とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 08/06

とんでもない砂嵐「ハブーブ」がヤバい!!(動画有) まるで世界の終わりみたい

スポンサーリンク

ハブーブhaboob)というとんでもなく強い砂嵐が気になったので少し調べてみました。

ハブーブとは

もともとはアラビア語でとても強い嵐を示す言葉だそうです。
アフリカの他、アメリカのアリゾナ州のような乾燥地帯で発生するとのことで砂嵐ではありますが雷雨も発生します。
下降気流、特にダウンバーストで発生するとのことで見た目は赤みがかった砂の塊が押し寄せてくる感じです。


ダウンバーストとは

下降気流という上空から地面に向かって吹く風のうち、特に強いものをダウンバーストというそうです。
アメリカでは雷雨がある日に高確率で起こるそうなのでまさにハブーブがそれです。
ちなみに、下降気流で一番自分たちにしっくりくるのは台風でしょう。

台風は低気圧ではありますが台風の目は下降気流が発生しています。
そのイメージがあればどれほどすごい風なのかは予想がつきます。


実際のハブーブの動画 町を丸ごと飲み込む砂嵐



文字で書くよりも実際に見たほうが早いと思い、youtubeでハブーブの動画に行きつきました。

この動画はアリゾナ州で発生したハブーブを実際に撮影して早送りした動画です。
撮影された時期は2011年のもので7月の夏まっさかさりで起きたハブーブでした。
街をどんどん飲み込む様子は圧巻の一言で幻想的な感覚さえ覚えます。

そして、とにかく規模がとんでもないです。
カメラに収まっている全ての位置がハブーブに呑みこまれていきました。

そんな状況なのに普通に自動車が走っているところを見ると意外とそんなに珍しくもないのかも?と思ったりしてしまいます。


主な発生場所

ハブーブの実際の発生場所です。

北アメリカ
先ほどの動画にはアリゾナ州(ユマ市、フェニックス市を含む)で起こると説明がされていましたがアメリカではこのほかにテキサス州ニューメキシコ州カリフォルニアでも起こるようです。ちなみにアメリカでも後述する中東のように雷雨の崩壊によって発生します。

これらの地域は北アメリカの乾燥地域でアリゾナ州には砂漠があります。

中東 サハラ砂漠 アラビア半島
サハラ砂漠からアラビア半島クウェート、そしてイラクの大部分の地域にかけて観測されるとのこと。
これらの地域では激しい雷雨の崩壊で発生するみたいです。

北アフリカ
北アフリカでもハブーブは発生するとのことでその原因はギニア湾からの湿った空気です。

オーストラリア
オーストラリアでは寒冷前線関連でハブーブが発生します。
アリススプリング近くのオーストラリア中央部では砂塵が数キロ上空に巻き上げられがちです。


ハブーブの移動速度が速い!!

ハブーブは移動速度が速く35~50km/hで進むとのこと。
発生したら逃げる暇はあまりないようですね・・・

動画の自動車のスピードとハブーブの迫るスピードを比べてもその移動速度の速さが分かります。


まとめ

ハブーブはとんでもない砂嵐&ダウンバーストということでその影響する規模も計り知れません。

動画で見ても分かるとおり、町全体を飲み込むほど巨大な砂嵐でまさに天災という名にふさわしい現象でしょう。

このハブーブですが「世界の果てまでイッテQ」でも放映されるらしいので、その時はイッテQのメンバーが撮影したハブーブの映像を見れるかもしれません。



合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

とんでもない砂嵐「ハブーブ」がヤバい!!(動画有) まるで世界の終わりみたい

ブログ自然ハブーブ

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】ニコ生3弾の世界樹コラボとかの情報多数!フェンサー・リーパー・シャーマンやドラグーンクロエなど新ジョブ(ユニット)も登場!!

BEFORE「メガクチート入り構築に入るポケモン22体の紹介!!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top