とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 07/11

ファイアパンチ12話感想 トガタ歓喜!!ついにユダとアグニが対話した!!(ネタバレ)

スポンサーリンク

ジャンプ+で連載されているファイアパンチ12話の感想です。

今回はそれぞれ復活したユダとアグニが会話してアグニの復讐劇の一種のまとめを感じた回でした。

また、前回の列車のピンチは普通に止まって助かっていました。

あと前の感想の時にトガタはアグニが再生と知っていないんじゃないかみたいな論調を書いたのですがばっちり知っていました。


アグニがユダに話しかける

アグニはとうとう完全復活し、また復活したユダもアグニのもとに現れました。
アグニはユダを見てルナの面影を覚えざるを得ない状況でとうとうユダにそのことを伝えました。

ドマに村が焼かれたこと。

妹が灰になったこと。

妹は実は灰になった後生き返ったんじゃないのか。

生き返った後記憶を失くしてしまったんじゃないか。

ユダはルナではないのか。

顔も声もそっくりそのまま似ている。

ということをユダに伝えました。

それに対してユダは灰になった部分は絶対に再生しないこと、自分が130年生きていたことを伝えてアグニの思っていることを否定。

更にはアグニの存在自体を国の脅威と言いました。

ユダが記憶を失くしているというのは少し疑ったのですがユダ本人からそれを否定してきました。
ただ、これによってアグニが無気力になるか復讐心が大きくなるのかの分岐点になると思いました。


ベヘムドルグにとってはアグニが復讐の対象


ユダが言うにはアグニがベヘムドルグの脅威となって国民を脅かしているそうです。
アグニの復讐が結果的に自分自身を復讐の対象にしてしまっているのだと感じました。

ただ、率直な感想を言うとベヘムドルグの人間の思考回路はどう考えても大多数の人間につらい思いをさせますし、アグニ個人に関しては唯一の家族を殺した張本人がいてその復讐の邪魔を排除しているだけなのでこの正義の論みたいなことに関してはどうしてもアグニの味方をしてしまう自分がいます。


1話の完璧な復讐劇を知ったトガタが歓喜

今回のアグニの行動のいきさつを知ったトガタ。

妹が塵にされ、その元凶である土間の炎を身にまとったアグニ、ひたすら復讐を誓い、敵にユダという妹そっくりな人物が現れたという流れにトガタは感動していました。

確かに今回は一種のアグニの復讐劇をいったんまとめた回だと思っていますし、その復讐の流れやアグニが力を付けた過程は最高だと思いました。

そして、それらを聞いているトガタは初めて乙女の顔を見せて歓喜。

「後は私がカタルシスを演出するだけだ・・・!」

とトガタは言っています。

カタルシスって難しい表現ですがざっくりと悲劇に関する感情移入と今回は受け取ります。

トガタはこれを演出と言っているのですがこの復讐劇を映画としてうまくつなぎ合わせるのかそれともトガタ自身が介入してくるのかまだまだトガタの活躍は続きそうだと思いました。

合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

ファイアパンチ12話感想 トガタ歓喜!!ついにユダとアグニが対話した!!(ネタバレ)

少年ジャンプ+ファイアパンチ漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「「群馬アイドル神話 馬セブン」感想 とんでもない新連載が始まった・・・(ネタバレ)

BEFORE「まさかの月島さん再登場!!やっぱり能力は最強かも  ブリーチ681話感想(ネタバレ)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top