とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 10/24

白鬼やっぱり最強!?正体や強さが気になる グリンパーチに見えるけど… トリコ392話感想・考察(ネタバレ)

スポンサーリンク

トリコの392話感想。

今回ようやくトリコの中にいた白鬼がまともに出てきました。

ちょくちょく白鬼自体は出てきましたがそのベールは謎に包まれており、ぶっちゃけ392話でもほとんど明らかになりませんでした。

しかし、トリコと話したり、アカシアに攻撃を加えたりとそれなりに活躍した様子。


ネオとアカシアと適合食材

八王を食べたことでアカシアはパワーアップしたみたいです。

しかし、実際はアカシアではなくアカシアが食べたはずのネオがトリコの目の前には表れていました。

アカシアは適合食材を食べていないようでそれによって自身のグルメ細胞の悪魔である食欲、ネオに浸蝕されていました。

それでも彼の意志で攻撃を仕掛けたりと、さすがは美食屋の頂点、まだまだネオには取り込まれませんでした。

暴食のアカシア・ネオ

周りの攻撃も食運もあらゆるものを食べ出したアカシア。

ペアは食欲の限界が来るとアカシアに警告しますが食欲に限界などないと一蹴。

しかし、明らかにアカシアの体は無理な膨張をしていました。

それでも最後にトリコに向かってパンチします。

白鬼登場

トリコにパンチをしたはずですが実際にパンチした先には前々からちょっと出ていた白鬼。

白鬼っていうのはあれです。グリンパーチに似ている感じでいつの間にかトリコの中にいて青鬼やオーガーの様子から察するに無茶苦茶強そうなグルメ細胞の悪魔?です。


そんな白鬼がトリコの身代わりになる様にアカシアの攻撃を受けましたが全く効いていない、むしろ細胞が白鬼に取り込まれてしまっていました。

白鬼がしゃべった セリフなど
白鬼がしゃべりました。今までの様子的にしゃべるとは思いませんでしたが今回はトリコが覚醒して白鬼もちゃんと出てこられたから喋れたのかもしれません。(それでも一瞬しか出てきていませんが)
アカシアにもトリコにも敬語。でも逆のその敬語が強者っぽいです。しかも余裕たっぷり。

食べすぎですよ 何十億年も・・・」と言った白鬼ですがネオが今までどれだけ食べて限界が来ているのか知っている様子です。

「ごちそうさまでした」が大好き
アカシアがもうだめなのはトリコの怒りのフルコースを喰らった時点で決まっていたようです。

それを白鬼は理解していました。

今にでも吐きそうなネオを前に白鬼はトリコにお願いをしました。

ごちそうさまでした

この言葉です。

白鬼はこの言葉が大好きとのことです。
アカシアとネオの最後にトリコは「ごちそうさま」と言って感謝します。

この時にアカシアもトリコも目が潤んでいたのが印象的でした。

スポンサーリンク

白鬼の正体が気になる 最強なのか

結局、白鬼の攻撃ではなくトリコの怒りのフルコースでアカシアを倒したことになります。

なので白鬼自体はほぼ戦闘には参加していません。

ただ、アカシアが限界なのを知っていたり、トリコが忘れていた「ごちそうさま」を思い出させたりとどちらかというと調停者という感じがしました。


最後にアカシア(ネオ)に対して「またネ」と言って突いた行動も気になります。しかもこの言葉だけ妙に軽い!
「また」ということは再びネオは生まれ変わってしまうということでしょうか。

そのあたりも多分白鬼は解説してくれるでしょう。


白鬼の強さの比較対象としてはアカシアとその食欲のネオが一番だと思うのですがガチバトルはしませんでした。

それでもアカシアの細胞が屈している様子を見ると白鬼の方が強そうです。

多分現状最強なんじゃないのかなぁと思いました。


これでラスボスっぽいアカシアを倒したので白鬼の正体も明らかになっていくでしょう。

アカシアが神と呼ばれていましたが白鬼の方がどちらかというと神っぽい立ち位置でした。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

白鬼やっぱり最強!?正体や強さが気になる グリンパーチに見えるけど… トリコ392話感想・考察(ネタバレ)

週刊少年ジャンプトリコ漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】リセマラって必要?星4の当たりや終了タイミングについて

BEFORE「ルキフグス宰相の登場の仕方ズルい!最強の武器庫って・・・ 左門くんはサモナー54話 感想・ネタバレ

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top