とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 09/09

デッド・オア・アニメーションが最終回を迎え完結したので率直な感想を書いてみる

スポンサーリンク

fc2blog_20160909101548c57.jpg

ジャンプ+で連載されていたデッド・オア・アニメーションが26話で最終回を迎えたのでそれについて感想です。

まずもう少し読んでいたかった、というのが率直な感想です。

さらに言うと主人公やその周りが成功したりするのを見たかったというのがが最終回を読んで思ったことでした。

このデッド・オア・アニメーションの題材はアニメーターということで失敗とか挫折も多いと思います。

ただ、やっぱりそれでも主人公の青葉純なんて成功してやり遂げた!、というところが無かったと思うのでそのあたりが読んでいてつらかったです。

いろいろなネットニュースとか見ているとアニメーターの労働環境が過酷だったり、職業内容自体も大変ということが紹介されていますがこの漫画ではそのあたりがどんな様子だったのか見れたと思いました。

そんな中でも主人公の青葉純は挫折を繰り返しながら絵を描き続けたり、時には人を説得したりと様々な場面で自分と向き合って努力していました。

そのようなきつい部分があるのでなおさら青葉純がうまくできたところを期待していました。

少し話は変わりますが最近、ニコニコ動画で「アオイホノオ」の再放送が毎週されています。

そのアオイホノオでは作者のライバル的な存在で当時は素人ながらアニメ制作に携わっていた庵野秀明をはじめとするガイナックスの設立者たちが出てきます。

彼らのようなクリエーターの姿を見て目標を実現するためにたゆみない努力をしていたのがすごい伝わってきました。

そんな中でデッドオアアニメーションの内容の興味がさらに湧いてきたという状況の中最終回(打ち切りかどうかはわかりません)を迎えたのでなんというか無念みたいなのも自分の中に残っています。

それと、この漫画には情熱を超えた正気を感じさせない姿勢を見せる裏や強羅嵐のような人物が出てきたりしてそういうところが個人的に好きでした。


合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

デッド・オア・アニメーションが最終回を迎え完結したので率直な感想を書いてみる

少年ジャンプ+デッド・オア・アニメーション漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】超獲得EX 宿命の一矢(クエストミッションも)を攻略してみる

BEFORE「【タガタメ】エクストラ 「宿命の一矢」を攻略してみる

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top