とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 08/17

【ポケモン】バンドリメガマンダ軸パーティーの強いところ・構築・対策など【脱出・さらさらいわ】

スポンサーリンク

今回はバンギラスドリュウズメガボーマンダを軸としたバンドリメガマンダパーティーについてまとめていこうと思います。

関連記事:ポケモン関連の記事のまとめページ

ポケモン 育成論・考察・パーティーの記事一覧まとめ


バンドリ(バンドリュ)メガマンダ軸について

バンドリメガマンダはその名の通りバンギラスドリュウズの並びにメガボーマンダを組み入れたものです。

バンギドリュウズが苦手とする相手にメガボーマンダが強く出られがちなこととメガボーマンダの苦手な相手に砂嵐下のドリュウズが強く出られるというのが利点です。

とにかく高い火力で押すことができますし、複雑な点は砂嵐のターン制御位なのでシンプル・高火力を両立した点が強いと思います。

ボーマンダが回復技の羽休めを持っていない場合は勝つにせよ、負けるにせよ対戦はスピーディーに終わる場合が多いです。

バンドリメガマンダ軸の構築


バンドリメガマンダ軸に入るポケモンをまとめていきます。

バンギラス

i_bangirasu.gif 

バンギラスの砂嵐展開によって後続のドリュウズが活躍します。
砂を最低限撒けばそれでいいのですがそもそもバンギラス自体は非常にスペックが高いポケモンなのでこのポケモンも最大限活躍していきたいところです。

ひとえにバンドリといっても様々なバンギラスの型が存在するので紹介していきたいと思います。

また、どのバンギラスもステルスロックを撒けることができるのならば非常に戦いやすくなります。

さらさらいわ持ち
さらさら岩を持たせてドリュウズの素早さ強化ターンを上げます。
バンギラスは砂を撒いて相手に一撃を与えてから退場する場合が多いです。

気合の襷持ち
これは電磁波砂パ時代からいたような感じのバンギラスです。
気合の襷を持たせて確実に相手にダメージを与えておく型です。

おそらくバンドリ構築の中で最も早く試合が終わるパターンのバンギラスでしょう。

陽気か臆病の印象が強いのですが臆病の方が多そうです。

その場合は素早さに全振りしてれいとうビームとイカサマが確定技となって残り2枠はパーティーと相談でしょう。

上記のさらさらいわ持ちも対面構築向きですがこちらはもっとその傾向が強いです。

脱出型
自分が使っていた脱出ボタン持ちバンギラスです。
努力値をHS振りにして2回行動できるようにします。

先発はボーマンダを出してボーマンダで倒せそうならそのまま、ゲッコウガやライコウが初手で出てきたらすかさずバンギラスに交代してドリュウズを出します。

1ターンで3体手持ちを見せることになりますが、その分後出しで有利な体面を作ることができます。


ドリュウズ

i_doryuuzu.gif 
パーティーの最速エースのドリュウズです。
砂嵐の天候で素早さだけなら他の追随を許さないレベルです。

また、攻撃種族値が相当高く、HPも何気に結構あるので状態では非常に強いです。

砂嵐があれば襷も削りやすいので基本的に相手の速攻アタッカーはこのポケモンの前では意味に成しません。

命の珠持ち
これが一番強いんではないでしょうか。
命の珠を持たせて火力を上げつつ技が縛られないようにします。
技は地震・アイアンヘッド・岩雪崩・剣の舞でほぼ確定。

相手が交代したとしても後続へのダメージは半端ないです。

風船型
一応パーティー全体がガブリアスに弱いと言えば弱いので風船型もありかもしれません。
相手は地震持ちだとしても1ターン延長して攻撃しなければなりません。


メガボーマンダ

i_boomanda.gif 
メガボーマンダはバンドリにさらなる火力と突破力を加えつつ、タイプ補完も成し遂げてくれるポケモンです。

先発に出すにしても威嚇を撒けるので後続のバンギラスなどが少し安心して動くことができます。

メガボーマンダの型というか戦い方はバンギラスの型とセットなのでどのようなメガボーマンダで戦いたいかでバンギラスの型は決まってきます。

フルアタ最強火力型
全ての技を攻撃技にしてひたすら責める型です。自分が愛用していました。
性格は無邪気にして技を
破壊光線・竜星群・大文字・捨て身タックル
のようにし、受けを基本的に許さない構成にしていました。

ここにハイパーボイスを入れることもできます。

ただ、消耗スピードはとんでもないです。

羽休めサイクル型
羽休めを入れてサイクル戦もできるようにした型です。
試合自体が長続きしますがうまく交代しないといろいろ中途半端になってしまいます。

竜舞型
竜の舞を入れて突破力を上げたボーマンダです。
物理に偏重するというデメリットはいますが珠ドリュウズと組ませれば物理受けを高火力ポケモン2体で無理やり消耗させてそのまま押し切ることも可能です。


バンドリメガマンダの使い方・動き方

バンドリメガマンダはバンギラスの型で動き方が変わってきます。

さらさら岩・襷型(バンギラス)
バンギラスの持ち物がさらさら岩か襷持ちならば初手に出して
・岩石封じ→ステロ
・有効な攻撃
・電磁波
のどれかをして退場だと思います。
この時、バンギラスは対面した相手を倒せなくても大丈夫です。

その後、ドリュウズを出してバンギラスを対面したポケモンを倒すか、交代読みの攻撃をします。
個々での目標はバンギラスと対面したポケモンを倒してさらにもう一体にダメージを与えておくことです。

最後はメガボーマンダを出して残った相手を倒し、ラスト1体を破壊光線かギガインパクトで1激で倒します。

この流れを実現するためにステルスロックはなるべくまいておいた方がいいです。

脱出ボタン型
脱出ボタンを持たせた場合は初手にボーマンダを出します。
相手の初手がゲッコウガやライコウ、ガブリアスだとしてもバンギラスに交代しておきます。

氷特殊技が来たらほぼバンギラスにはダメージが通らずに脱出することができ、そのままドリュウズに交代します。

ドリュウズなら砂ダメが相手に入った時点で特殊高速アタッカーなら珠地震で倒せます。

初手の威嚇を考慮すればガブリアスならば逆鱗・竜星群が来てもバンギラスなら耐えることができます。
このときに相手が鉢巻持ちかどうか確認しておきます。
そして、再びボーマンダを出して威嚇を撒いて次はボーマンダがメガ進化して攻撃をします。

この戦い方はメガガルーラが相手でも大丈夫です。


バンドリメガマンダの対策

バンドリメガマンダの対策となるポケモンについてコメント。

スイクン
i_suikun.gif 
スイクンはステータスとタイプ、覚える技的にもバンドリメガマンダ軸に有利で汎用性も半端ないです。
ただ、ステルスロックが巻かれている場合は砂ダメ込みで受け出しが困難になってきます。

カバルドン
i_kabarudon_osu.gif 
カバルドンもバンドリメガマンダに有効なポケモンのうちの1体です。
バンギラスとドリュウズ相手なら大丈夫ですがメガボーマンダの場合は特殊技を考慮してあまり受け出しはしないほうがいいです。


スポンサーリンク


バンドリュメガマンダの残り3枠

バンドリュメガマンダの残り3枠は上記の対策ポケモンから考えるのがいいかもしれません。

ジャローダ

i_jyarooda.gif 
ジャローダはバンドリマンダが苦手なポケモンに強く出ることができ、さらに特殊安宅k-としても活躍してくれます。

キノガッサ

i_kinogassa.gif 
キノガッサは選出縛りの鬼でありこちらも高火力草タイプということでスイクンやカバルドンに強いです。

レパルガッサメタモン
さらにレパルダスとメタンを入れればスイッチとしても機能します。
ただ、この目的は選出縛りであり、レパルガッサメタモンに強い相手にはバンドリメガマンダが強く出られがちなので安定選出が成り立ちます。

ガッサスイクン
キノガッサとスイクンをセットで入れることでスタン性能が増してバンドリメガマンダ選出でなくてもボーマンダを選出することができます。

他のメガ進化ポケモン

あとは5体くらいでパーティーを作って足りない要素を他のメガ進化ポケモン投入でいい気がします。

メガガルーラなどはパーティーに入れるだけでも強くなりますし、メガリザードンYを入れたりしても攻撃のレパートリーが広がっていいと思います。

関連記事:ポケモン関連の記事のまとめページ

ポケモン 育成論・考察・パーティーの記事一覧まとめ

合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ポケモン】バンドリメガマンダ軸パーティーの強いところ・構築・対策など【脱出・さらさらいわ】

ポケモンバンドリメガマンダパーティー

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】3ステップアップ10連召喚ガチャ 3回目結果 リーパーの限界突破が進む 

BEFORE「【ポケモン】レートで強いメガバンギラス軸の構築について

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top