とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 05/17

ブログの一日当たりの投稿記事数について 書く記事のストックがなくなった時は?

スポンサーリンク

ブログを始めてからしばらく、一日にいくつの記事を投稿すればいいんだろうとよく思っていました。

しばらくブログを続けていくうちにいろいろと投稿記事や更新回数について思ったことがあったのでそれをまとめていこうと思います。

一日の投稿記事数は多ければ多いほどいい

いきなり結論を書きましたが自分はこのような結論に至りました。

その理由を以下に書いていきます。

ブログを始めて間もないのならばとりあえずは様々な記事を投稿しておいてどの記事にアクセスが集まるのかを調べてみるといいです。そういう意味でも記事の絶対的な数は必要です。
ただ、ブログを解説して間もないならば小出しにしてアクセスが少しずつ集まるようになったら一日にどんどん記事を投稿していいと思います。

ある程度1日のアクセス数が上がると最初に来たページの他に気になった記事を見てくれる訪問者さんが出てくると思います。

個人的にこれがブログの成長期だと思っており人に例えると大体小学生くらいでしょうか。

このあたりになってくると記事はどんどん投稿していいと思います。

というのも、自分のブログもそうですが記事を書けば必ずその日のうちにアクセスまたはPVが加算されます。

もしも、1日その記事の投稿が遅かったらその日の分に得られたかもしれないアクセス数やPV数を失ったとみなすこともできてしまいます。


記事は時には速さがアクセス数につながる

実際に僕は5月14日に記事を8つ投稿しました。
ただし、ここで重要なのはその投稿数ではありません。

あるマンガが配信されて気になったのですぐに記事を書いたところアクセス数が一気に伸びた事例を紹介します。

忍者アナライズのPV数分析のグラフ↓
akusesusuu14.png

忍者アナライズの訪問者数のグラフ↓

akusesusuu15.png



グーグルサーチコンソールの検索アナライズのグラフ↓

akusesusuu16.png



このようにすぐに投稿することによって伸びる記事があるということがわかりました。


そのような記事はある期間に集中してアクセスが入るものでこればかりは予想外なことが多いので経験的に判断するしかないです。


前の考察と合わせるとアクセス数を集めたい場合は早く・大量が基本です。もちろん、これはブログを書く時間が許される範囲内での話ですが。



どんな記事を書けばいいのか思いつかない

場合によってはどんな記事を書いていいかわからないという時もあるでしょう。


そんな時にどう記事を書くのか考えていきます。


アクセス解析の検索ワードを調べる

もしも、ある程度記事を書いていて、アクセス解析を導入(必須)しているなら検索ワードを調べてみるといいです。


例えば自分なんかはゲームの攻略記事などを書いているとゲーム名+キャラ名で検索流入されていることがたまにあります。


そのキャラで記事を書いたつもりはなかったのですがひょっとしたらそのキャラについて知りたがっている人がいるのかもと考え、1キャラについて自分の考察を書いた記事を投稿しました。


そうするとその日のうちにアクセスが集まり、さらに他の記事から飛んできてくれる人もいるようなので「あっ この記事は必要とされているのかも」と思ってシリーズ化してみようという風になりました。


これでしばらくは記事について迷う必要はないです。というか、逆にどんどんアイディアがたまっていって書くことが追い付かない状況になってしまいましたw


外部ツールで関連ワードを取得する
関連キーワード取得ツール(仮名・β版)というサイトに行くとあるワードに関した関連ワードを知ることができます。

akusesusuu17.png 

実際にここで「アクセス数」というキーワードを入力して関連ワードを取得してみるとこのようになります。

様々なキーワードの関連ワードが五十音順で出てくるので記事作成のヒントにもなります。




以上がブログの1日当たりの投稿記事数と書く記事がない時の対処法でした。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

ブログの一日当たりの投稿記事数について 書く記事のストックがなくなった時は?

ブログ投稿記事数アクセス数記事作成

(0)TB(-)

AFTER「鉄腕アダム4話感想 2体目の蝶が襲来!!

BEFORE「【タガタメ】ヨミの強さ/運用 アビリティセット・限界突破・拳聖・巫女・兄・マスアビなど

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top