とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 07/04

強力な「原種」!スカイディアに潜むデビル大蛇やアシュラサウルス、鯨王を覆う巨大隕石など トリコ377話感想

スポンサーリンク

トリコ377話王たちの戦い!!」の感想です。

最近のトリコはいよいよ八王が本格的にアカシアと戦いだしてこの漫画もなんだか結末に向かっていてクライマックスに入っているのかと感じます。

左目をつぶされたバンビーナ

アカシアの前で煽るように登場した猿王バンビーナ

それを見てブチ切れたであろうアカシアのパンチが猿王を襲い、片目が取れてしまいました

ただ、その衝撃で拘束衣装が無くなったバンビーナはさっきのお返しと言わんばかりのパンチをアカシアに食らわせまっす。

バンビーナがあえて挑発したのは拘束具を外すという意味があるのかもしれませんがそれにしても片目の犠牲はでかい気がします。


鯨王ムーンは白鯨?隕石で覆われた体とグルメハンマー

鯨王ムーンに呑みこまれそうなアカシアにブルーニトロは回避を要求しますが回避を自分はするわけがないとのことで美食の鉄槌「グルメハンマー」で応戦します。

このグルメハンマーを打つ時に無茶苦茶両腕がムキ向きになっていてアカシアの本気具合を感じさせます。

そしてグルメハンマーが鯨王に直撃。

鯨王ムーンの表面が崩れ去ったのですがどうやらその皮膚は巨大隕石で覆われていたようです。

そして、この時に鯨王ムーンの中身が現れましたがいわゆる白鯨がモチーフのモンスターみたいです。

超巨大な白いクジラが鯨王ムーンの正体でした。

一見グルメハンマーでダウンしたかのような光景を見せたのですがおそらく今後まだ戦闘はするのでしょう。

八王最強クラスがこのまま終わるとは到底思えないので。


鹿王スカイディアの裏の世界(チャンネル)が強すぎる


鹿王スカイディア裏のチャンネルを使うという高度な戦闘をしていました。

それもゆっくりと時間を進ませるのではなく時間を早める効果を持っています。

アカシアがどんどん年老いていくレベルで1秒で1000年ほどの期間が過ぎてしまったようです。
アカシアはこれに対して
・オートファジー
・乾眠
・周りを裏のチャンネルで相殺
という手段をとりましたがとにかくスカイディアがやっていることは今までの裏の世界(チャンネル)の規模とは段違いでした。


デビル大蛇やアシュラサウルスの「原種」が強い この捕獲レベルは昔のあれとは違いすぎる


今週で一番びっくりしたのはデビル大蛇原種が登場したことです。

しかも捕獲レベルが5100でフグクジラの時に出てきたデビル大蛇とは異次元の強さです。
というか今回の話はデビル大蛇の汚名返上の回でした。

もともとデビル大蛇はバトルウルフと戦っていたとかいう設定があったと思うのですが初回登場時の捕獲レベルではバトルウルフと戦う以前にたどり着くことさえ不可能だと思いました。

ただ、原種のこの捕獲レベルを考慮するとそれもあり得た話だと今回の原種の登場で認識を改めました。

アシュラサウルスにも原種というのが付いていておそらくほかのスカイディアに潜むモンスターもそんな感じなのでしょう。

原種みたいな設定は特別感があってかっこいいのでもっとやれという感じがしました。


鉄平の「さて 俺の命もここまでかな」とは

何かとブルーニトロの行動を妨害して八王を手助けしている鉄平ですが
さて おれのいのちもここまでかな
と言いい、さらに時間稼ぎをするとトリコに伝えます。

なんか嫌な死亡フラグが漂っていますがせっかく洗脳が解除されたのですから最後まで鉄平は生き残ってほしいです。




いままで余裕の表情ばかりを見せていたアカシアですがさすがに八王相手ですと本気モードにならざるを得ないようです。

八王同士の共闘を期待したのですが1体1体が強力過ぎてそれは不可能みたいなのでそれを見ることはなさそうですね。



合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

強力な「原種」!スカイディアに潜むデビル大蛇やアシュラサウルス、鯨王を覆う巨大隕石など トリコ377話感想

週刊少年ジャンプトリコ漫画感想考察

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】輝晶剣リライアンス(レベル30)について 2本目も作成可能 クリスタルブレイクなど

BEFORE「おヒマ?「壺中卵の儀(こちゅうらんのぎ) 蠱毒(こどく)」不気味すぎでしょ・・・ ハンターハンター360話感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top