とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 11/14

読みにくい文だし誤字脱字多いし… 記事を一発で書けるようになりたい!!

スポンサーリンク

たまに書いた記事を読み返すことがあるのですが誤字や脱字が珍しくないです。

あーあーやっちゃったなぁ

と思いつつ気づいたら直したりするのですが確認できていないだけで多分まだまだ誤字や脱字がある記事はたくさん存在するでしょう。

そんな、記事文章のミスに関しての反省とか振り返ってみます。

PAK85_pentonote20140313000808_TP_V.jpg


誤字や脱字が多い…

先ほども書きましたが誤字や脱字が多いとそれだけでも読みにくいです。
しかも、正常な文や用語を書いているはずなのに同一記事内に誤字や脱字があればその正常な部分も大丈夫なんのか?と疑いながら読むことが多いと思います。

正直そのようなミスがあるだけで経験上は文字が頭に入ってきにくくなります。
これが多数派か少数派かわからないのですが多分自分だけというわけではないので少なからず文を流して読んでしまったりストレスを与えてしまっていることがあると思います。

自分は記事を書くときに見出しとかはある程度考えてから書くのですが書き始めたら頭の中に浮かんだ言葉をとにかく書きまくっているだけなのでどうしても変なミスが出てきてしまいます。

ただ、ミスが出てから気づいて直すまでに投稿してしまったりすることが多く、それが残念です。

記事を投稿して少し経ってミスのある記事が100pv以上、つまり100回以上見られたりするとやっぱりショックです。
100pvが多いか少ないかとかは関係なく、見てくれたことも本当にうれしいです。
でもその記事に至らぬミスがあったらそれだけ多くの回数ミスも見られたということにもなります。
そうなってしまえばいくら後で修正したところで記事に対する信用は低くなってしまうと思います。

じゃあ直せば?

じゃあそんなうじうじ後で思っているくらいならちゃんとチェックすればいいだけなのですがこれが意外と難しい・・・
推敲する時もありますが勢いのまま書いて勢いのまま投稿することの方が多いです。
この癖は直したいのですがなかなか直らないです。
今回のような記事を書いた後だとしても多分厳しいでしょう。

記事の推敲はライティング画面でするのが一番ですがその画面ってどうしても文字を流して読んでしまいがちだったり漢字も大丈夫だと無意識に思ってチェックしてしまいます。
ただ、少し時間を置いて読んだら「あれっ これ違うぞ・・・!!」って気づきます。

こういうところも含めてチェックが甘いなぁと感じる場面が多いです。

誤字脱字の対策は?

最後の推敲が無理なら書きながらチェックすればいい!!
個人的にはこの方法に行きつきました。
文章を2~3文書いたらその都度チェックするのです。
というか少し前からこういうやり方をやってちょっとはマシになりました。
昔はもっとひどかったですし。

まとめて推敲するとどうしてもミスを見逃しがちですがある程度書いてほんのわずかな時間を取って直前付近の文を確認するのが一番の誤字脱字対策だと思いました。

まあ、一発目の文をしっかりと書けるのに越したことはないのですが。

読みにくいぞ!!

あと、最近は誤字脱字よりも分の読みにくさが目につくことが多いです。
これも後から記事を見直した場合に気付くのですが例えば

~したり、~することがあり、~思ったので、~こうであり、~です
~ですが、~こうだったのですが~、なのですが、~だと思いました
さらに~。さらに~。さらに~。

こんな感じです。

最初の「したり~」っていうのはとにかく長いですし韻が気持ち悪いです。
しかも分のどことどこが係っているのかわかりにくい!

次の「ですが~」は おいおい、逆説の逆説かよ!って自分で突っ込みたくなる文でこれも何が大事なのか伝わりにくいです。

最後の「さらに~」というのは「しかし」や「また」でも当てはまりますが同じような接続詞が続くと読んでいて鬱陶しいです。

読みにくさの対策

これらは読みにくさにつながってしまういます。
対策としては
・文を切る。
・他の接続詞を使う
の2つだけでしょう。

特に文を切るのは大事で「。」をもっと徹底的に活用していきたいです。
また、すでに書いた段落というか文のまとまりに文を追加するときに接続詞の重複が起きやすいので前後の文の注意が大切でしょう。


文の読みにくさ、誤字脱字の対策まとめ

誤字脱字の対策→直前の文をチェックしていく。そもそも最初っからミスしないように気を付ける。
文の読みにくさの対策→文を切って、接続詞に注意する。
という結論に至りました。
結論に至ったというよりは今まで少し意識していた事の再確認です。

本当はこれらの対策を徹底していきたいのですが多分少しずつしか変わっていかないと思うので当分はまた修正をちまちましていくことになるでしょう(そもそもこの記事自体に誤字脱字がある可能性も)。

ただ、文を切るというのは早急にできることなのでしばらくはこの癖を身につけることを優先していこうと思いました。

あと、予測変換をもっと調教した過ぎると感じる場面が多いです。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

読みにくい文だし誤字脱字多いし… 記事を一発で書けるようになりたい!!

ブログ文章記事読みにくさ誤字・脱字推敲

(0)TB(-)

AFTER「三虎のフルコースで思い出すユダの記憶 トリコの結婚式が総集編だった ネタバレ

BEFORE「食戟のソーマの中華研の坊主達がいいキャラ過ぎる!(ネタバレ)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top