とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

スポンサーリンク

2016 03/12

【ポケモン】エルフーン育成論・考察まとめ 後出し身代わり疑似無限型

スポンサーリンク

移行後の追記文は赤字で表記します。
今回はエルフーンの育成論・考察です。悪戯心というかなり強力な特性と高い素早さ、さらに第六世代から追加されたフェアリーというタイプによってレートでもよく見かけるポケモンです。


ERUHUN.png


後出しみがわり疑似無限型


性格:臆病
悪戯心同士の素早さ競争でなるべく勝ちたいのでこの性格

持ち物:食べ残し
襷と迷いますが技構成って気にこちらを優先します

特性:悪戯心
コンセプト的にこちらの特性を今回は考えます

努力値
H:204 B:84 S:220
H:16n+1 身代わりを4回張ると食べ残しによって身代わり1回分の体力回復
B:余り
S:最速111属抜き

技構成

①アンコール:補助技を打ってきた相手に後出しして縛ります。交代されなければいい起点になってくれるのでこちらがやどみがするか他のポケモンで積んでくかの2択になります。
②身代わり:公式までもが認めだすエルフーンの代名詞ともいえる技です。身代わりからアンコールもよし、寄生木からの身代わりでもよしの汎用性に長けた技です。
③寄生木の種:アンコールでうまく縛ったらとりあえずは打っておきます。うまく行けば相当いい感じに相手のポケモンを消耗させることができます。
④ムーンフォースor草技:よく見るこの型のエルフーンの攻撃技はムーンフォースなのですがちょっと予定のパーティーが水に重い気がしてきたので草技も考えています。


育成目的と役割

前々からきつかった悪戯心持ちのポケモンと積ポケモンに対して役割が持てるポケモンを考えていたら行きつきました。
このポケモンなら逆に補助技を使うポケモンを起点にしてこちらが有利な展開に持っていくことができます。
なので役割としては対補助技持ち(積技を含む)のポケモンに後出しして起点にしていくことです。
これは受けとは少し違う運用が求められるので攻撃に対する後出しはしてはいけません。
また、悪戯心持ちのポケモンがきついと書きましたが悪戯心と聞いて真っ先に思い当たるボルトロスの最速の素早さを抜けるところまで努力値を振る予定です。
アンコールで縛った後は交代されるにしても寄生木の種が安定しそうですがもしもこちらが積むことができる場面ならメガバンギラスかファイアローで積んでいきたいです。
というか新作パーティーのコンセプトのうちに竜舞メガバンギラスの攻撃軸が組み込んであるのでその補完としてエルフーンを選んだという経緯もあります。

この他にも起点作りの型や少し前から珠アタッカー型というものがいるのでそのようなエルフーンの育成論や考察も今後書いていきたいです。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ポケモン】エルフーン育成論・考察まとめ 後出し身代わり疑似無限型

ポケモンエルフーン育成論考察食べ残し無限

スレッドテーマ : ゲーム ジャンル : ゲーム

(0)TB(-)

AFTER「【タガタメ】林檎の帝園などで出てくるメタルラットンの効率的な倒し方 ダメージ2以上与えて一撃で倒す

BEFORE「【ポケモン】ライコウ育成論・考察・ORASでの捕獲方法まとめ メガネ型・突撃チョッキ型

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top