とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 10/02

またブログの1日のPVが1万を超えだしたけど正直SEOとPVに疲れた 対処法など

スポンサーリンク

DSCF3225_TP_V.jpg


まだPV数とかSEOで消耗している管理人です。
最近またブログの1日のPV(セッションではないです)が10000を超えました。

約1か月前に1日のPV数が15000を超える日が何日かあって、あぁ、これでこのブログもようやく安定してきたなぁと思ったのですがその後は1日5000~8000PVの日がほとんどで日ごとにPVとかセッションが落ちたり上がったりして一喜一憂していました。

今回も1万PVを超える日が続くと思いますがおそらくその後はいったん下がるでしょう。

そして、その先も上がったり下がったりすることに振り回されると思いますが正直そんなブログの状況につかれたのでそれに対する自分の対処法というか考え方をまとめておこうと思います。


ブログのPV数が上がったり下がったり

ブログは本来ならだんだんとPV(ページビュー)が上がり続けると思っていますが自分の場合はその時その時、興味がある話題を取り上げることが多いです。しかも、最近はブログのテーマ固定が起こってしまい特定のジャンルの話題を書くことが多くなってきました。

特定ジャンルの記事を書くことは記事が書きやすいと言うほかに読者に一括した必要な情報を提供できるというメリットがあります。

特化ブログなどはそれでいいと思うのですが自分の場合は雑多ブログを目指していました。

どうやら純正の雑多ブログになるにはまだまだかかりそうです。

そして雑多ブログではなくジャンルが固まってしまったブログの宿命としてある時期にそのブログの話題がネット上で多く検索すればその時期のセッション・PV数が上がります。

自分のブログはそのような時期とかぶった時に、一日に1万だったり、1万5千、さらにすごい時には3万PVをたたき出したりします。

ただ、時期が過ぎれば、つまり需要が去ればその間に伸びた分のPVは下がってしまいます。

不幸中の幸いなのかトレンドブログのように需要が増す時期が1回しかないのと比べて当ブログは一定期間ごとに過去の記事も含めて情報の需要が伸びるようなのでPVは波打っている感じです。

それでも谷の時のPV数の低さはやはり精神的に来るものがあります。


スポンサーリンク

 


SEOとかやっぱりきついわ

PVが低いととりあえず記事を書いたところでそんなに伸びないです。
ただ単純にPVを上げたいならその時期その時期で話題なことに関して記事を作成すればいいのですがあいにく当ブログは自分が気になったことしか記事にするつもりはないです。

芸能とかネットとかでたとえ凄い話題になったとしても自分の興味があまりない場合は一向にブログには書いたりしないです、というか興味が無い話題について記事を書いたところで内容が薄くてさらに自分のライティング能力の低さ故文章からもつまらなさが滲んできてしまうので書けないです。

じゃあ記事作成以外にどうするのかというとプラグインをいじってみたり、既存の記事をリライト、需要のなさそうな記事を統合・削除、内部リンクを追加したりするのですがあまり効果はなさそうです。

さらに需要の無さそうなな記事を前にかなり統合・削除した結果、インデックス数とか構造化データが一気に減りました

これとは別にFC2ブログのタグリンクを無効にしたこともあります。
タグリンクとは設定したユーザータグを記事中でリンク化し、そのリンクを踏んだ場合は他のFC2ブログの同一タグの記事が表示されるというものです。

自分はてっきりリンクは自分のブログのみに適用されるとずっと思っていました。

そして、実際に自分でそのリンクを踏んでみたところ他のブログまで登場してきて「!! これじゃあただの離脱ページじゃないか・・・」と思ってブログ内のほとんどの記事のタグリンクを無効化しました。だって、このままじゃ当ブログは流入を垂れ流すだけになりますし・・・

残っているタグリンクは自分で確認した結果、自分のブログくらいしかFC2で話題にしていない記事・ジャンルだけです。

ただ、これも良くなかったのかこのタグリンク無効化を一気にやったところサーチコンソールやアナリティクスで当ブログを調べると検索順位は落ちるはセッション・流入は減るわでさんざんでした。

そして、その後さらにセッションが少なくなる事態にも・・・

前にサイバーエージェントと京都大学がグーグルのアルゴリズムについて調査したところ発リンクがSEOと大きな関わりがあって発リンクが多いとSEO的に有利になる可能性を示唆していました。

ひょっとしたらタグリンクの無効化が発リンクSEOについて悪影響を与えてしまったのかもしれません。でも、タグリンクなんてそこまで重要度の高いリンクではない気がするので詳細はわからないです。


こんな感じで下手にSEO対策として聞いたことがあることを実施してもちゃんとしたSEO業者でない限りは状況をさらに悪化させるだけだとも思いました。


じゃあどうすればいいのか たどり着いた対処法

時期によってセッション・PVが減る、下手なSEO対策とかブログをいじってみてもSEO的に不利になるかもしれない。

じゃあこういう時にどうすればいいのか考えた結果と対処法を書いていこうと思います。

低い時のPVなんて気にするな!!
よくブログ初心者(開設3か月以内)はPVなんて気にするな、なんて意見を見ますが初心者でなくとも当てはまると思います。

PVが低そうな時はいっそのことしばらく見ないほうが精神的に健全だと思いました。

ただ、これはブログを離れろと言うわけではなく、その間にも一つずつ記事にしたいことをしっかりと文章にしていくべきだと思います。

ロングテールSEO記事が一番大事
SEOが嫌だ、みたいなことを書きましたがロングテールSEOに関する記事は考えておいた方がいいでしょう。

ロングテールSEOとは要するに流行にとらわれずにずっと一定の需要がある記事です。
自分のブログは確かに一気にセッション(アクセス)やPVを稼ぐ記事は時期によって需要のあるタイプの記事です。

しかし、例えば「ポケモンシリーズで面白いオススメのソフトランキング!!ストーリー・BGM・対戦環境など」という記事は毎日基本的に100PVは集めてくれます。

このような記事は「ポケモン」・「シリーズ」・「ランキング」・「オススメ」・「ストーリー」・「BGM」・「対戦」と言った自分が興味があって、おまけにタイトル中にも検索されそうなワードをふんだんに使って作った記事です。記事を書き始めた理由はアクセスではなく、単純に書くことが無かったので自分が当時の時点で持っている知識だけで何が書けるかなぁと思って書いた記事が思わぬ結果を出したという感じです。

記事を書いたばかりの時はほとんど需要が無かったようですが当ブログ屈指の文章量・かけた時間の多さが幸いして後になって長期間にわたってアクセスを稼いでくれる記事となりました。


理論上はこのような1日100PV集める記事を100書けば1日のPV数は10000を超えるでしょう。(はてなブログのヒトデ氏とかがまさしくそんな感じの印象です)

大変だからこそ価値があるロングテール記事
先ほど紹介した記事は長期間にわたってアクセスを稼いでくれますがやはり記事を作成するのが大変でした。

腕がすごい疲れましたもん笑

ただ、ロングテールSEOに関する記事はそれだけ価値のあるものだと思います。

確かに一時的に需要のある記事は書くのが楽ですし、情報を求める読者も大勢いるので必要なものだと思います。
それでもブログの下支えになるのは間違いなくロングテールに関する記事です。

いつ書くのか
PVが少ない時期っていわゆる一時的に需要のある記事の需要がすべて切れた状態の時です。
ならばそのような時こそじっくりとロングテールSEOの記事を書いてみた方がいいという結論に至りました。

一時的に需要のある記事を切れというわけではないです。
そのような記事はたいてい自分が瞬間的に興味を持つものなのでその興味を持ったまま記事を書けば当たり前のように一気にアクセスが集まるでしょう。

問題はそのような記事のネタが無い時です。
そういう時に日常でふと疑問に思ったことを図書館で借りてきた本とかで調べてそのことを日常・経験と照らし合わせながら分かりやすく記事にすればいいと思いました。


まとめ


PVの監視疲れたー!!
SEOとかやってられんわ!!

って思う時はブログをやっていたら来るでしょう。
そういう時はたいていアクセスとかPVとかが下がったり停滞しているときだと思います。

そして、その原因は検索順位の減少もあるかもしれませんがそもそも下手なSEO対策をしたり記事のテーマ自体の需要が少なくなったからだと思います。

そんな時こそロングテールのSEOに注目してみてはいかがでしょうか。

きっとロングテールと一時的なアクセスを集める記事が合わさって最強のブログが見えてくると思いました。

 
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

またブログの1日のPVが1万を超えだしたけど正直SEOとPVに疲れた 対処法など

ブログPVSEO

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】聖石の追憶「託された正義EX」の野良マルチノーコン攻略とパーティーについて 難しいしクリアできないことが多い

BEFORE「【タガタメ】コンテンツのダウンロードの失敗時の対処法について 原因と状況考察

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top