とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 08/15

【ポケモン】レートで活躍する強いパーティー10選!構築・組み方・例のまとめ(レート2000以上参考)

スポンサーリンク

ポケモンレート対戦に関する話題です。

この記事は他のポケモン記事と違ってもう一つのブログから移行したものではなく、本ブログで最初から書く内容になっております。

関連記事:ポケモン関連の記事のまとめページ

ポケモン 育成論・考察・パーティーの記事一覧まとめ


初めに レートについて

レート対戦は少し前に少しやった程度ですがそれよりも以前は結構頻繁にレートに潜っていました。
基本的にレート1900の番人と化していました。レート1900の番人としての延長というかボーナスで2000にも到達しましたのですがそれっきりレート2000には到達しておらず1900後半でシーズンを終えることが多かったです。

それでもレート2000、たまに2100台の人と戦うこともあり、なぜか勝つこともありました。

そのような経験や様々なブログを見てきたを踏まえてポケモンのレートのパーティー構築やその組み方(組むに至った理由)を例とともにまとめていこうと思います。


レートで強いパーティーのパターン

レート上位で活躍するパーティーのパターンをまとめます。


ガブガル軸(スタン寄り)
i_garuura.gif i_gaburiasu.gifi_kureseria.gifi_borutorosu.gif
メガガルーラ ガブリアス クレセリア ボルトロス+自由枠

ガブリアスとメガガルーラの超強力な物理アタッカーを主軸としたパーティーです。
ガブリアスが鉢巻逆鱗で物理受けを消耗させてメガガルーラが残りを殲滅するパターンとメガガルーラが先に暴れてスカーフガブリアスが終盤に全抜きするパターンがあると思います。
自由枠は多め。

とにかくあらゆる状況やパーティー相手に何かしらの勝ち筋を見出すことができる印象でレート最上位クラスでも戦える筆頭のパーティーです。

第六世代当初から存在しており形や自由枠を変えつつ今まで残ってきたパーティーです。

ガブガルゲンボルトスイクン
i_garuura.gif i_gaburiasu.gifi_gengaa.gifi_borutorosu.gifi_suikun.gif
メガガルーラ ガブリアス メガゲンガーorゲンガー ボルトロス スイクン+炎枠(バシャーモやファイアロー)

これは第六世代の完成パといっても過言ではないかもしれません。
パーティーはほぼ固定されていますが単体の性能の高さが相当あり、なおかつ同じパーティーに入れても邪魔し合いません。

対策らしい対策はなく単純に倒そうと思ったら同性能のポケモンで読み合いも発生する勝負をしなければならないでしょう。

受けループ
i_rakkii.gifi_guraion.gifi_yadoran.gifi_gengaa.gifi_bangirasu.gif
ラッキー グライオン メガヤドラン メガゲンガー バンギラス+何か

受けループはORASでメガヤドランが出てきてからさらに凶悪さに拍車がかかりました。
対策としては両刀ポケモンやあるポケモンを一方的に起点にできるポケモンを入れておくことくらいですがそのあたりをメガゲンガーに対策されてしまうことが多いです。

さらに受けループの相手より自分がポケモンが1体でも少ないとTODを仕掛けられてしまいます。

むらっけ軸運ゲー
i_onigoori.gif i_borutorosu.gifi_metamon.gifi_pikushii.gif
オニゴーリ ボルトロス(パーティー次第でジャローダ) メタモン ピクシー+何か

オニゴーリのむらっけで最終的に夢想していくパーティーです。
このパーティーは明確な流れがあり、最初にボルトロスを出してきて電磁波+威張るで相手の行動確率を下げます。
運良く倒したとしても倒したポケモンが物理アタッカーなら次にメタモンが出てきてコピーされてかなり危険な状況になります。

もしも、メタモンを倒してもピクシーで起点にされたり、行動確率が低いままだとオニゴーリを出されて守る→身代わりで能力値をターン経過とともにあげられ続けてしまいます。

このパーティーは一見運ゲのように見えるのですがその実は少しでも有利な状況を作るための確率勝負に持ち込まれるので非常に厄介です。

例えば威張るが「当たれば」そのターンの相手の行動確率は50%(条件付き)、次のターンに電磁波が決まれば相手の行動確率は0.5×0.75=0.385で38.5%です。

これに身代わりが組み合わされば非常に厄介な確率になっていくのは明白です。

メガボーマンダ積ループ軸
i_boomanda.gif i_urugamosu.gifi_suikun.gifi_manmuu.gif
メガボーマンダ ウルガモス スイクン マンムーなど

メガボーマンダで積んで暴れまくるパーティーです。
メガボーマンダ自体物理アタッカーに非常に強く、倒すためには氷技を覚えた高速特殊アタッカーが理想ですがそのようなポケモンをウルガモスで起点にして積んできます。

タイプ相性を考えたスイクンやステロ要員でボーマンダとも相性のいいマンムーが入ってきたりします。

また、メガボーマンダを倒すのはスカーフガブリアスの可能性もあるのでそれを見越して腹太鼓マリルリを入れていることもあります。

ジャローダも何気に入ることがあります。

メガへラクロス+クレセドラン軸
i_herakurosu.gif i_kureseria.gifi_hiidoran.gifi_gaburiasu.gifi_borutorosu.gif
メガへラクロス クレセリア ヒードラン ガブリアス ボルトロス+何か

メガへラクロスは環境に強いポケモンに強いポケモンです。
メガへラクロスとクレセドランはタイプの補完が非常に優れており、クレセリアの三日月の舞をメガへラクロスに使った時はゲームでかなり有利になることができます。

メガへラクロスは他のポケモンの種族値が高くても問題なくパーティーを組むことができるのでパーティー全体のパワーがあります。

あくびステロ型メガリザードンver
i_kabarudon_osu.gif i_rizaadon.gif (ゲッコウガ画像無し)i_borutorosu.gif
バルドン メガリザードンX ゲッコウガ ボルトロス+何か

カバルドンがステルスロックを撒いた後にひたすらあくびを連打するという立ち回りを序盤にします。
相手は交代戦を続けた場合はステルスロックと砂嵐で消耗させられますし、居座って攻撃した場合はメガリザードンXの起点となります。

砂嵐屋ステルスロックが効かない相手はゲッコウガが有利な場合が多いのでゲッコウガが入ってきますし、メガリザードンXになった後の受け先やフィニッシャーとしてボルトロスが投入されることがあります。

サザンガルドマリルリ軸
i_sazandora.gif (ギルガルド画像無し)i_mariruri.gifi_fushigibana.gif
ンドラ ギルガルド マリルリ メガフシギバナ+何か

サザンドラとギルガルドの相性補完を活かしてさらにその相性補完を伸ばすためにマリルリとフシギバナをパーティーに入れて構成されたものです。

下手な読み愛をしてしまうと空振りして大ダメージを喰らってしまうのがつらいところで対策らしい対策は有利対面で圧倒的な一撃(メガリザYのオバヒなど)をぶつけたり交代際に舞うくらいでしょうか。

後はひたすら読み合って有効打を入れていくしかないでしょう。

レパルガッサメタモン軸
i_reparudasu.gif i_kinogassa.gifi_metamon.gifi_garuura.gif
レパルダス キノガッサ メタモン メガガルーラ+何か

レパルダスをキノガッサとメタモンと一緒に選出します。
レパルダスの特性が悪戯心なのでそれによって優先度が上がった猫の手を使って控えのキノガッサのキノコの胞子を使ってきます。

その後はレパルダスが身代わりと威張るとイカサマで倒してくるというのがこのパーティーでレパルダスを倒しても控えにキノガッサと威張るで攻撃が上がってしまったポケモンをコピーするメタモンが出てきます。

ただ、レパルダスの猫の手で確実にキノコの胞子を引き当てるためにキノガッサは気合のパンチ・カウンター・守るのように技が固定されています。

なのでキノガッサの行動は読みやすいです。

ちなみに自分はこのパーティーに対して寝言ニンフィアで対応していました。

メガクチポリ2軸
i_kuchiito.gif i_porigontuu.gifi_burungeru_osu.gifi_borutorosu.gif
メガクチート ポリゴン2 ブルンゲル ボルトロス+何か

メガクチートと組むポケモンは基本的にたくさんいます。
その中でもクレセリアとポリゴン2はよくメガクチート軸に入っていると思うのですが今のとこはポリゴン2が優勢という感じでしょう。

ポリゴン2のトリックルームによってメガクチートを動きやすくし、さらにはポリゴン2自体もトリックルームとの相性がいいことを活かした戦法をとってきます。

炎の一貫性のためにブルンゲル、トリックルームに頼らないときのボルトロスが入ってくる印象です。


とりあえず目立ったパーティーをまとめてみました。

今後追加したいパーティーが出てきたら追加します。


パーティーの組み方

ポケモンのレートパーティーの組み方の大まかな流れを書いていきます。

①主軸にしたいポケモンを考える。

②そのポケモンと組ませるべきポケモンを1体、2体考える。

③ここまでの①②で基本選出が出来上がります。

④基本選出で対応できないポケモンを対処するポケモンを残りの枠に入れていくという感じです。

また、パーティーによってはレパルガッサメタモンなどのように基本選出で1セットの主軸も少なくありません。

実際に自分が構築したラティアスクチートのパーティーでどのようにパーティーを作るかの具体例を紹介していきます。

ラティアスクチート軸構築の組み方
i_kuchiito.gif
メガクチートがタイプもアタッカーとしても優秀なのでメガクチートを主軸としたパーティーを作りたい。

i_rathiasu.gif
メガクチートの弱点は地面・炎なのでそれらに強く出ることが斬るポケモンを考える→ラティアスに行き当たる。ラティアスなら電磁波と癒しの願いでクチートをサポートすることも可能。

これでラティアスクチートという軸が出来上がる。

i_suikun.gif
敵が炎タイプの場合こちらからの有効だが少ないのでスイクンを入れる。

ファイアロー2
メガクチート+ラティアスの場合は終盤でのパワーが足りないことに気付く→剣の舞ファイアローを入れる。

i_gaburiasu.gif
相手に鋼タイプ、主にクチートミラーがあるときついことが分かる→ガブリアスを投入。ガブリアス自体が単体としても優れているのでパーティー全体の安定感が増す。

i_herakurosu.gif
身代わり持ち等に弱いことに気付く→メガへラクロスを投入。メガへラクロスとラティアスを選出することも可能で他のメンバーとの相性もいい。

このような感じでパーティーが決まったと思います。


技や持ち物、あるいはパーティーのメンバー自体も環境によって変わるので机上の状態でパーティーを作ったら実際に戦って欠点などを見つけるのがいいでしょう。

パーティーの組み方
パーティーの組み方で大事なことは
・自分が何をしたいか
・環境への対策
の2点です。

自分がしたいことを決めないとどのように勝つかが分からず中途半端なパーティーが出来上がってしまいます。
そして、自分のしたいことが分かったとしてもそれだけだと環境に苦手なパーティーがいるとうまく勝てないので環境への対策が必要です。

今の環境の特徴
i_gaburiasu.gif i_garuura.gif
今というか6世代になってずっとですが基本的にガブリアスとメガガルーラを真っ先に考えなくてはなりません。

先ほど紹介したパーティーはこの2体にある程度強いのでそこそこ勝てましたがやはり何かが足らずに2000の大台を突破するのが難しいという結果に終わってしまいました。

環境の特徴としては
・ガブガルがトップメタ
・身代わり対策が必須
・状態異常使いが多い
・サイクル戦は一部で基本的に対面構築要素が強い

こんな感じでしょうか。

とりあえず現在の環境は最初に紹介したパーティーに加えてマイナーチェンジ・変則的なパーティーも十分存在します。

全ての対策は不可能ですが戦っていくうちだったりブログを巡ったりすることで流行が分かると思うのでそれらに勝てる要素をパーティーに入れることが大事です。


まとめ

レートではさまざまな強いパーティーがいますがたいていは何かしらのパターンに当てはまるものです。

それらを考えてパーティーを構築することでレートでも勝ち進めるパーティーが出来上がると改めて思いました。


関連記事:ポケモン関連の記事のまとめページ

ポケモン 育成論・考察・パーティーの記事一覧まとめ






スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ポケモン】レートで活躍する強いパーティー10選!構築・組み方・例のまとめ(レート2000以上参考)

ポケモンレートレーティングパーティー構築組み方

(0)TB(-)

AFTER「トガタが完全にテロリストと化していて面白かった ファイアパンチ17話感想(ネタバレ)

BEFORE「最終回ってマジか… CHERRY TEACHE佐倉直生 ジャンプ+もなんか本誌みたいな打ち切りレースっぽくなってきた 

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top