とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 09/12

生駒旋空がカッコイイし強いし最高だった ワールドトリガー157話感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

ワールドトリガーの157話で玉狛第二の生駒隊と王子隊との戦いがクライマックスに突入しました。

個人的にこの話で一番印象に残ったのは生駒隊の隊長が放つ生駒旋空です。

生駒旋空について

生駒隊長が使う生駒旋空について少し解説。

生駒旋空は基本的に弧月の旋空ですが少々特殊です。

旋空は射程と効果時間が反比例して、例えば効果を長くしたい場合は射程が縮んで、射程を長くすれば効果が短くなるという性質を持っています。(「効果」というのは攻撃の発動時間みたいな感じです。)

ほとんどのアタッカーが効果時間1秒で射程15mほどのようですが生駒旋空は効果時間を0.2秒に絞ってその分射程を40mに伸ばしているとのこと。

解説では効果時間と射程は反比例と言っていますが効果時間の長さと引き換えにする射程のコスパは数字を見る限り悪いみたいです。

剣のスピードが超速いのでタイミングが難しく、唯一無二のスゴ技とのこと。


と、ここまでは少し前に解説された内容でこのころはふーん、そうなんだ程度にしか思っていなかったのですが157話でえ、超強くない?と思うに至りました。

障害物お構いなしの攻撃

157話で生駒旋空は無茶苦茶な攻撃を繰り広げていました。

家越しの不意打ち攻撃みたいなことをしたと思ったら、次は家を複数ぶった斬るという攻撃をかましました!!

障害物が関係ないという点ではチカの砲撃と似ている気がしました。(ただ、あちらはマップ兵器みたいな感じで、こちらは白兵戦向きですが)


凄い爽快感とスピード感がある技で個人的にすごくカッコいいと思いました。厳密には違うと思いますがまさに「斬撃を飛ばす」という感じの必殺技みたいです。

生駒旋空は間合いがすごいですし、スピードが速くてタイミングを合わせるのも難しいとのことですが逆に言えば使いこなせれば超スピードの攻撃ができるということだと思います。
なので「素早く、射程距離が長い」という配布されたトリガーの中では最強クラスの攻撃かもしれないと思いました。

というか風刃がピンポイント攻撃だとするとこちらは範囲攻撃という感じでしょうか。近距離・中距離ですと風刃並の性能がありそうな気さえする印象を受けます。


グラスホッパー+コンクリートという戦術

生駒旋空の他にもう一つ気になったのは遊真の使っていたグラスホッパーです。

遊真は今回の模擬選で自分が跳ぶ意外に相手を跳ばすという使い方をしていましたが今回はコンクリート断片を飛ばして相手に当てるという戦術をとりました。


この使い方ですがさすが遊真という感じで相手に射撃攻撃と思わせずに射撃攻撃ができる感じで、王子隊長を倒すときなんかはさらに修のワイヤーと併用して足を引っ掛けたりしました。


おそらくこの模擬選で遊真が使った技の中で一番活躍したのがグラスホッパーでしょう。

グラスホッパー自体は自分が跳んで攻撃をかわすくらいにしか使われていなかったと思います。
そんなマイナーなオプショントリガーですが遊真の応用力で変幻自在の攻撃として使っていたのも面白かったです。

なんだか今後グラスホッパーがボーダー内で再評価されそうだと思いました。




合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

生駒旋空がカッコイイし強いし最高だった ワールドトリガー157話感想(ネタバレ)

週刊少年ジャンプワールドトリガー漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「楠連太郎がとうとうかませのかませみたいになっていた十傑バトルロイヤル 食戟のソーマ182話感想(ネタバレ)

BEFORE「【タガタメ】カリスの強さとかスナイパー+を考察(評価)してみる

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top