とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 05/26

ハヤテのごとく! 感想まとめ 1巻~5巻 面白い・印象に残った話など

スポンサーリンク

久々にハヤテのごとく!を読み返しました。
せっかくなのでまとめて感想を書いていこうと思います。

今回は1巻から5巻までしか書いていないですが単行本はもっとあるのでこの記事はとりあえず10巻まで内容を追加していきます。また、すでに書いた巻に関しても書き足すかもしれません。


それと、今後このような記事を増やしていく予定。

というのも最近、昔買った漫画を読み返すことが多くなったので、今まで書いているように1話ずつのまとめではなくてシリーズの感想まとめ記事も書きたくなったからです。


「ハヤテのごとく!」1巻・2巻・3巻・4巻・5巻感想まとめ


一時期ハヤテのごとくは無茶苦茶はまっていました。
1巻から5巻についてですが話単位で好きな話がいくつかあったり、重要人物が一気に登場するのでそのあたりに焦点を当てて感想を述べていきます。

hayate.png

1巻

当たり前といえば当たり前ですが綾崎ハヤテがナギと出会う巻です。
コメディ色だから最初はあまり気にしなかったのですが冷静に考えたらハヤテの境遇が悲惨すぎるということにあとあとになって気づいたり。
心のツッコミがこの巻からすでに鋭くいと感じました。
また、ホワイトタイガーのタマの登場やハヤテの女装など1巻目からかなり濃度高めでした。

2巻

咲夜や伊澄、ナギのおじいさんの帝などこのあたりから規格外のお金持ちが続々登場します。
そして、ギルバードとかいうネタキャラやワタルも登場。
ナギがハヤテにデレを全面的に見せだすのもこのあたりでした。
咲夜、伊澄、マリアさんなどとハヤテが1対1で絡む内容が1話ずつあるのですが個人的にマリアさんとの絡みがある「使用人たちの夜」一番好きでした。それと帝から石を渡されるのもこの話からです。

3巻

伊澄・ハヤテ・ナギ・ワタルの四角関係が勃発する話です(ナギとワタルが勝手に暴走しているだけ)あと、ギルバードが輝く巻です。
以下好きな話。
「ピーターパンもいい迷惑」
遊園地回。三千院家の闇を垣間見えることができます。

「カポーンって擬音語は誰が考えたんだろう?スゲーよね」
ハヤテとタマとマリアさんがメインの回です。マリアさんの優しさ、タマのトラブルメーカーっぷりが存分に出ていました。

「モテる苦労はしたことないな~」
四角関係の始まり。タマの「三千院家のペットは客を辱めるようなことをするけどな。」というセリフが最高でした。

4巻

神巻。本当に好きな巻です。
しょっぱなからピンチに駆けつけるハヤテの話があり、今後様々なイベントが起こる白皇学院、そして生徒会長のヒナギクが登場します。
最初から最後までほぼ文句なしの話のオンパレードでした。というか4巻から面白さの加速を感じます。

白皇学院のメインとなるキャラが一気に登場するのですが学院関係で一番印象に残ったのはヒナギクとの出会いですかねぇ。

あと西沢さんがしっかり登場した巻でもあります。

以下特に好きな話
「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」
編入試験編です。なんというかハヤテのごとくのドタバタが凝縮された感じの話でした。

番外編「RADICAL DREAMERS」
これだけでも1記事書けるレベルで好きな話。
アニメ1期を見ていた自分としては個人的に全話の中で最高傑作だと思っています
アニメ1期最終回の話なのですがエンディングの「木の芽風」の演出も素晴らしいものでした。

タイムスリップ系の話でハヤテとナギの運命的な出会いを感じさせたり、今後のアテネ偏とつながったりとよく1話にまとめたなぁと思いました。

radical=根本的な、基礎の、根の、基の
ということでこれが話全体の根幹に関わっているのが良くわかります。

5巻

物語の中心が徐々に白皇学院にシフトしていき、ハヤテが同年代の執事に出会いだします。また、西沢さんとナギが出会う巻でもあります。
学校でのお泊りからのヒナギクとの夜の学校の探索、西沢さんとナギとのバトルなどハヤテの女難が徐々に表れてきます。

以下好きな話
3話、4話、5話
学校に三人組が泊まってからのハヤテとヒナギクの夜の探索までの話です。
特にヒナギクの涙目→ハヤテへのからかいが最高でした。

「サキさんのヤボ用(全国版)」
ワタルとサキさんが中心の成人式にまつわる話なのですが個人的にはハヤテがマリアさんに成人式の話題を振ったところが面白かったです。
マリアさんは実際は17歳ですが落ち着いて頼りがいがあるのでどうしても年上に見えてしまうんでしょうね。


6巻以降は今後追記 ひょっとしたら1巻ずつ、2巻ずつになるかも
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

この記事と関連する記事

ハヤテのごとく! 感想まとめ 1巻~5巻 面白い・印象に残った話など

ネタバレ漫画感想ハヤテのごとく単行本

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】「魂の邂逅」「武具投影」の忍者ユニットによる周回攻略

BEFORE「【タガタメ】最高レベルの機動力を持つミズチについて カザハヤとの違い・攻略・ジョブなど

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top