とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 10/28

レッド死亡説の否定とポケモン世界線の考察【ポケモンサン&ムーン】

スポンサーリンク

ポケットモンスターサン&ムーンの発売前PVを見たのですがそこには初代赤緑主人公、通称レッドと彼のライバルグリーンが登場しました。


これによってレッド死亡説が覆されてうれしい限りです。

レッド死亡説の根拠

レッドが亡くなってしまったという都市伝説の根拠を振り返ってみます。

これらは巷でうわさされている内容と自分の考察を交えています。

シロガネ山に存在するレッド
初代主人公であるレッドですがその続編である金銀ではシロガネ山にいました。
シロガネ山は金銀(ハートゴールドソウルシルバー)では最後のダンジョンとなっており、その頂にレッドは存在していました。

fc2blog_20161028143534378.jpg
撮影した時にはいませんでしたがこんなところにいます。
ここでは一切BGMは無く、ひたすら風の音が聞こえるだけでした。

そして、裏ボスという感じで主人公と勝負するのですがその手持ちがとにかく強い。

そんなレッドがいるシロガネ山ですが現実の地形と合わせてみると富士山がその場所と一致します。

現実世界では観光地としてにぎわっている富士山ですが実際の高さは4000メートル近い巨大な山です。
そして、もちろん頂上の気候は海抜の低い位地域よりもずっと過酷です。

そんなシロガネ山にいるレッドですが目的はおそらく修行でしょう。

ここまでなら特にレッドが亡くなってしまっていることには結びつきません。

セリフの無いレッド
おそらく一番の死亡説と関連付けられてしまっているのはレッドがひたすらしゃべらないということ。
出会っても「・・・」、勝っても「・・・」という感じで一切の言葉を発しません。

これによってレッドはもう生きていなくてしゃべることができないのではないのかという考察に結びついています。

主人公が戦っていたのは実は幽霊!!という展開になって驚きます。

ただ、ポケモン自体初代から一貫してオカルト要素は強いところがあります。

普通に幽霊と会話したり幽霊が見れたりとにかくホラーなところは盛り込んでくるのが本家ポケモンシリーズの特徴でした。

ちなみに自分の場合はハクタイの森(ダイヤモンドパール)とワンダーブリッジの幽霊(ブラックホワイト)が印象に残っています。

大なり小なりこのようなオカルトな部分がポケモンにあるのもレッドがすでにこの世にいなくて主人公はレッドの亡霊と戦っていた説につながっていると思いました。

また、PWT(ポケモンワールドトーナメント)でもレッドは登場しますがその時もレッドはセリフがないままでした。


レッド死亡の原因

レッドの死因についてはロケット団の復讐によるものがうわさされていました。

確かにあんな組織を壊滅させたら報復に何をされるのかわからないですよね。

最初の方で説明したシロガネ山ですがそのモデルの富士山は国内を代表する霊峰です。

ひょっとしたらレッドには未練があってシロガネ山で強者を待ち構えていたのかもしれないと当時は思っていました。

また、ロケット団が原因ではなく、シロガネ山で間違って遭難したり、なにかとんでもなく強いポケモンに出会ってしまったという説を自分は少し考えていました。


ポケモンサン&ムーンでレッド・グリーン登場 バトルツリーのボス

そんなレッドですが最新作のサン&ムーンでレッドとグリーンバトルツリーという施設のボスとして登場しました。

普通にピンピンしています。
おまけに使用ポケモンはピカチュウ。
完全にレッドです。

それに少年のころよりもずっと成長していて、身長も高くなって顔も大人びています。

というわけで長年言われ続けていたレッド死亡説は最新作で否定されました。
(だって幽霊だったらたぶん成長しないですもんね。)

あとグリーンが当時と全く同じだったのも面白いと思いました。


これはゲームフリークによるレッド死亡説の否定

こんな風に過去作主人公が出てくるのは今までのポケモンでは考えられませんでした。

確かにレッドという存在は伝説的なところがあります。

それでも出てきたところでチョイ役という感じな印象です。

それがまさかバトルツリーのボスとは・・・

いや、バトルツリーってどういう施設かわかりませんがどう考えてもバトルフロンティアやバトルトレインみたいな

物語が終わった?良し!じゃあとことんポケモン育成&バトルだ!!

っていう施設でしょう。

レッドの登場はゲームフリークからの死亡説を完全に否定するための意志だと自分は感じました。


なぜレッドはしゃべらないでセリフが「・・・」だったのか

幽霊説が否定されたいまレッドはどうして何もしゃべらなかったのか、それを考察していこうと思います。

凍えていた説
上記のシロガネ山は標高がすごい高いです。
シロガネ山の麓は普通に草木が生えているのですがHGSSでは頂上を目指す途中で雪が降っていました。
そんな気温が低そうなところなのにあの冒険の服装。

いくらチャンピオンだからってしゃべることはつらいでしょう。

これがセリフ無しの理由だと思ったのですがそうなってくるとPWTでのセリフ無しの説明がつかないです。

性格
グリーンもレッドをそう認識しているようですが性格的に無口っぽいです。
ただ、無口は無口でもさすがに話しかけて何も返答無しでいきなり戦いが始まるのはいきすぎな気がします。

主人公だから
かなりメタい意見ですがセリフがない理由は主人公だったからだと思います。
ポケモンシリーズは主人公がしゃべりません。
選択肢自体はあるのですがちゃんとしたセリフをしゃべる描写はないです。

もしも、レッドが何かセリフを発していたら主人公ではないということになってしまいます。

確かにレッドがセリフ無しとして出てくる作品ではレッドは主人公ではないです。

だからと言ってそれもモブトレーナーみたいな扱いにすることを当時のディレクターが嫌ったのではないのかと思いました。


世界線の違い

ちなみにポケモンには平衡世界説があり、これはORASでのヒガナの発言から結構信憑性はあります。

世界線が何かと言うと
①赤緑・金銀:第一世代と第二世代の世界線
②RSE・FRLG・DP・HGSS・BW・BW2:ゲームボーイアドバンス~DSまでのソフトの世界線
③XY・ORAS:メガ進化が存在し、ORASで隕石を消滅させた世界線
の3つです。

このうち、今までレッドが出てくるのは①と②でした。
もしも、サン&ムーンが③の世界線に来るとしたら③ではレッドは亡くなっていなかったことになりますが①と②での世界戦で亡くなっていないという完全な証明はまだされていません。


まとめ

レッド死亡説は最新作で完全否定されました。
今まではセリフ無しなどの理由でレッドはもうすでに亡くなっていて戦っている相手は幽霊打みたいな都市伝説は結構目にしたのですがどうやら違うようです。

レッドがしゃべらない理由は主人公としてのリスペクトが製作者側にあったからだと思い、死亡説を否定するためにひょっとしたらバトルツリーにレッドがボスとして登場したのではないのかと思いました。

しかし、ポケモンには今のところ世界線が3つあり、3DSソフトの世界線では生存が確認されています。
ただ、ゲームボーイ世界線、ゲームボーイアドバンス・DS世界線では明確には否定されていません。

かなりひねくれた考察をしてしまいましたが、それでもどの世界線でもレッドはしっかりと生存しているということを信じたいと思いました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

レッド死亡説の否定とポケモン世界線の考察【ポケモンサン&ムーン】

ポケモンポケットモンスターレッド都市伝説サンムーン

(6)TB(-)

AFTER「【タガタメ】ハヅキのジョブや戦い方を考察してみる クッソ可愛いけど・・・

BEFORE「【タガタメ】ハロウィン★シュガーラッシュ!エクストラを攻略してみる エリザベスの活躍がすごい!

COMMENT

  • No.117 否定???何で???

    サンムーンが赤緑と金銀の間の話だったとは考えられませんか???
    金銀の時出てきたレッドが少年姿だったのは死んだ時イメージした姿が全盛期の少年時代だったとは考えられないのか???

    投稿者:かかか 2017/01/26 (木) 16:08 [ 編集 ]
  • No.118 Re: 否定???何で???

    かかかさん、コメントありがとうございます。

    > サンムーンが赤緑と金銀の間の話だったとは考えられませんか???
    > 金銀の時出てきたレッドが少年姿だったのは死んだ時イメージした姿が全盛期の少年時代だったとは考えられないのか???

    設定では赤緑の3年後が金銀の世界のはずです。

    なのでサンムーンがその世代の間という可能性は限りなく低いです。 というかその場合は時系列に矛盾が生じます。

    そもそも通常DS、そしてGBAとGBソフトは3Dの世界線(メガ進化のある世界)とは並行世界っぽいのでもしも赤緑と金銀の3DSリメイクが出ればまた詳しく時系列の考察ができます。
    ただ、そのリメイクはしばらくないとは思いますが。

    投稿者:きメダカ(管理人) 2017/01/26 (木) 20:00
  • No.119 No title

    レッド死亡説が否定されたと思ったとたん 世界線のことを持ち出して赤緑のレッドは死亡しているかもしれない、と どうしてもレッドは死んでいる、と言う事にしたい人がいて辛いね ……こういう死亡説等の非公式な妄想話を勝手に広めるから公式が困るんだよなぁと

    投稿者:夜華 2017/01/31 (火) 20:12
  • No.120 Re: No title

    夜華さん、コメントありがとうございます。

    > レッド死亡説が否定されたと思ったとたん 世界線のことを持ち出して赤緑のレッドは死亡しているかもしれない、と どうしてもレッドは死んでいる、と言う事にしたい人がいて辛いね ……こういう死亡説等の非公式な妄想話を勝手に広めるから公式が困るんだよなぁと

    ポケモンシリーズには都市伝説要素が数多くありますがサンムーンでレッド死亡説についてはゲームフリークからの完全否定だと思ってほぼ間違いないでしょう。

    ブログ文やコメントを見ても世界線が違うレッドについては「わからない」止まりの考察しか無いはずで「死亡しているかもしれない」→「どうしてもレッドは死んでいる、ということにしたい」と議論が文の内容を逸脱して勝手に進んでいく理由は不明ですがこれに関しては先に世界線の事を指摘されないために触れておきました。

    完全否定をしてもヒガナがいない世界はどうなんだ、と指摘されたりするのはまた話が膨らみすぎるのでブログの文では分からない、ということにしてこの話についてはキリをつけました。

    投稿者:きメダカ(管理人) 2017/01/31 (火) 20:47
  • No.126 No title

    たしかに否定はされましたが、完全ではないのでは?
    ORASにてヒガナ(伝道師)が
    メガシンカのある世界にとっての希望はメガシンカのない世界にとっての絶望となる
    とパラレルワールドの伏線を残しています。
    金銀はメガシンカがなくてサンムーンではあるのでここで違うのでは?赤緑のメガシンカ版は前にoriginというアニメでメガシンカは登場していたので
    メガシンカのある世界ではレッド生存
    メガシンカのない世界ではレッド死亡
    というのはありえませんか?

    投稿者: 2017/02/02 (木) 23:29
  • No.127 Re: No title

    コメントありがとうございます。

    > たしかに否定はされましたが、完全ではないのでは?
    > ORASにてヒガナ(伝道師)が
    > メガシンカのある世界にとっての希望はメガシンカのない世界にとっての絶望となる
    > とパラレルワールドの伏線を残しています。

    はい、仰る通り、今回の記事の話題の怪しいところはそこなんです。
    記事の最後の方やコメントでも書きましたがパラレルワールドが存在していてそれは主に3つ(この辺りは記事やほかのコメントを参照でお願いします)の世界があると言われています。メガ進化無しとメガ進化有りの二つの世界は最低でも存在することは確実でしょう。


    > 金銀はメガシンカがなくてサンムーンではあるのでここで違うのでは?赤緑のメガシンカ版は前にoriginというアニメでメガシンカは登場していたので
    > メガシンカのある世界ではレッド生存
    > メガシンカのない世界ではレッド死亡
    > というのはありえませんか?

    originも見ました。リザードンXが出てきたのであの世界にはメガ進化があります。
    ただ、アニメとゲームはまた別として考えないと結局はサトシのポケモンアニメまで出てきてしまってよくわからないことになってしまうので記事の方では省略というか触れないでおきました。一方でコメント主様のようにoriginからの考察も面白いと思います。

    ゲームのみのストーリーで考えた場合はメガ進化の無い世界では正直「不明」という結論以上は出てこないでしょう。
    一応、PWTでレッドが出てきたので個人的には死亡よりは生存の可能性がずっと大きいとは思いますがそのあたりはまだ都市伝説的な余地が多すぎるのでこれ以上の考察はできないです。

    サンムーンではバトルツリーでレッドがメガ進化を使うので3DSの世界ではレッドはメガ進化ができる選ばれたトレーナーなのは確かです(実際に戦って確認しました)。そしてメガ進化を会得して成長した姿も見せてくれました。

    そのような情報が流れたので今回レッド生存説の考察を今までの情報をもとに書いてみました。


    今回仰られた通り自分の考察ではまだ完璧に否定まではできません。
    また、記事にある並行世界を補完するコメントを書いてくださってありがとうございました。

    ポケモンは楽しい要素が非常に多いですがどこかちょっとダークなところもあってそんなところも魅力の一つだと思っています。
    この記事はそんな話題に対するものでした。

    投稿者:きメダカ(管理人) 2017/02/03 (金) 00:06

MESSAGE

非公開コメント

Top