とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 10/04

アカシアは適応食材を食べていない!?グルメ細胞の苦手な色 トリコ389話感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

トリコの389話「奴の苦手な味・・・!!」感想(ネタバレ)。

アカシアの適応食材とは 食霊の声を聴いて

依然としてアカシアは圧倒的な力で向かってくる相手を倒しています。

ただ、389話になってブランチと小松が久々に会話したのですが小松がかなりおもしろい話をしていました。

小松はGODの調理の時に食霊に手伝ってもらったと言いました。GODの時だけでなく、アナザの他様々な場面で食霊の力を借りていたみたいです。

そんな食霊は適応食材についても教えてくれていました。

「星のフルコースを食べるとトリコ達もグルメ細胞の悪魔に体を支配されてしまうのか」という小松の質問に対して食霊は「適応食材を食べれば大丈夫」と答えました。

この適応食材を食べるということがグルメ細胞の悪魔に体を支配されない唯一の方法のようで、トリコの場合は最初にフルコースに入れた「虹の実」が適応食材に当たるみたいです。

虹の実は小松にとっても適応食材のようで、トリコはその虹の実を食べていたので異形の姿にならずそのままグルメ細胞の悪魔であるオーガーを取り込めたようです。そうなってくると青鬼が言った「正解だ」というのは適応食材を食べたうえでオーガーを取り込んだことだったのかもしれません。


スポンサーリンク

 


アカシアは適応食材を食べていないのか

トリコと同じように自身のグルメ細胞の悪魔を取り込んだアカシア。

ただ、アカシアはグルメ細胞の悪魔であるネオを取り込んだことで化け物のような見た目になってしまいました。

388話でトリコがアカシアについて何か気づいたようですがひょっとしてアカシアは適応食材を食べずしてネオを取り込んだのかもしれません。

そうなってくると今後アカシアには何か不具合が生じてくるのかもしれないと思いました。


グルメ細胞の色と食の好みについて

389話でグルメ細胞について新たなことが明らかにされました。

それはグルメ細胞には「」と食の「好み」があるというものです。

ネオのグルメ細胞の色は「黒」とのこと。
あらゆるものを食材にして飲み込んでしまう色みたいです。

そういえば昔トリコの頭の色が生まれつき青かどうか尋ねられたことがありましたがこれもひょっとするとそのグルメ細胞の色に関わっているのかもしれません。まあ、その青は青鬼由来っぽいですがまだ青鬼は本腰入れていない感じなので実際にどういうことなのかは今後明らかになってくるでしょう。

というかそもそもトリコの中にグルメ細胞の悪魔が複数いるのはこの色と何か関係がありそうだ音もいました。

また、ネオの食の好みは「絶望」で、確かに一番生物が絶望する瞬間を狙ってその生物を食べていました。

そして、好みがあれば苦手があるようで食の苦手なものは「怒り」です。


テイストチェンジ
トリコにペアがテイストチェンジという技を施しました。
これはトリコ自体を調理する技で思考を変えて怒りを浮き出させる効果があり、トリコの怒りによってネオを倒すことを目指すようです。

ネオが何でも食材に変えてしまうらしいのですが怒りをネオに食わせるとはどういうことなのか気になりました。

怒りという感情自体をネオが食べる分にはいいと思うのですが怒ったトリコをネオが食べるみたいな流れは単純に嫌だと思いました。


三虎のグルメ細胞の悪魔とメテオレーザー

389話ではとうとう三虎がグルメ細胞の悪魔を出しました。

姿は巨大な悪魔のようです。グルメ細胞の悪魔という意味ではなくて一般的にイメージするタイプの悪魔で目の下に三虎と同じような3本線が付いていました。

それによって地球を握りつぶそうとしたアカシアの手をグルメ細胞の悪魔から直接出たメテオレーザーで破壊していました。


389話の最後の方で三虎は食運が尽きてアカシアの一撃を喰らってしまうのですがやっとグルメ細胞の悪魔が出たのでもう少しその力を見てみたいです。
三虎がグルメ細胞の悪魔を取り込めばすごく強そうなのですが状況的にそんな余裕が無いようなのが残念でした。







合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

アカシアは適応食材を食べていない!?グルメ細胞の苦手な色 トリコ389話感想(ネタバレ)

週刊少年ジャンプ漫画感想考察トリコ

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】エクストラ 魔槍の黒騎士のマルチ攻略とパーティーについて 動き方の解説など

BEFORE「塚沢サンゾ夫先生のボイスビーアンビシャスがヤバかった 感想(ネタバレ)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top