ていたでしょう。

遊戯を選択していたらブラックマジシャンがこの枠だったのかもしれません。


現実世界のOCGでもブルーアイズは強化されまくって環境トップクラスと聞きます。
デュエルリンクスでも少し戦ってみましたがブルーアイズを出せれば勝てる状況は一緒でした笑

関連

THE ULTIMATE RISINGを買ったら大当りが出た!

fc2blog_20161118054743ac4.jpg

少しゲームを進めてパック「THE ULTIMATE RISING(ザ アルティメット ライジング)」を買うことができました。

fc2blog_20161118054757264.jpg

そして出たのはブルーアイズアルティメットドラゴン!!
パッケージモンスターです!!

攻撃力4500は単純に現在のゲーム内1位ではないでしょうか。

まあ、自分はブルーアイズを2体しか持っていなくておまけに融合も無いのでこのカードを使えるのは当分先でしょうがとにかく当たって嬉しかったです。


fc2blog_20161118054817609.jpg

10パック買った結果はこんな感じでした。
このパックは1パック当たり3枚のカードが入っているので30枚のカードが新たに手に入りました。

年代ですがかなり古いカードもあれば微妙に古い4大精霊の少女(のもう少し大人になったのも)のカード、儀水鏡という比較的新しいカードまで幅広く収録されていました。



fc2blog_20161118054856eee.jpg

ブルーアイズはパックでは新しく出なかったのですが
・海馬がもともと持っていた
・ボーナス的なカードとして
2枚のブルーアイズホワイトドラゴンが手に入りました。

デッキについて 強いカードとか

fc2blog_2016111805532267d.jpg

デッキは初期の海馬デッキをベースに新たに加わったカードを入れています。
内容は単純に召喚してひたすら攻撃するビートダウンですね。

ちょっと手札事故が起こりそうですがそのあたりは回転率を上げて様子を見ます。

あと、モンスターが本当に多いです。
魔法とトラップが逆に少なくて最初は不安ですが基本的に召喚して攻撃するというシンプルな戦いが今のところメインなのでデッキのモンスター・魔法・トラップの比率は今のままでよさそうです。

7つの武器を持つハンター
fc2blog_20161118055347279.jpg

ちょっと気になったモンスターで7つの武器を持つハンターというのが出ました。
選択した種族と戦う時にダメージステップの時に攻撃力が+1000されます。
つまり、倒したい相手が確実なら実質2000で戦闘を行うことが可能という素晴らしいカードです。
攻撃力のアベレージが1000あるかどうかというのが現時点でのプレイ環境だったのでこれは心強いです。
コンボも今後出てくるカード次第ではできそうでした。

立ちはだかる強敵
fc2blog_20161118055333d6e.jpg

立ちはだかる強敵も面白いです。
カードの効果を簡単に言うと戦闘の肩代わりです。
場に弱いモンスターがいても1体だけ攻撃力の高いモンスターがいればそのモンスターに全て攻撃が集中します。
高火力が売りの海馬デッキとは相性がいいと思いました。

それと相変わらず切り込み隊長はとんでもない状況に巻き込まれていますね。

デュエルリンクスの感想・気になったところ

fc2blog_20161118054924b8d.jpg

とりあえず城之内だけ倒していったんデュエルリンクスは終了しました。
ここまでの感想とか気になったところをまとめます。

操作方法が直感的
操作方法がすごく直観的だったのが印象に残りました。
多分慣れれば慣れるほどサクサク進むと思います。
また、モンスターの効果に応じて誘発効果のタイミングとかが完ぺきでした。

7つの武器を持つハンターのように種族を選択する場面でもしっかりと選択場面が出るあたりカードごとにしっかりと効果が発動できるのは驚きです。

戦いは地味 だがそれがいい!!
ぶっちゃけ戦いは地味です。
ドロー→モンスターを召喚→戦うの繰り返しでした。
でも個人的にそれが良かったです。
少し前にも自分はOCGをやりました。
その時には高速デュエルが当たり前の環境でひたすらソリティアを互いにし合うようなデュエルでした。

それはそれで楽しいのですがやはり初期らへんの雰囲気が味わえるデュエルリンクスは楽しかったです。
多分、アップデートでパックは今後追加されていくと思います。
カードの種類が増えるごとにどうしてもデュエルは高速化していくと思うのですがとりあえず今はこの環境での勝負を楽しみたいと思いました。

メインフェイズ2がない
1点だけ気になったのはメインフェイズ2がないということです。
バトルフェイズを終了したらエンドフェイズになってしまいます。
つまり、バトルの後に何か予想外のことが起こった場合、相手のターンに備えて準備をすることができません。
正直これは結構怖く、逆に勝ち筋にもつながる使用だと思いました。
メインフェイズ2での行動は自分のバトルフェイズに相手が起こすアクションによって予想外の事態が起こった場合の準備期間です。
現時点での環境ではその予想外の事態はトラップによるものかリバースモンスターによるものがほとんどだと思うのでセットしたカードには注意をしておいた方がよさそうだと思いました。

海馬のセリフが相変わらずだが・・・
fc2blog_20161118054910127.jpg

頂きました!「粉砕!玉砕!大喝采ー!」というセリフをはじめ様々なセリフを海馬に言わせることができます。
ただ、イメージしていた突進力のある感じの言い方ではなくて微妙にねっとりした感じだと思いました。

オンライン対戦について
オンライン対戦でリアルタイムで誰かとプレイできるそうです。
これは昔あったパソコンゲーム(公式)と似ていますね。
ただ、現時点では完全に生贄(リリース)無しで召喚できるモンスターのうち、攻撃力が高いモンスターを持っているプレイヤーが有利だと思うので自分はカードをもう少し揃えてから戦いたいと思いました。


遊戯王の思い出とプレイヤーネーム

最後に遊戯王OCGの身の上話を。
自分は遊戯王を第四期~エクシーズ初期辺りまでやったり辞めたりを繰り返していました。
多分一番熱中していたのはネフティスの鳳凰神がでたところからスターダストドラゴンが出たら当たりまでだと思います。

その中で様々デッキを使いました。
・サイカリバースタン
・帝
・ネフライダー
・ホルスロック
・ドラゴン族 などなど
です。
多分思い出せばまだまだ出てくるでしょう。

そんな中、一番のお気に入りモンスターはホルスの黒炎竜でした。
その強さはもちろんの事、絵の特別感とか出した時の切り札感とかが大好きでした。

そんなホルスの名前をプレイヤー名に入れています。

いつかデュエルリンクスでもホルスのパックが出たらホルスロックとかを作ってみたいと思いました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

遊戯王デュエルリンクスが想像以上に面白かった!!ブルーアイズはやっぱり強い!海馬社長が楽しそうで何より!

遊戯王デュエルリンクスDUELLINKSソシャゲアプリ

(0)TB(-)

AFTER「【白猫テニス】塔100階到達!!攻略のコツ「ボレー」、勝つためのパーティーとギアの重要性!エクセリアが可愛くて強かった

BEFORE「【タガタメ】エクストラ・極「亡国の蜥蜴、その意思」攻略 傭兵無し・コンテ無し

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top