とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 11/10

「このゆびとまれ」とかいう天才子役の漫画について 無料感想・ネタバレあらすじ

スポンサーリンク


暇潰ししたい!、無料で漫画を読みまくりたい!って人向けにまとめました。
 【オススメ】無料で読める面白いWEB漫画サイト・マンガアプリの作品まとめ一覧【迷ったらコレ!】

天才子役の少女が主人公の「このゆびとまれ」という漫画を読みました。
子役が主人公というのはどうなのかなぁと思っていたのですが予想以上に面白かったです。
例によってピッコマというアプリの無料連載されている分を読んだだけでまだ全ての話を読んでいません。
ただ、いろいろと書きたいところが出てくるので一通り思ったことを書いていこうと思います。ネタバレ有です。


このゆびとまれ」とは

fc2blog_20161110194317b7b.jpg

これが子役のホンネだ!!
超人気子役・藤江恵那は毎日お仕事で大忙し!!・・・
とあるように主人公の藤江恵那という少女は子役です。
そして、子役はかなり大変なようで恵那は心の中では大人びていて腹黒の面を見せることもある、けれども求められているのは普通の子供以上の子供らしさ。
そんな特殊な状況にいる恵那が見せる様々な表情とか腹の底に抱えた思いとかがやみつきになります。

藤江恵那

fc2blog_20161110194337515.jpg
このゆびとまれ」の主人公。
小学一年生ながら語彙力とか考えとかは大人顔負けで年齢を忘れてしまいました。
表向きは無邪気な少女。



fc2blog_20161110194354a29.jpg

ただ、ひとたびマネージャーや親以外の人間がいなくなるとストレスのせいか荒々しくて腹黒い麺を全開していきます。
最初は「うわぁ」と思ったのですが読んでいくうちにこのギャップがたまらなくなりました。

それにいわゆるこの時の顔が彼女の本音が現れたもので本当に恵那が思っていたことを知ることができます。
そしてこのOFFモードの時に見せる裏表のない笑顔は癒されました。

怒った顔や笑顔の他に調子に乗った顔、相手を品定めする顔、したり顔、悪巧みする顔などいろいろな表情を見せてくれます。
どれも魅力的でした。そしてなによりプロ根性がすごい!本当に小学一年生なのか・・・
転生を繰り返しているような少女です。

ちなみに「このゆびとまれ」は漫画の性質上テレビ番組や芸能人が出てきてそのモデルらしき実在の存在もあります。
恵那の場合は誰かも出るとかいるのか気になりました。
女子の天才子役ということで芦田愛菜ちゃんがモデル化と思ったのですがそれにしては恵那の年齢はもう少し幼いと思いました。

本当は恵那「さん」と書きたいレベルですが今回は敬称略で行きます。

田代

fc2blog_20161110194415988.jpg
藤江恵那のマネージャー。
恵那にとことんこき使われていますが本人は別に苦じゃなさそうなところに彼の性格を垣間見ることができます。
恵那に日々どやされながらもなんだかんだ言って仕事をどんどんとってきて恵那に尽くしていました。

ETP(恵那's タレント ポイント)

E(恵那's)T(タレント)P(ポイント)と言って恵那が見た人物のタレントとしての魅力を数値化したものが存在します。
いわゆる芸能界の戦闘力みたいなものです。
ぶっちゃけ適当でしょ?って思ってしまうのですが話の展開的に案外正しいかもと思うことが多いです。
恵那は末恐ろしいですね・・・

各話の感想 あらすじ・ネタバレ

ここからは11話までの感想を1話ずつ短めに書いていこうと思います。
その先の話を書くかどうかは未定で11話はアプリで初日に無料で一気に読める話数です。
単行本1冊以上分ですね。
各話は前半と後半にわかれているのが特徴です。とりあえず1話というのはピッコマ基準で前半+後半として扱います。

あと、タレントやテレビ番組は実在のモデルがあると思いますが自分が芸能に疎いので把握できる人物・番組は限られています…


1話 少女のデッカイ夢☆ なりきるココロ
「あったり前じゃーん!」と言って水鉄砲を田代に向ける表情がいい感じ。
そんな恵那ですが田代が芋虫役を取ってきてそれに不服な恵那ですが一度やると言った仕事ややるというプロ根性を見せてくれます。
なんだかんだ言って田代のフォローがあってやる気を取り戻した恵那は見事にピンチをチャンスに変えました。
最初に大物になるかもしれないと田代は予見していましたがその可能性は十分にありそうです。

2話 VSグラドル 高感度アップ法
ETPが低いグラドル、玉置陽子に軽くあしらわれてイラつく恵那。
哲子の部屋っぽい番組で共演するときに胸の事を純粋を装って聞いたという倍(どころじゃない)返しを披露。どうやら玉置陽子は胸にスキャンダルがあるみたいです。まあそれ以外にもスキャンダルは多そうですが。
この発言で2chっぽい掲示板の実況は大盛り上がり。
スキャンダルの知識ととっさの切り返しの凄さが存分に発揮されていました。

後半がガチの実力者が登場。
向井由起という大女優が登場しました。
ただ、この人物、人使いが荒く傍若無人っぷりを発揮。
そんな由起がいると逆にやりやすいと居心地を感じる恵那。悪い空気を見事くしゃみで打ち壊して好感度アップにつなげました。
それを把握していた松田という男。ETP79というとんでもない人物です。
つかみどころがない恵那が今後警戒していくことになる人でした。

3話 ワンダーランド 火付け役
恵那と松田はトランプでババ抜きをやっていました。
そして、松田は恵那に連勝を重ねています。
そんな松田は恵那に心の読み合いのヒントを与え、とうとう恵那は勝ちましたがどうやらそれは勝たせてもらった疑惑のある勝負でした。恵那がガチで悔しがる貴重な回ですがそれにしても松田のラスボス感がすごいです。

クヌギちゃんというゴールデン初進出のピン芸人が登場。
ETPが8で数字の通り、番組では司会者に見捨てられてしまいますが飛び火してしまった恵那がクヌギちゃん一発ギャグ「さっぱりパリス」を使用して形勢逆転します。
その後、クヌギちゃんのさっぱりパリスは一気にブレイクしますがその発端の恵那の力量は半端ないです。

4話 アウトオブ眼中 田代の期待
同じ女子子役である美蘭が出てきます。そして指揮(たくと)という男子子役も登場。
指揮は福君っぽい気もします。
美蘭はことあるごとに恵那に突っかかりますが恵那は眼中にないようです。
ただ、3人ともカメラが回った瞬間しっかりとポーズをとるあたりプロでした。
「他人のやっかみってきんもちーっ!!」っていう発言は流れ含めてみていて気持ちよかったです。
恵那のこういうところはほんとカッコイイ!!

後半は何か言いたげな田代。
どうやら田代の誕生日のようでプレゼントを期待していたようです。
恵那は気づいていないふりをしてましたが最終的に肩たたき券(恵那の)をくれました。
()の中が気になりますがちょっとほっこりする話です。

5話 いただきます! 九九言える?
脳内クッキングアイドルまいんちゃんを披露してくれました。
そういえば「子供」って言われるのをすごい嫌っているのが恵那ですが今回はそれをフル活用してきました。
一人負けという美味しい役を演出したのですがその流れを作るまでの恵那の行動がさすがでした。

後半は九九を覚えている振りをしていた恵那に小言を言う向井由起。
再登場で相変わらずな雰囲気ですが今回は九九の語呂合わせで恩人を思い出してしまったようで一気に雰囲気が変わりました。
由起さんはいろいろ言ってきますが恵那とは対照的に案外裏表がない人なのかもしれません。

6話 田代の出番 藤江家の朝
田代活躍回。
特技のヨーヨーを披露するのですが恵那の見せ場を奪ったことで最終的に恵那に痛い目を視させられてしまいました。

後半は恵那のお父さんが登場。
朝っぱらから筋トレをしていました。
そして恵那はかなり料理ができるようで朝食を作ります。自分のだけ。
恵那は父親のことが相当気に入らないようで冷たく接していますが当の父親は娘離れを全くしていない様子です。
まあ、普通は小1に反抗期はまだ早いですもんね。

7話 癒しのセット
動物+子供は最強!!というのが鉄板です。
恵那は柴犬の仔犬らしき犬と接する機会があったようですが彼女はどうやら動物が苦手なようです。
それでもそこはプロ。
しっかりと自分の役割をこなしました。
ただ、逆にそれが受けてしまい動物番組の出演をすることに・・・
一生懸命にやるのは素晴らしいのに実力が高すぎて裏目に出てしまいました。

後半はその動物番組「平凡!市村どうぶつ園」という番組に出ました。
志村動物園がモデルですね。
ちなみにここで恵那は猫の格好をするのですがすごくかわいいです。
あと、女子お笑いコンビの「バトン」が登場。
ハリセンボンがモデルですが「天然の容姿でイジられ役と汚れ役を一手に担う使い勝手ナンバーワンの女性コンビ」という短くても的確な説明にフフッってなってしまいました。

8話 スターの共通性 クランクアップ
松田ロリコン疑惑。
ちょっと不穏な空気も出ていましたが恵那は恵那で松田の底の知れなさを把握しています。
そして蚊帳の外っぽい田代は相変わらずでした。

ドラマの撮影が後半でした。
文句を言いつつ、セリフを言う直前の表情の切り替わりがかっこいいです。
そして、発言通りに天才っぷりを発揮しました。
涙のクランクアップとは対照的に楽屋に戻った恵那はランドセルに突っ込みを入れています。

9話 コレクション! プーン!
お笑い四天王の一角、松鶴亭剃瓶が登場しました。
笑福亭鶴瓶師匠がどう考えてもモデルです。ETPも90以上とさすが。それにしても他の四天王が気になります。さんま、タモリっぽい人はいるのですがあと一人は誰でしょう。
恵那'Sコンパクトという謎の演出をし、剃瓶をキャッチしました。どうやら名前を打っておこうと思った人物にはこのコンパクトを使うようです。そして、その流れを作るまでの恵那の行動の周到さ、表情の移り変わりのリアルさがすごいです。

後半は恵那が蚊に刺されまいと田代を生贄に捧げます。
状況がひたすら危ない展開でした。

10話 ナゾナゾ デキる男
プリンを買ってくるように田代に言ったのにゼリーを買ってきて恵那は御立腹でした。
反撃なのか「恵那さんはまるで一段ずつ下げたみたいですね」と言われてその意味が分かった恵那はさらに怒りモードになりました。
「え」→「お」、「な」→「に」で鬼という意味だったのですが恵那も子供の鬼の格好のイメージでそのまま田代に襲い掛かりました。
しかしこの話の一番の見どころが恵那の子鬼コスチュームです。

佐藤という新しいマネージャーが恵那につきました。
この佐藤という人物ですがとにかくハイスペック。
恵那も不自由なく芸能活動をできますがどこか空しい感じがします。
結局、田代は胃潰瘍で入院していただけ見たいです。
うーん、ストレスたまっていたんですね。
そんな田代の復帰に恵那が心なしか嬉しそうなところが印象的な話でした。

11話 一流子役
時代が私を見つけたんじゃない 私こそが時代なのだよ
主演ドラマのオファーが来た恵那が本気顔を見せてくれました。
クールを装っているようですが実際は相当にんまり。
まだ、決定事項の確認だけですが恵那の迫力ある表情とイメージを見ることができました。

そして、撮影現場の後半。
そこには美蘭がいて、トイレで一悶着ありました。
美蘭は恵那のほっぺをつねりますが顔をやめろと圧倒。
まあ顔に傷がついたら一大事でしょうし、少しの痣さえも多分恵那の主義的には許せないのでしょう。
新しい男子子役の太陽とちょっとふくよかな少年も登場。
太陽はいきなり恵那と美蘭を口説きだしますし、ふくよかな少年は差し入れを独り占め。
恵那はかつて見たことがないレベルで怒って烏合の衆扱いしていますが今後撮影がどうなるのか気になります。

まとめ 天才恵那の活躍から目が離せない!

ただの腹黒ではなく、すごくストイックな恵那。
天才子役と言われていますが努力もしっかりしていてやるときはやるというある意味超正統派主人公です。
年齢を忘れさせるほどの大人顔負けの思考力も見ていて飽きません。むしろ怖いほどでした。
そしてやっぱりかわいい!!特に人目につかないときや内面でのいろいろな表情が素晴らしいです。
そんな天才子役の恵那の活躍から目が離せない漫画でした。

暇潰ししたい!、無料で漫画を読みまくりたい!って人向けにまとめました。

合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

「このゆびとまれ」とかいう天才子役の漫画について 無料感想・ネタバレあらすじ

このゆびとまれ漫画感想考察無料ネタバレ

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】3章1話攻略感想 氷ステージの雰囲気が最高だった

BEFORE「隣人のカッパ男と引きこもり、そして人類滅亡へ 「観察人間・生存人間」感想・ネタバレ・あらすじ 最終話まで

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top