とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 07/12

大ヒット&社会現象となった「ポケモンGO (Pokémon GO)」について 日本でのポケストップは?スポンサー料についても

スポンサーリンク

アメリカなどではすでに配信されているポケモンGO(Pokémon GO)についていろいろ気になったことをまとめました。

ポケモン GOとは

ポケモンNiantic任天堂が作り上げたアプリゲームです。

公式サイトより
『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。
このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。
元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。
『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。
とのこと。

位置情報を使うことで現実世界にまるでポケモンが現れたような感覚を味わうことができます。

Niantic(ナイアンティックラボ)
ポケモンと任天堂の二つの企業は今までポケモンシリーズを世界に届けてきた企業ですがポケモンgoはさらにNiantic(ナイアンティックラボ)という企業が開発にかかわっています。

この企業はリアルワールドゲームのパイオニアのような感じの技術を駆使してINGRESSというアプリを世に送り出しました。

ポケモンGOの位置情報による現実世界にポケモンが現れたような演出はナイアンティックラボの技術があったからこそのようです。

米国をはじめすでに配信された海外の国では異例の大ヒット&社会現象

ポケモンGOが最初にリリースされたのは任天堂・ポケモンがある日本ではなくて海外のアメリカニュージーランドなどの国です。

ポケモンGOがリリースされるやいなや各国では大ヒットと社会現象を巻き起こしているようです。

銭亀を求めて街中を大行進したり、各種のスポット(後述)に人が集まるという感じです。

ここでどれほどポケモンGOがヒットしているかのデータがあるので表示します。
このデータを提供してくれたのはSimilarWeb: Website Traffic & Mobile App Analyticsというサイトやアプリの分析が可能なサイトです。

pokemongo.png

ポケモンGOが配信されている国はアメリカ・オーストラリア・ニュージーランドですがこのようにゲームでは1位、全てのカテゴリーでも1位を獲得しているアプリです。

しかも、このデータは2日ほど前のもので現在はもっと伸びていますし、日本などの未配信国で配信されたらさらに飛躍するでしょう。


ポケモンGOがなぜ面白い・楽しいのか 昔のワクワクを刺激する そしてノスタルジーも

まだ自分はポケモンgoをやっていないのですがyoutubeではすでに海外youtuberがプレイしていました。
そして、見るからに面白い。
各国で盛り上がっている理由も納得できます。

では、なぜポケモンGOがここまで面白そうで楽しそうなのかというとそれは昔のワクワクを刺激するからだと思います。

ポケモンのゲームやアニメを見ている人のうち、少しでもこんな冒険してみた・現実世界でポケモンがいたらなぁと思った人がいると思います。自分もその一人です。

ポケモンGOというのは現実世界と仮想世界を融合させたようなゲームです。

それによって普段生きている現実世界がまるでポケモンの世界になったような錯覚を覚えさせるものだと感じました。

まさしくこのような気持ちは昔に覚えたワクワクを刺激するもので同時に一種のノスタルジーも感じさせるのが面白さに関わっているのではないかと個人的に思いました。


任天堂の株価が急騰

nintendo kabuka 

yahooファイナンスのデータより。

ポケモンGOの配信に伴って任天堂の株価が急騰しました。
アプリ一発でここまですでに大企業になっている会社の株価が上がるのはびっくりしましたが今回のヒットとその期待を考えればあながち不思議ではないです。

できれば任天堂にはここから新しいアプリを連発するのではなくてまずはポケモンGoをかつてないアプリゲームにするような感じで力を注いていってほしいと感じました。


日本でのリリースは楽しみだがサーバーダウン(過負荷)の影響は

どうやらダウンロードをされまくったポケモンGOにサーバーの処理が追いつかずにダウンしてしまったこともあったようです。
世界同時配信をしない理由はこのようなサーバーの負荷を懸念したものだったようですがそれも超えてしまうほどのダウンロード数はある意味凄いです。
また、日本での配信が期待されますがその時にはひょっとしたらダウンロードエラーが起こってしまうかもしれないという不安も出てきました。


ポケストップについて 日本ではどうなる?

ポケモンGOにはマップに出現するポケストップと呼ばれるものがあります。
これは現実の重要な場所やイベントのありそうな地点とリンクしてそこにアイテムがあったりポケモンの卵を手に入れたりすることができます。

海外では教会などが設定されています。そして、配信前よりも多くのポケモントレーナーが協会に赴くという事態も発生。

もしも、飲食店などがポケストップになればお客さんが入るでしょうから経済効果もすごそうです。


さて、このようなポケストップですが日本ではどうでしょう。

おそらく、神社や寺などがポケストップの候補になると思います。

更に本家ポケモンシリーズでは

関東地方→カント―地方(ナナシマ含む)
中部+近畿地方→ジョウト地方
九州→ホウエン地方
北海道→シンオウ地方

とのように日本の各地がポケモンのゲームの舞台に設定されています。

そして、シロガネ山が富士山周辺だったりと日本の観光名所がポケモンの世界でも重要な場所になっているのでひょっとしたらそのような場所に行けば伝説のポケモンと出会えるかもなどと妄想が膨らみます。

ポケストップではなくルアーモジュールのスポンサー料は前払い?広告料の出来高(歩合制)?

ところでこのポケスポットですがこれはどうやら設定されてしまっているようです。
ただ、開発にかかわっているナイアンティック社のCEOであるJohn Hanke(ジョン・ハンケ)も個の集客力について言及していたりしました。

事業主はルアーモジュールというアイテムを使用することで集客力を増すことができるようです。

これは課金アイテムでポケスポットと組み合わせることでトレーナをー呼び寄せることができます。アメリカでは集客したい店などが10ドルでそのスポットを購入したり、訪問者が来るたびの広告料を支払ったりしているようですがまた、日本の場合は権利者が違ってきそうなのでアメリカと同じようなわけにはいかないかもしれません。

twitterを超える勢いと呼ばれているアプリなのでその経済効果も莫大でしょう。

今まで見られなかった歩きスマホの光景が見られるのだろうか

ポケモンGOの配信後、配信された国ではスマホ片手に様々な場所を動き回る人たちが目撃されたようです。
彼らはポケモンを探すためにいたるところに移動します。

アプリゲームといえばどちらかというと室内で遊ぶものだという認識ですがポケモンGOはそれらの性質とは全く違い、ポケモンの冒険するという基本的なコンセプトを現実世界とつなげるという性質があります。

それによって今後はポケモンGOをインストールしたスマホを持った人々がポケモンを探しながら日本のいろいろな場所を巡っているという光景が見られるかもしれません。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

大ヒット&社会現象となった「ポケモンGO (Pokémon GO)」について 日本でのポケストップは?スポンサー料についても

ポケモンGOPokémonGOポケモンポケットモンスターアプリ

(0)TB(-)

AFTER「粘菌が示すエリア0!愛丸の食欲・グルメ細胞の悪魔など トリコ378話感想(ネタバレ)

BEFORE「【タガタメ・シノビナ】FgGID連携で誰が為のアルケミストとシノビナイトメアで幻晶石・幽晶石をゲットする

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top