とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 03/17

【ポケモン】化身ボルトロス育成論・考察 穏やかオボン型 

スポンサーリンク

201501111739214d5.png
追記後の移行文については赤字で表記します。
今回は化身ボルトロスについての育成論を書いていこうと思います。
素早さ、火力、特性が非常に優秀で様々なパーティーで活躍できるトップクラスの強ポケでORASではアルファサファイアにて厳選可能です。


穏やかオボン持ちボルトロス



性格:穏やか

努力値:H252 D236 S28(最速70族抜き)

特性:いたずらごころ


技構成
①10万ボルト:ボルトチェンジとの選択技だと思います 僕の場合は居座って水タイプに打点を稼ぎたいと思ったので10万ボルトを採用しました。

②とんぼ返り:ボルトチェンジ不採用の場合の選択技です。ボルトチェンジと違って無効にされないのでサイクルは確実に回せます。打点はほとんど期待できず、襷つぶし程度の感覚で撃っています。

③電磁波
:速いポケモンを麻痺らせて後続の起点にしたり素早さ逆転を図ります。

④挑発
:耐久ポケモン、搦め手を使うポケモンに打った後にとんぼ返り・ボルトチェンジで高火力ポケモンに回して負担をかけていきます。

役割:サポート
いわゆるクッション役のポケモンです。メガガルーラなどのようなエースアタッカーと組ませてそのポケモンより速いポケモンに電磁波を入れたり、回復技・状態異常持ちのポケモンに挑発を入れて起点にしたり単純にごり押ししやすい状況を作り出します。

性格について
このタイプのボルトロスはシングルではよく「生意気」な性格を見かけます。というのはロトム、クレセリアの下からとんぼ返り・ボルトチェンジを打つためです。そしてそのような場合はめざ氷の個体値にするためにS個体値は0にします。
僕のボルトロスはめざ氷個体ではないのですがもしもめざ氷個体を狙うのであれば単純にS個体値31を狙うかS個体値0かのどちらかだと思います。
S個体値31の場合は素早さ無振りでも素早さ実数値131、生意気ボルトロスならS個体値0で104でクレセリアやロトムの下からボルトチェンジを打つことができます。
僕個人はロトムは別ですがそのような耐久ポケモンには電磁波→挑発→とんぼ返りで後続のアタッカーの起点やごり押す状況を作り出すつもりです。なので電磁波でどっちみち素早さを下げてしまうので僕は穏やかのままで使っています。
ただ、電磁波は耐久ポケモンに打たずに高速アタッカーに打って、耐久ポケモンなどには電磁波を挟まずにいきなりボルトチェンジを打つ様なパーティーであれば生意気もありだと思いますし、ガブリアス・ランドロスの交代読み用にめざ氷個体を狙うのが吉だと思います。

参考ダメージ計算(被ダメ)
臆病メガネラティオスの竜星群 ダメージ: 141~166 割合: 75.8%~89.2%
控え目メガネサザンドラの竜星群 ダメージ: 150~177 割合: 80.6%~95.1%
臆病珠ゲッコウガのれいとうビーム ダメージ: 143~172 割合: 76.8%~92.4%
ポリゴン2の無振り放電 ダメージ: 27~32 割合: 14.5%~17.2%
ポリゴン2の無振りれいとうビーム ダメージ: 60~72 割合: 32.2%~38.7%
クレセリアの無振りれいとうビーム ダメージ: 46~56 割合: 24.7%~30.1%
C252の控え目水ロトムのハイドロポンプ ダメージ: 76~90 割合: 40.8%~48.3%
C252の控え目水ロトムの10万ボルト ダメージ: 61~73 割合: 32.7%~39.2%


現在(当時)使っていて組んでいるアタッカーについて
この穏やかボルトロスと組み合わせて強いと思ったポケモンについて書いていきます。


メガリザードンY

超火力を上からどんどん打てる状況を作ったり電磁波を打たれそうな状況でボルトロスに変えて電磁波・挑発などを打って再びメガリザードンに交代して負担をかけました。
個人的にはリザードンに至ってはXに進化させてもいいと思いますし、メガリザードンYは控えめな性格でもいいと思います。


メガガルーラ
電磁波+挑発で相手を動きづらくした状態で上からどんどん押していきます。僕は岩雪崩・猫だまし・おんがえし・身代わりでメガガルーラを使っていますが本格的にボルトロスとメガガルーラを組ませるのであればグロウパンチ・猫だまし・捨て身タックル・岩雪崩or地震or不意打ちがよく見る構成です。電磁波で素早さを下げた相手を起点にグロウパンチで積んでいくという戦い方が割とメジャーです。


他にはメガへラクロスやメガボーマンダ、メガゲンガー、メガルカリオ、メガリザードンXなど強いメガ進化ポケモンと組ませても戦える方だと思います。


その後、突破力が欲しいと思い、以下に書く技構成にしました。また、この分から後は追記文なのですが見易さのため赤では表記しません。


①10万ボルト:メインウェポン。
②草むすび:めざめるパワー氷推奨枠。自分はめざパ厳選しなかったのでカバルドンとマンムーに打点が稼げる草むすびを代わりに入れました。
③悪巧み:こちらの物理アタッカーにあと投げしてくる物理受けにあと投げして起点にします。
④電磁波:これはほぼ必須技でしょう。

努力値は上記のままで技構成を変えました。サイクル戦を仕掛けるというよりも、こちらの物理アタッカー対策の物理受け対策の型です。物理受けってたいてい特殊技持ちな印象なので性格・努力値・オボンの実で特殊方面に強くしているのでその物理受けポケモンを起点に悪巧みを積んでいく型です。
本来ならばこの型はHSめざ氷個体が理想ですが自分は用意できなかったので、最初に書いた穏やかボルトロスの個体を流用しています。
両刀メガガルーラと組ませる際にこの型は重宝しました。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ポケモン】化身ボルトロス育成論・考察 穏やかオボン型 

ポケモン育成論考察ボルトロス穏やかオボンの実

スレッドテーマ : ゲーム ジャンル : ゲーム

(0)TB(-)

AFTER「【ポケモン】エンテイ育成論・考察まとめ ノイテイ(食べ残し)型   厳選方法紹介

BEFORE「【ポケモン】 クチート育成論・考察まとめ 遺伝技不要グロパン型

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top