とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 05/31

「麺屋 滝昇」に行ってきた 炙りチャーシューとしゃきしゃき野菜が乗った名古屋市豊田本町の二郎系ラーメン 

スポンサーリンク

名古屋市豊田本町にある二郎系ラーメン麺屋 滝昇に行ってきたので食レポ的な記事を書いていこうと思います。

アクセスについて

takinobori.png 


アクセスなんですが名古屋駅か金山駅で名鉄線の普通列車に乗り換えて名鉄豊田本町駅で降ります。
少し歩くと滝昇に到着です。
経路は上画像の赤いラインの通りです。


到着 店の外観など

ryuushou.png
遠くからも見える旗。



ryuushou2.png
店の外観。



ryuushou3.png
こだわりの旗でラーメンの画像と特長が書いてあります。

店の外観は二郎系というよりは普通のこじんまりとしたラーメン屋さんです。
ただ、旗にあるようにラーメン自体は紛れもなく二郎系のラーメンでした。
濃厚スープと秘伝の魚介醤油が絶妙と書いてあります。

濃厚スープは二郎系の代名詞ともいえるスープですが魚介系の醤油というのはびっくりです。
名古屋の二郎系は鰹節があったり魚介系醤油を使ったりと豚骨+魚介の味付けが主流のようです。

ラーメンについて 


ryuushou4.png

注文したラーメンは大ラーメン(300g)とトッピングでチャーシューです。
個々のチャーシューは事前情報で炙り厚切りというのを知っていたのでチャーシュートッピングは外せませんでした。

そして、出てきたラーメンが上画像。
昼は野菜トッピングをしていないとのことでニンニクのみ多めで頼みました。

そして食べた感想を書いていこうと思います。


炙りチャーシューがうまい
やはり炙りチャーシューがうまかったです。厚く切った肉をラーメンに乗せる前にガスバーナーで焼いてくれるので肉汁が肉の中に閉じ込められていました。

しゃきしゃき野菜と揚げたネギ
このラーメンにも二郎系には欠かせないもやしを中心とした野菜が乗っているのですがここの野菜は非常にしゃきしゃきとしていて食べごたえがありました。
また、今回の店では上に炒めたというより挙げたようなネギがとっいんぐされており、野菜にその香ばしさが伝わっていました。

極太麺
個々の店のラーメンのスープは少し塩分が高めの印象でした。
それに対抗するかのような極太麺が今回のラーメンの特徴です。
自分は関東で本家・インスパイアともに様々な二郎系ラーメンを食べてきましたがそれと比べてもかなりの太さの麺でした。

スープ
しょっぱいですし、他の二郎・二郎系インスパイアと味が若干異なります。おそらく、これが魚介醤油由来のものなのでしょう。これに対抗するために野菜がしゃきしゃきでチャーシューが分厚く、麺も太いのだと思いました。
スープのみを飲むのは正直きついのですがお酢が置いてあったのでレンゲ1杯分のお酢をスープの身になった器に入れると最後に少しスープは飲めました(完飲はしませんでしたしオススメはしません)。


滝昇ラーメンは二郎系ではあるのですが二郎系の特徴は持ったものの少し別ジャンルのラーメンだと思った方がいいと思いました。
ただ、美味しかったですし、満足感もあるラーメンでした。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

「麺屋 滝昇」に行ってきた 炙りチャーシューとしゃきしゃき野菜が乗った名古屋市豊田本町の二郎系ラーメン 

ラーメン麺屋滝昇名古屋豊田本町グルメ二郎系

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】「鐘の音よ、もう一度」1・2・3(高難度)話攻略 ストーリーの感想やカリスの秘話など 

BEFORE「【白猫】エスメラルダイベント「ハードバッド♥チェイサー 追いかけられて」感想 ガモンというストーカーがヤバかった

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top