とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 11/14

三虎のフルコースで思い出すユダの記憶 トリコの結婚式が総集編だった ネタバレ

スポンサーリンク

トリコの395話を読みましたがどうやら次回最終回のようです。
分かっていた、、分かっていたんです。結構前から最終決戦ですし、前回もきれいに収まりましたし。
でも、いざ最終回ってなるとやっぱり衝撃は大きいです。そして寂しい!

そんなトリコの395話で思ったこととかを書いていきます。

三虎のフルコース

食没の岬に供えられた料理から三虎のフルコースが出てきました。

fc2blog_20161114153803cea.jpg 
上の画像のような感じです。
これを見てしょぼい…なんてことは思いません。膳王ユダのフルコースが公開された時、フルコースはその人にとって思い入れがあったり、何かを決心するための物であったりと様々ということを知ったからです。
そもそも終盤でフルコースというのはもともとその人によって決まっていたみたいなことを言われていました。

魂の三虎がトリコにフルコースを託したところを見るとこれが正真正銘の三虎のフルコースなのでしょう。

気になるフルコースの内容ですが多分昔、アカシアやフローゼ、一龍と次郎とともに食べたモノっぽいですがその時の絵を確認できません。

前菜:右側にある久ジャガイモとか?
スープ:不明
魚料理:ホタテっぽいやつ
肉料理:羊と魚が合わさったようなやつ
メイン:なんかの足のモモ肉 爬虫類っぽいです
サラダ:パイナップル
デザート:バナナや桃のようなフルーツ?
ドリンク:不明

という感じで7種類のフルコースに対して出ている食材が多いのでちょっと判別しにくかったです。
多分どれかの材料を組み合わせて料理を作るのでしょう。

いろいろな情報による付加価値がトリコの食材の世界でも付いてしまっていると思うのですがそんな中で純粋に食を楽しもうとしていたのは三虎だったのかもしれないと395話でふと思いました。

トリコの結婚式

前にトリコがリンと結婚することを誓っていましたがその通りになりました。
カップリングがこの上なくしっくしりた感じだと思いました。

そして、この結婚式は今までトリコの食べたフルコースをこれまた今まで出てきた人たちにふるまうという総集編みたいな感じのものです。

料理を通して一番最初からトリコの物語を振り返るのはこの漫画っぽくていいなぁと思いました。

それフルコース以外にも思い出深い食材はフルコースの付け合せとして登場していました。


センチュリースープ
フルコースのスープでセンチュリースープが登場していたのですがセンチュリースープの回想が良かったです。

大富豪の100億から始まってグルメショーウィンドウ、最後にしないという小松の決心、後ろにいる最後の食材であるユンの唾液とそういえばこんな展開もあったなぁと思い出しました。
ユンは最近見ないのですが多分小松が大事にしていると思われます。

薬膳餅
小松が膳王ユダに「天才じゃったか…」と言わせた簡単な調理方法でおそらく調理された薬膳餅も出てきました。
当時のユダのセリフも出てきてうれしかったです。

フグ鯨
毒抜きが早い!!
それよりも大事なのはフグ鯨が登場する周期です。
最初にトリコたちがフグ鯨を食べてから10年後でないとフグ鯨は現れないのでもしも、今でもその周期通りにしかフグ鯨が取れないのであればトリコの結婚式は最初に次郎やGTロボのスタージュンと会った時より10年経っていたということが分かります。

ネオ
ネオが普通に結婚式に呼ばれていてびっくりしました。
トリコに前回食料を分けてもらってから多分ネオの中で大きな変化があったのでしょう。
しかも四天王と相席なのがさらにびっくりです。

GOD
GODがメインとして出てきましたが、あれ…あのカエルは???って感じで出てきたのは地球を半分に切ったような料理でした。
多分しっかり調理するとああなるのでしょう。地球の旨みを食べつくしていたカエルですし。

よくよく考えたら神の食材なので普通の料理ではなくこういった「???」って想像しにくい料理になっていた方がそれっぽいです。

オゾン草
オゾン草の回想ではトリコが小松に「オゾン草を無事に獲ったら お前に言いたいことがある…」って前振りが出ていましたがこれがプロポーズ過ぎて当時は衝撃を受けました。

ビリオンバード
プロの家畜過ぎてどうなのかな~と当時思っていたのですが感謝によって姿を変えて産み落とされた卵のシーンは普通に良いと思いました。

トリコ完結か… ジャンプの希望はもうあの人しかいないかも

地球が大ダメージを喰らってからネオが出てくるまではいろいろな設定が多くてちょっと展開とか忘れてしまいましたが終盤のガチバトルだったり、今回(395話)を含めた最終回手前は面白かったです。
多分読み返せば気になるところとか出てくると思うのですが終わり際は本当に「完結」って感じがしました。

それに最後の方の三虎の魂の登場、若返っていく姿も名シーンの予感です。
アカシアたちが食べているテーブルが豪華な結婚式と対照的に昔のこじんまりした茶舞台というのも多分トリコの希望だったのでしょう。

次回最終回ですが白鬼が言っていたようにトリコの中ではまだまだ食材の探求は終わらないと思います。

これで今年というか2016年の下半期に入ってから大型の連載がどんどん終了していってかなり寂しいです。
ブリーチはなんだかんだ言って次々に巻き起こる展開が癖になりましたし、こち亀はあって当たり前だと思っていた漫画、トリコもバトル漫画と世界観の広さが好きな漫画でした。

他にも連載されているマンガは面白かったりするのですがやっぱり寂しい、空しいものはしょうがないです。

これで長寿漫画はワンピースと銀魂だけになってしまいました。

あれ…

思い出せ…

まだある…

あの長寿連載漫画が…

お願いします

冨樫先生

帰ってきてください
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

三虎のフルコースで思い出すユダの記憶 トリコの結婚式が総集編だった ネタバレ

漫画感想週刊少年ジャンプトリコネタバレ

(0)TB(-)

AFTER「「LILY」感想 こんなに可愛い娘が女の子のはずない! 無料漫画・ネタバレ

BEFORE「読みにくい文だし誤字脱字多いし… 記事を一発で書けるようになりたい!!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top