とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 08/14

最終回ってマジか… CHERRY TEACHE佐倉直生 ジャンプ+もなんか本誌みたいな打ち切りレースっぽくなってきた 

スポンサーリンク

fc2blog_201608142214133c5.jpg

少年ジャンプ+で連載されている「CHERRY TEACHE佐倉直生」(作:立花和三)が41話で衝撃的な宣言をしました。

どうやら連載が終了するとのことで次回の42話が最終回となるみたいです。

打ち切りと漫画内では言ってましたが40話以上続いたのはジャンプ+の中では結構長寿な気がします。


41話 「卒業 全編」の感想

とりあえず連載終了を告げる41話の感想から。

闇直生登場
佐倉先生の脳内空間に自身の闇である闇直生が登場しました。

前にも出た気がするのですが恰好が変わったような…

最終回と知った後だからかもしれませんが本来は危険視する人物がすごく頼りがいがあるというか出てきてうれしい感じがしました。

人気があったみたい
茂が言うには
「人気はあったにも関わらずこのタイミングでの連載終了」
とのことです。

確かに今週も含めて人気(いいジャン順)も下ではなかったと記憶しています。

その後、メタい感じで生徒たちに事情を説明しましたが生徒のツッコミでどうやら打ち切りっぽい感じになっていました。

人気はあって、さらにコミック出版もされているのに連載終了となる理由とか事情を次回で少し説明してほしいなぁと思いました。

サブタイトルの「卒業」って?
サブタイトルには卒業と書いていますが先生は卒業写真を撮ると言っています。
確かにサブタイトル通りの流れですが先生が受け持つクラスは1年生。

違和感を感じつつも「ジャンプ+を卒業」と言っているのでそれがサブタイトルの由来なのでしょうか。


スポンサーリンク

 


ジャンプ+も打ち切りがやっぱりあるのね

前々からジャンプ+では打ち切り漫画がありました。

ただ、今回の「CHERRY TEACHE佐倉直生」は正直少し驚きました。

日常系といえば日常系の漫画で確かに盛り上がったりする流れは長編の漫画と比べたら弱いかもしれませんが1話完結が基本でさらには毎回安定感があったと思ったのでジャンプ+の日曜日の枠の楽しみの漫画のうちの一つでした。

どちらにせよ円満で連載終了というタイミングでは無いと思うので次回で情報をいくらか漫画内でキャラが言うなり、お知らせで書くなりしてくれたらうれしいと思いました。

ジャンプ+のようなWEB漫画は現実のジャンプ本誌と違って連載されているマンガの数はあまり関係ないと思うので打ち切りレースみたいなことをする必要はなさそうですが容量の関係などでやはり連載数には限りがあるのでしょうか。

新連載やらジャンプ+レコメンドのような漫画が登場して日に日にアプリ全体のボリュームが増しているとは思うのですが打ち切りレースがジャンプ本誌みたいになってしまうのではという不安感も少なからずあります。

この漫画の最終回は9月11日に1か月ほど空きますがどういう内容になるのか非常に気になります。

合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

最終回ってマジか… CHERRY TEACHE佐倉直生 ジャンプ+もなんか本誌みたいな打ち切りレースっぽくなってきた 

少年ジャンプ+CHERRYTEACHE佐倉直生漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「【ポケモン】レートで活躍する強いパーティー10選!構築・組み方・例のまとめ(レート2000以上参考)

BEFORE「ある日突然アクセス数が増える記事の具体的な特徴と共通点からアクセス数の増やし方を考える

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top