とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 09/08

三虎(ミドラ)がもう主人公じゃないか・・・ フルコースとか トリコ385話感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

トリコの385話の感想(ネタバレ)です。

ネオの捕獲レベルとは

ノッキング状態のペアが解除を鉄平に迫っていました。

どうやらグルメ界で使っていた捕獲レベル測定器のリドルチャプターに入っていたデータはペアのものだそうです。

そういえば前にゾンゲがレーザーをネオに当てていましたがあれだったんでしょうね。

そうすると今ネオのデータを持っている「そいつ」ってゾンゲの周りの人物?と一瞬思ってしまいましたが多分違うでしょう。

ちょっと今の段階ではゾンゲのレーザーとペアの手助けがつながらなかったです。考察が足りないのかもしれません。

また、ブランチがネオの捕獲レベルについて何か言おうとしたところで場面は変わってしまいました。


ところでブランチですが動けないネオに対して煽りまくっていたのが個人的にウケました。


三虎強すぎだし主人公っぽいし

ミドラの攻撃を受けたアカシアは一龍と次郎(兄弟どもと言っていました)の攻撃は屁の役にも立たないと言いました。

実際に次郎はアカシアと戦ったのですがあの時は明らかに作中で最強候補の攻撃を繰り出していました。
三虎はそれを上回るって相当強いです。

それによそ見をしていてもアカシアの攻撃をマイノリティーワールドで跳ね返していたりと隙が全くありませんでした。といかマイノリティーワールドと食運って応用が効きすぎこの二つを使える時点で攻撃が当たる気配がしません。

今回の活躍っぷりはまさに主人公でした。


三虎のフルコース

ジョアからマザコンなんて言われていますが三虎のフルコースと呼ばれるべきものは育ての親であるフローゼとの思い出が詰まっていたようなので少しまとめてみます。

前菜
フローゼとの出会いがそうみたいです。

スープ
倒れていた三虎に対するフローゼの施しがスープのようです。

魚料理
初めての家族のぬくもり。

肉料理
おやすみのキス。

メインディッシュ
フローゼの笑い顔。

サラダ
フローゼの励まし。

デザート
フローゼの教え。

ドリンク
家族での食事。


とのこと。ちなみにこれを三虎は無防備で語っていてその間にジョアから様々な攻撃を受けていましたが一切通じませんでした。

今回の話で出てきたフルコースは比喩とかではなく本当に三虎のフルコースだったのならば何を食べても一切感情が出なかった(小松は例外)という三虎の様子も納得いきます。


もう二度と実現できないフルコースを彼は作ってしまってそれは過去に置きっぱなしのようでした。

次郎も一龍も最後に三虎の事を思っていましたがひょっとすると三虎のこのようなフルコースに気づいていたのかもしれません。


トリコとの共闘と一龍・次郎の復活の期待

実際の主人公トリコも活躍しました。
三虎に襲い掛かるアカシアを三虎を守るような形で殴り飛ばしました。

不意打ちとはいえしっかりと意味のある一撃でこれによって三虎はジョアを倒すことができたと思います。

このような形でトリコと三虎は共闘したのですが個人的には次郎と一龍も復活して三虎とともにアカシアと戦ってほしいと少し思ったりしました。

一龍も次郎も復活しようと思えば出来そうな雰囲気なのでぜひとも蘇った姿を見たいと思いました。




合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

三虎(ミドラ)がもう主人公じゃないか・・・ フルコースとか トリコ385話感想(ネタバレ)

週刊少年ジャンプトリコ漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「NAVERまとめが儲かるのか儲からないのか検証してみる PVと収益を確認してSEOの凄さを実感

BEFORE「そろそろ女木島冬輔先輩を思い出してみる 食戟のソーマ181話感想(ネタバレ)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top