とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 07/08

「神えしにっし」の本編が終了したので今までの感想などを ジャンプ+漫画

スポンサーリンク

ジャンプ+で連載されていた「神えしにっし」(作:桜乃みか)の本編が終了したので感想などを少し書いていこうと思います。ネタバレ含みます。


絵師という題材が良かった

この神えしにっし神絵師日誌)はタイトルにもあるように絵師という趣味というか職業が題材となっています。
絵師テーマにした漫画は新しいですし、個人的にどのようなものか興味があったので題材が好きでした。
場所についても田舎ではありますが通信機器さえあれば自分の作品を発表でき、有名になっていくという流れが気に入りました。

絵師はネット上のpixivやニコニコ静画に絵を描いて載せているイメージがあったのですがソシャゲやラノベの絵も担当しているようでその過程も興味深かったです。

良く考えればあれだけのソシャゲで一枚絵を少数の担当作画?さんが描いているわけではなく、ネットで自分の絵をアピールして描いているという絵師さんがいるはずですよね。


雰囲気はゆるふわだが・・・

漫画全体の雰囲気はまったりとしていたりふわふわとしていたり、さらには絵もかわいらしいのでそのあたりが個人的に読みやすかったです。

ただ、ある職業をテーマにした漫画って結構シリアスな場面が出てきたりするのでそのようなところも見たかったと思いました。


主人公は妹のことえと思いきや最終回では兄が活躍!?

今まで主人公は絵師であることえ(pn.kotoe)だと認識していました。
実際にタイトルにもある通り絵師がメインの漫画ですし、物語もことえの行動を中心に進行し、彼女の心理描写が多めです。

ただ、最終回は兄にスポットがあてられていたような気がしました。
もともとこの物語はことえには絵の才能があるけれどそれを絵師という形にしたのはなんだかんだ言って兄でした。

最終回ではプロデューサーとして活躍しているようですができればその活躍の様子をもう少し見たかったと思いました。


純正のライバルが見たかったかも

一応ことえにはライバルらしき人物でゴローさんやミユユが出てきたのですが最終的に仲良くなったりしていますし。(そもそもことえの画力が高いらしい)
榊さんが言っていた「友達はいらない 馴れ合いのぬるい関係いらない」という言葉。
これが個人的にもっと早く出てきてほしかったと感じました。

もちろん、榊さんはいわゆるトップ絵師で現時点のことえとは画力も知名度も違います。

なので、このサカキさんのセリフを体現するような同年代のそれこそ主人公クラスに人気があるようなライバルキャラがいてほしかったと感じました。


神えしにっしは円満か打ち切りか


ご愛読ありがとうございました!本編はこれにておしまいですが、もう少し続きます!次回、7月21日木曜日配信です!
と24話の最後に書いてありました。

「ご愛読ありがとうございました」というフレーズは基本的に連載終了したマンガでつけられるのですがまだまだ物語は続くようです。本編ではないということなのでスピンオフか何かだとは思いますが配信され次第読んでいこうと思いました。

一応本編終了ということですが今回の神えしにっしの連載終了は円満か打ち切りかはよくわからないのです。
最終回の駆け上がりを見るにひょっとしたら打ち切りかもしれないと思ってしまうのですが定かではないです。

先ほども書きましたがもう少し気になる展開とかがあったのでできれば本編はまだ続いてほしかったと思いました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

「神えしにっし」の本編が終了したので今までの感想などを ジャンプ+漫画

少年ジャンプ+神えしにっし漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】2章の3話「メサイア」クリア&「アルケミィツインバレット」習得

BEFORE「【ポケモン】クレセリアのORASでの厳選による捕獲と妥協ライン

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top