とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 04/13

【ネタバレ】トリコ366話感想 強すぎる次郎、金の缶詰と調理、そしてアカシアの登場

スポンサーリンク

少年ジャンプ19号のトリコ第366話「狼に封印を!!」についての感想やら考察についての記事です。

金の缶詰を使った調理による封印


グルメ細胞の悪魔は食欲そのもので食べ続けて繁殖せずにいつか死ぬという存在。
その代わりに他の生物の食欲となって何度も復活するとのことです。

様々な種類のグルメ細胞の悪魔がいる中、トロル型は調理を用いた上での金の缶詰を使用した乾眠によって効率的に生きながらえることができました。

金の缶詰はもともと地球のモノではない素材でできていてその素材は朽ちることがなく、食材の永久保存が可能です。

よって食欲の悪魔も死ねば隔世的に何度も蘇りますが、生きたまま調理保存熟成させておけば永遠に復活しないというのがニトロのネオ封印の算段だったわけです。

ただ、それを次郎の前で出したニトロはどうやら次郎を封印するようです。

今回で金の缶詰についての説明が出ました。
トリコたちが食べたオウガイも金の缶詰が入っていましたがその時に現れた第三の悪魔は金の缶詰に封印されていたのでしょう。
ひょっとするとあの悪魔が救世主になるのかも!?


スポンサーリンク






強すぎる次郎と出てきた数々の技


ムキムキになった次郎は縛っていた金の素材でできた糸をちぎります。
そこから次郎の猛攻撃が始まりました。

ヘッドシェイカー
ニトロの頭をつかんで大きく揺さぶります。揺さぶられたニトロの飾りやら内部がどんどん砕かれていき、どうやらニトロの内部はどろどろにされてしまったようです。

1光年螺旋おろし
白い服を着たニトロが放った技です。しかし次郎に防がれてしまいました。

ノッキングブレス
1光年螺旋おろしを打ったニトロを息だけでノッキングした技です。

ビッグバン
1光年螺旋おろしを放ったニトロを宇宙まで突き上げた右パンチ。

地殻剥き
黒いニトロが次郎に放った技で次郎にダメージノッキングで防がれたものの次郎方向の大地を文字通り剥きました。

星の核抜き

これは初めて次郎に通用したっぽい技で1点集中の突きでした。

奥義 ノッキングタイム
次郎が大地ごとおそらく空間をノッキングした技で「悪いな・・・ ほんの数秒だがわしの時間だ」と言っているように疑似的に時を止めるレベルのノッキングです。さすがは奥義というべき技です。

エターナルノッキング

撃たれたニトロは白変化しました。技名からはおそらく永久にノッキングされたままなのでしょう。この技は体に応えると次郎が言っていることから打った本人も負担がかかるようです。


首を跳ばされた次郎とアカシア登場


ラスト1体のニトロがよそ見をしていて何事かと思った次郎を次の瞬間、ネオ(アカシア)がその首を切って吹っ飛ばします。
「久しぶりだな 二狼」とアカシアが言って「これはこれは・・・ アカシア先生」と次郎が言いました。
はい、首だけになった次郎がしゃべったのです。
どうして死んでいないのか本当に謎ですが次回それは明らかになりそうです。

というか、封印ができるニトロたちがいなくなってしまったのは次郎にとってもやばいんじゃあ・・・

次郎は現在、三虎と実力が変わらない(分からない)というおそらく地球上最強クラスの生物でしょうが次郎がやられてしまったらと考えるとかなり展開が怖いです。

金の缶詰がまだ使われていないのでそれが今後どう役立つかも見ものです。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ネタバレ】トリコ366話感想 強すぎる次郎、金の缶詰と調理、そしてアカシアの登場

漫画感想ネタバレ考察週刊少年ジャンプトリコ

スレッドテーマ : 漫画 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】ティルフィング☆5進化!!!効率のいい魂の欠片周回クエストなど

BEFORE「【ネタバレ】鉄腕アダム3話感想 4次元構造の敵とマクスウェル博士・アダムのハート

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top