とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 10/28

【DL不要】「Fotor」で無料の画像加工・写真編集をしてみる! コラージュ・文字入れ・Twitterカバー作成【PR】

スポンサーリンク

こんにちは。

いきなりですが自分はこのブログで記事を書くときにどうしても家でできない!なんてときがあります。
そういう時ってそもそもほとんどの場合はブログを書いたりしないんですがたまに漫画喫茶とかで更新はしていました。

実際に漫画喫茶など所有物以外のPCが使える場所でブログを更新したことが何度かあります。

でも、外でブログ更新するときにヒジョーに辛かったことがあります。


それは画像加工写真編集

漫画喫茶とかのパソコンってペイントのソフトが入っていないことが多いんですよね。なので画像加工サイトを使おうとしたのですがなんだか海外のよくわからないサイトの紹介とかが多くて結局画像は使わずに記事投稿をするなんてことも・・・


前置きが長くなりました。

今回の記事はFotorオンライン版)」という画像加工・編集サイトについてです。

Fotorというサイトはダウンロード不要・無料・画像加工可能・日本語!!と当時の自分が知っていたら間違いなく使っていたであろうサイトです。このサイトの話を聞いた時はぜひとも記事にしたい!!と思いました。



そして、このFotorというサイト、画像加工も当たり前のようにできるのですが真の凄さはそのハイセンスな機能です。

そんなFotorについて今回は紹介していこうと思います。

目次としましては
Fotor(オンライン版)とは 無料でどこまでできる?
コラージュ機能の使い方・使用感(レビュー)
文字入れ機能の使い方・使用感(レビュー)
Twitterカバー作成機能・使用感(レビュー)
全体のまとめ

となっております。


Fotor(オンライン版)とは 無料でどこまでできる?


Fotorとはオンラインで使用できる画像加工・編集サイトです。
画像加工や編集って聞くとトリミングしたり拡大縮小したり色彩の強弱を調整したりとそんなイメージがあると思います。

もちろんFotorではこのような加工と編集は可能でした。

でも、このサイトはそれだけじゃない!!

とにかくオシャレ!SNSで見栄えを良くしたり、そのままポスト写真の加工ができたりとひたすらセンスのいい画像加工をすることができるという印象です。


普通に撮った写真が何かのポスターみたいに手軽に加工することができました。

Twitterでいつのも画像をさらに見栄え良くするのも良し、インスタグラムで一歩先のビジュアルを公開するも良し。
自分のようなブロガーは旅行に行った、ちょっと珍しい料理を食べてきた、そんな記事のためにアイキャッチ画像を作るのに使うのもいいかもしれません。もちろん、かつての自分のように漫画喫茶とかで記事のために画像をトリミング・サイズ変更だけするのもあり。

初心者でも普通に操作することが可能でした。

Fotorでは画像加工も写真編集も自分の使い方次第で様々な場面で活躍する事ができます。

無料版はどこまで?
Fotorは無料で使用することが可能です。
ただ、特定のアイテムを使う時には有料版を使う必要があります。

ダイヤのマークがついているアイテムは有料版限定でそれ以外はサイトにアクセスすれば使うことが可能。

文章だけでは伝わりにくいですよね。
実際にどこまで無料でできるのかこれから説明していきます。

コラージュ機能の使い方・使用感(レビュー)

まずはコラージュ機能というものを試していきます。
コラージュといっても顔と体をくっつけたりするようなものではないです。

そのあたりの説明を含めて使い方や使用感を書いていきます。

コラージュ機能(リンク)のページにアクセスすると
fotor.png

このような画面が出てきます。

「今すぐ始める!」という部分をクリックすれば編集画面に入ります。


クラシックコラージュ
fotor2.pngでは一番左のツールバーの中で一番上のクラシックコラージュを使ってみます。 
クラシックコラージュは9×8の基本枠があります。

今回は一番最初に出てくる枠を使用しました。

点線で4つの四角形に区切られていますがこの四角形ごとに写真を貼り付けることが可能です。
(四角形内の×印をクリックすれば不必要な四角形を消すことができますむ)

どのように画像を張り付けるかというと
①クラシックコラージュを選択し、使いたい枠を選ぶ
②フレーム内の四角形をクリック
③その後、少し上のツールバーの「開く」メニューを選択
の3つの手順です。

「開く」を選択した後、自分のパソコン内のフォルダが開くのでコラージュに使いたい写真・画像を選択します。



fotor3.png 
上の画像は昔青春18きっぷで水郡線に乗って郡山に行った時の画像です。
(このブログでは貴重な外出時の写真!!)

これだけでもいいですが、ぶっちゃけつまんないですね。

なのでここから加工していきましょう。


画像加工
fotor5.png 
その前に編集画面について少し振り返ってみます。
上の画像の左側の緑色で囲った部分は画像を保存する前にツールとして使うことができます。
上から2、3、4番目に切り替える場合は一旦画像を保存する必要があります。

左の緑色内は上から
・クリップアート:様々なアイテムの絵を挿入することができます
・シェープ:ラインと基本図形の挿入
・テキスト挿入:カラー、フォント、透明度、レイヤーを選択可能
・タイルの追加:写真の後ろを白以外に変更することができます。

また、右の緑枠はすでに使用した写真が追加されています。(フォトバスケットと言います)
これらは再び使用するときにドラッグ&ドロップで四角形に挿入することができます。

というわけで加工してみます。

fotor6.png 

こんな感じに加工することができました。

・・・・

・・・・・・

まあ、センスはこれから磨いていきます。

今回施した加工は
・水郡線の文字を左上に、左下に郡山の文字を挿入
・右下に旅行バッグのクリップアートを
・水をイメージしたタイルを使用
です。

ちなみにタイルですが上の画像の左に一覧があります。
オレンジで囲ったのは有料版(ダイヤのシルエット)なので今回はそれ以外のタイルを使用しました。

加工した写真・画像の保存
fotor7.png 
保存は上のツールバーからすることができます。
タイトルを付けた後に保存する際の拡張子をjpgかpngから選ぶことができます
ちなみにjpgはクオリティによってノイズが出てしまいます。
pngは可逆保存なので拡大縮小してもノイズは発生しません。

今回はjpgで保存しました。クオリティはノーマル・ハイクオリティ・プレミアムから選択可能です。

自分はハイクオリティを選択。

その後、パソコンに保存するかドロップブックスに送るか印刷するか選択します。


これで一連の画像加工は終了しました。

ARTISTIC COLLAGE
では残りの3つの各タイプも見ていきましょう。
一番左のツールバーの上から2つ目から4つ目までです。

その中の2つ目のARTISTIC COLLAGEは↓こんな感じになります。

fotor8.png 

先ほど水郡線の画像を使いましたがその行き先である会津若松の名所の一つ鶴ヶ城からの景色です。

このARTISTIC COLLAGEは非常にシンプルなコラージュでかなり操作が楽でした。
また、もともと基本的なフレームに文字が入っていてその文字を書き換えることが可能です。

ファンキーコラージュ

ファンキーコラージュはその名前の通り少し奇抜な枠ばかりです

誰かへのメッセージとかで使うのがいいでしょう。

fotor1.png

使用イメージはこんな感じ。
せっかくなので奇抜なフレームを使ってみました。

素材は鶴ヶ城関連のお城本体以外の風景です。

実際はそうでなくても何気ない写真がロマンティックになるかも!!??

フォトフレーム
最後のフレームはフォトフレーム

シンプルイズベスト!!って感じのフレームです。

fotor10.png

写真のメッセージ性がほぼ全てなので渾身の写真に使いましょう。



以上がコラージュ加工でした。
今回は
・クラシックコラージュ
・ARTISTIC COLLAGE
・ファンキーコラージュ
・フォトフレーム
のコラージュを使ったのですがこらのコラージュそれぞれに対して
・クリップアート
・シェープ
・テキスト挿入
・タイルの追加

を使用することができます。


文字入れ機能の使い方・使用感(レビュー)

お次は文字入れ機能(クリックでリンク)を使っていきます。
この文字入れ機能ですがオンラインで使えるペイントという感じで個人的には相当うれしいサービスでした。
ただ、ペイントよりも写真加工に特化していました。

fotor11.png 
リンク先に行ったら「今すぐ始める!」という部分をクリックすればこちらも編集画面に切り替わります。

では早速画像を加工していきましょう。

画像加工 基本調整
fotor12.png 
題材に選んだのはパスタ!!
3種のチーズを使ったクリームパスタです。美味しかった―!!って言いたいところですがこのままではまだ良さが伝わらないですね。

一番左のツールバーの一番上が基本調整です。(赤枠)

また、右の赤枠は今回使用した写真とサイトオリジナル画像があり、これもドラッグ&ドロップで編集対象にすることができます。

メニューについて簡単に説明します。
・切り取り→普通にマウスで操作して切り取る場合とアイパッド用やはがき用に一発で切り取る機能、サイズ指定の切り取り機能があります。

・回転→文字通り回転。

・カラーレベル→全体の明暗を調整できます。

・色調整→色温度とトーンを調整します。カーソルを使うので徐々にカーソルをずらしながらしっくりくるところで止めましょう。

・色調調整→RGB(赤緑青)の調整。二次平面の定点を動かすことで連動した3色の調整をすることができます。

・リサイズ→画像全体のサイズ変更ができます。


以上の要素の内、明暗を中心に微調整をした結果がこれです。↓

fotor13.png

ではここからさらに加工していきましょう。

効果
fotor14.png 

お次は効果について試していきます。
個人的にここが相当すごい気がしてダイヤモンドマーク(有料)は多いですがそれを除いても多くの加工パターンを選ぶことができます。

画像には映っていませんが効果の種類は下に続いています。
また、画像にある各種メニューには黒の逆三角形(▼)が表示されています。
これは各々のメニューに対して様々な効果があることを示しています。

なのでどの効果を選ぶのか迷うほど選択肢がありました。

今回は「クラシック」の内の「RED WASH」を使います。

fotor15.png

微妙に赤みがかかっていい感じになりました。

ビューティー
fotor16.png 

ビューティー機能は人物がいない使えないのですがこれも種類豊富。
とりあえずシワとかシミは一切に気にしなくても良さそうです。

こちらもまだまだメニューは下に続きます。

フレーム
写真の外枠にもこだわってみます。
fotor17.png 
フレーム選択はほとんどが有料版ですが今回自分は「シンプルフレーム」という無料フレームを使用しました。
シンプルフレームでも種類は豊富です。

こちらも画像に無いだけでフレームは画像のメニュー以外にもまだまだあります。


クリップアート
fotor18.png

クリップアートヤバい!!種類多すぎてヤバいです!

ダイヤモンドマーク以外にも相当選択肢があってびっくりしました。

今回は「ディナー」から「LET’S EAT」を選んで左下に文字を入れます。

これを入れるだけでなんか表紙っぽくなりますね。何の表紙かわかりませんが笑 
個人的には生活系のアイキャッチ画像に選択すると見栄えが良くなりそうだと思いました。

文字挿入
fotor19.png 
最後に文字挿入をします。
文字挿入は「T」を選択することで可能なのです。

文字のフォントについてはアルファベットなら変更可能です。

フォントの種類も非常に多くておしゃれなものもたくさん選べます。

というわけで今回は英語表記にしてパスタのメニュー名を載せておきました。



いかがでしょうか。

撮ったばかりの写真はどこか芋くさかったのですが加工を重ねるごとになんだかオシャレ度がアップしました。

Twitterカバー作成機能・使用感(レビュー)

最後はtwitterのカバー作成(クリックでリンク)に関する編集・加工です。

fotor20.png 
こちらも「今すぐ始める!」をクリックして編集ページにいきます。

テンプレ選択
fotor21.png

最初にテンプレを選択できるのですがお気づきでしょうか。
赤丸の部分。

そう、このテンプレートもまた種類が果てしなく豊富でした。

fotor23.png 

赤っぽいピンクと水色を基調としたテンプレでした。


クリップアート
fotor24.png 
少しさみしいのでクリップアートを施してみます。
テーマは「オフィス」でちょっとブログ・ITっぽいクリップアートを選んでみました。

シェープ・テキスト
シェープという図形とテキストを挿入することもできます。
ただ、今回の素材の場合はどちらも合わないと思ったので割愛します。

追加するタイルの背景
fotor25.png 
最後にタイルの背景を追加します。
このテンプレに背景ってあるの?と思ったのですがどうやら水色部分が背景だったようです。

少しわかりにくいと思いますが靄のかかった薄いエメラルドグリーンのタイルを追加しました。


今回はtwitterのカバーの作成を行いました。

正直まだ使いだしたばっかりでこれよりももっといいカバーが出来そうな気がします。

この記事では使用感を確かめるために使ったのですが納得のいくものができるまで今後は試行錯誤していくのも面白いと思いました。

まとめ Fotorを使った感想

画像加工・写真編集のオンライン版Fotorというサイトについて紹介しました。

このサイトでは
の3つの機能がメインとなっています。

コラージュ機能は複数の画像を一つ集めたり、メッセージを挿入することが可能でした。

文字入れ機能はペイントみたいな感じで使えて、さらに細かい色の調整などに特化している様子です。

twitterのカバー機能は使用者のセンスが可なり問われてくると思いますがうまく使えばオリジナルの素晴らしいカバーが出来上がると思います

何度も書きますがやっぱり自分の場合は外でどうしても画像加工したい!けれどもパソコンに入っているソフトが使えない!!って時にすごい重宝するサイトでと思いました。

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【DL不要】「Fotor」で無料の画像加工・写真編集をしてみる! コラージュ・文字入れ・Twitterカバー作成【PR】

Fotor画像加工写真編集コラージュ文字入れTwitterカバー作成PR

(0)TB(-)

AFTER「唐突に土井君の新展開が始まった!!花蓮との新たな学校生活が面白い 「終末のハーレム」無料12~15話話感想・ネタバレ

BEFORE「【タガタメ】ハヅキのジョブや戦い方を考察してみる クッソ可愛いけど・・・

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top