とにかくいろいろやってみるブログ

ゲーム攻略とか漫画関連多めの雑記ブログ志望ブログ 日に日に増すブログタイトルとurlへのコレジャナイ感

2016 03/11

【ポケモン】レート1950~ バンギローブパーティーまとめ メガフシギバナとメガギャラドスを添えて

スポンサーリンク

移行後の追記文は赤字で表記します。
XYのシーズン3で使用したパーティーのまとめです。
このシーズンではバンギローブをメインにしたパーティーでレートに潜っていました。
初めの方はバンギローブメガフシギバナを軸としたパーティーを使用していましたが途中でいろいろパーティーをいじっていき、今回の記事ではバンギローブメガバナと最終的なパーティーの形をまとめていこうと思います。


バンギローブ+メガフシギバナ



i_bangirasu.gif
バンギラス
慎重HD 食べ残し 砂起こし

技:追い打ち・どくどく・ステルスロック・ほえる


あまり攻めないバンギラス。役割を純粋にゲンガークレセなどの超霊狩りに特化させた構成です。一応鉢巻らしきアローは受けだしからのステロだ対処します。ただ鬼火ゴツメアローは完全にじゃんけんになってしまいます^^;
あとは起点にならないようにほえるを入れておきました。


i_roobushin.gif
ローブシン
意地っ張りHAB(細かい調整忘れました) オボンのみ ちからずく

技:ドレインパンチ・マッハパンチ・冷凍パンチ・雷パンチ


特性を完全に妥協しました^p^ いずれ同じ技構成の鉄のこぶしの個体を用意します。交換用DSが逝ってしまい仕方がなくGTSとサブロムで進化させたという裏話があります。
叩き落とすやチョッキ持ちブシンを使ってみたのですが正直その両方は今のところバンギがすべてカバーしてくれるので純粋に物理で攻めていく昔ながらのブシンを使いました。交換読み二色パンチはもちろん強いですがやはり後攻ドレパンからのマッパはしびれます。


i_fushigibana.gif
メガフシギバナ
図太いHBS(Sは4振りWロトム抜き調整) フシギバナナイト 深緑→厚い脂肪

技:ギガドレイン・ヘドロ爆弾・眠り粉・光合成


バンギローブというかパーティー全体がマリルリやボルトロスにかなり弱いのでその穴埋めで入れました。眠り粉は交代際に入れると割とうまく試合を運べることができました。あと最近増えてきたキノガッサを後出しで完全に狩ることができるのは今のところバナが一番な気がします。バンギローブに一貫する水とフェアリーにとても強く交代際でくそはずしがなければ眠らせることができるのでサイクル戦でとても有利に立ち回れました。



ファイアロー2
ファイアロー
陽気BS ゴツゴツメット 疾風の翼

技:ブレイブバード・鬼火・羽休め・挑発

バンギローブ花で選出できないときはこちらをほぼ必ず選出します。まだアローはハチマキ型のほうが多いようなので初手ではあまり警戒されなくてとても使いやすいです。ただやはり鬼火をまいた後だと羽休め読み地震がきたりするので少しでもプレイングが雑になるとあっさり落ちたりしてしまいます。ミラーマッチを考えた結果最速になりました。ミラーでは先に挑発を入れたら勝ちなので あと挑発+鬼火をうまく入れたら後述のギャラの起点を作ることもできます。


i_gaburiasu.gif
ガブリアス
陽気AS こだわりハチマキ サメ肌

技:地震・逆鱗・ダブルチョップ・ストーンエッジ


ロトムが重かったので投入してみました。甘えた耐久のポケモンなら基本的に逆鱗で一発です。あと弱点保険ギルガルドや威嚇を入れてくるクチートに対しても有利に戦うことができます。また初手で来るステロタスキガブをダブチョで葬ったりすることができ交代戦やスリップ消耗を仕掛けるこのパーティーの中でかなり豪快に戦うことができたポケモンです。
ちなみにストーンエッジの理由は岩雪崩だと鬼火ファイアローに耐えられてしまうからです。
少し甘えた物理耐久のクレセやポリゴンをステロ+砂ダメ+逆鱗2発で持ってくので交代を許す場面が少ないです。


i_gyaradosu.gif
ギャラドス
意地っ張り(HAS) ギャラドスナイト 威嚇→型破り

技:地震・滝登り・身代わり・竜の舞

メガ進化枠の2体目。アローが物理ポケモンに鬼火を入れて死に出しでギャラを出せば威嚇込みでほぼ舞うことができます。
滝登りは氷の牙でもいいかもしれません。曲者が多そうなパーティーには積極的に選出していきたいです。型破りで特性が無効化されるので変な特性を使われてもあまり怖くありません。
選出はあまりありませんでしたが終盤でよく全抜きをしてくれました。



前世代(第五世代のことです)の化石と化したかと思ったバンギローブですが今の環境なら1800に持って行けそうですね。
マリルリやゲンガーなど必ず出てくるポケモンやギルガルドやウルガモスなどまず出てこないであろうポケモンが対戦をしていくうちにわかりそこから一気に勝率が上がって1500台からここまで来ました。
今期はいろいろなパーティーを試していたので勝ち数もありますが負け数もすごいことにwwでもいい経験になりました。

そしてここからは少し様子見で第四世代の準伝の回収などをしていこうかなと考えています。
レート2000目指すうえでさらにレートを上げるにはもう少しバラエティーに富んだ手持ちが必要そうです。
あと他のルールもそろそろしなくては。




バンギローブメガギャラ



最終レート=最高レートで1972です。

i_bangirasu.gif
バンギラス

性格:慎重 持ち物:食べ残し 努力値:HDs 砂起こし
技:ステルスロック・追い打ち・どくどく・ほえる


第五世代からこのベースのバンギラスはずっと使っていますね。なんだかんだ言って特殊ポケモンと耐久ポケモンにかなり負担をかけることができるので選出時には対戦パーティーによってバンギラスを補完するような選出をすれば安定して戦うことができます。追い打ち+ステルスロックは相手の特殊ポケモンの交代を抑制してどくどく様子見で居座ってくる耐久ポケモンによく刺さりました。ただこの3つの技では物理ポケモンの起点になりやすいのでほえるを入れて起点回避をします。最近ラティオスも増えてきたので相対的に特殊受けバンギも増える可能性が微レ存。


i_roobushin.gif
ローブシン

性格:意地っ張り 持ち物:オボンのみ 努力値:AB 鉄のこぶし
技:ドレインパンチ・マッハパンチ・冷凍パンチ・どくどく

ダブルからの流用。時間なかったからね、しょうがないね。ゴツメローブシンのプロトタイプにと思ったのですがこの型はこの型で強かったです。初手ガブリアスは襷が多く、意外とローブシンの前で居座るので冷凍パンチ。逆鱗+サメ肌でよくオボンが発動しました。完全有利対面では今の環境では読まれにくいどくどくを打ってバンギラスと一緒にサイクルを回しながら消耗させます。また、初手がルーラはまずはどくどく選択でいいでしょう。交代なら鋼以外が基本的に出てきますし居座って猫だましをしていたら捨て身タックルが来ると思うので一度目の捨て身でオボンが発動し、二撃目を耐えてドレパンで返り討ちできます。バンギローブは現環境でも普通に使える印象でした。


i_gyaradosu.gif
メガギャラドス

性格:陽気 持ち物:ギャラドスナイト 努力値HBAS HBで3段階ダウンガブの逆鱗を身代わりが確定耐え S最速
威嚇→型破り
技:滝登り・地震・身代わり・竜の舞


今回のメガ進化枠。ファイアローの鬼火+ギャラの威嚇で物理ポケモンは基本的に起点になります。
見せ合いで一見こちらは後手後手に回りそうだと思っても意外とギャラが一度舞えば全抜きできそうなパーティーもあったのでサイクルを回したり、ギャラの障害になるポケモンにあらかじめダメージを入れておいてメガギャラが全抜きをできる体制を整えた試合は基本的に勝ちます。またタイプが変わるのも強いです。ただうちのパーティーですとメガ枠がどう考えてもギャラなのでメガ進化は読まれやすいです^^; 相棒はライコウとファイアロー。


i_raikou.gif
ライコウ

性格:臆病 持ち物:こだわりメガネ 努力値CdS プレッシャー
技:十万ボルト・ボルトチェンジ・目覚めるパワー氷・シャドーボール


うちのパーティーに不足していた素早さを補ってくれるポケモンです。上から一貫性がある電気技をどんどん打ってくれる補完性のあるヤツ。また初手ガブ対面ではめざ氷を打ってその後岩石封じを食らうのですがその後地震ではなくまた封じが来たりするのでその場合はよくナットレイに交代していました。序盤は打てそうならボルチェンを打って終盤に上から殴っていくというのが基本的な戦い方です。またメガサーナイトのハイパーボイスも耐えるのでサーナイト対面ではほぼ安定です。うちのパーティーにはよくフェアリータイプが来るのですがそのあたりによく負担をかけてくれました。
ノイコウにするか一時期迷ったのですが最後までメガネ型で戦いました。


ファイアロー2
ファイアロー

性格:陽気 持ち物:ゴツゴツメット 努力値:BaS 疾風の翼
技:ブレイブバード・鬼火・挑発・羽休め

努力値振りは第四シーズンで戦う前には変えておく予定です。見ての通りゴツメアローです。へラクロスがいるパーティーでは基本的に先発でヘラが出てくるのでこちらも先発でアロー。ただヒードランが後ろに控えているときがあるので鬼火はあまり打ちたくないですね。ヘラ対面ならやはりブレイブバード→ヒードラン交代なら挑発→ギャラに交代が一番安定しそうです。鬼火は物理突破だけではなくギャラの起点作り、交代先への消耗や確定数ずらしにも貢献します。
また挑発と鬼火という定数ダメージソースと羽休めで変化技を好むポケモンに対しても強く出られるところが魅力的でした。


i_nattorei.gif
ナットレイ

性格:勇敢 持ち物:こだわりハチマキ 努力値:HAd 鉄の棘
技:ジャイロボール・アイアンヘッド・パワーウィップ・地ならし

Sは逆Vです。見ての通りハチマキナットレイ。お相手の技を受けてからのサイクル崩しのジャイロをぶっ放していく型です。ジャイロを受けようとしてくるルカリオやバシャーモのHPを8割以上削っていく超火力はやはり頼もしいです。
ちなみにステロ+ジャイロボールでほとんどのガブリアスを確定一発。
受けだしてくるのがナットレイや受け型のサンダーだといろいろといやなのでいずれはハチマキ搭載の型を育成します。


選出パターン
バンギラス+ローブシン+ライコウorファイアロー
相手にガブガルーラがいて残りの受けポケや特殊アタッカーがバンギで対処可能と判断したとき。

ファイアロー+メガギャラ+ライコウ

基本的にはメガヘラクレセドラン軸に出していく選出です。

ファイアロー+ライコウ+ナットレイorバンギラス
サイクル戦を仕掛けていきそうなパーティーにはこの選出で行きます。

あとは臨機応変に(これを言ったらお終いですが…)。

よく出てきたポケモン
ガブリアスやガルーラのような早く高火力物理で押せるポケモンやマリルリ、サーナイトのようなフェアリーはよく出てきました。 
また、メガフシギバナやナットレイのような耐久草タイプ、メガライボルトやWロトム、サンダーのような電気タイプはよく選出されました。
毎度のことながら画像のサイズのバラつきは本当に申し訳ないです。

全体の感想
最終的にこのパーティーにたどり着きましたがそれまではレートが一気に落ちてパーティーをいろいろ変えまくって大変でした。ダブルの大会をずっとやってたということとそもそもシングルはしばらく置いていたことが災いして一時期レートが300以上短期間で落ちてしまい最高レートにたどり着くまでにかなり苦労しました。ただ最高レートといっても目標のレート2000には2勝分ほど遠かったので悔しさが残る結果でした。
合わせてどうぞ

スポンサーリンク

関連記事

この記事と関連する記事

【ポケモン】レート1950~ バンギローブパーティーまとめ メガフシギバナとメガギャラドスを添えて

ポケモンパーティーバンギローブメガフシギバナメガギャラドス

スレッドテーマ : ゲーム ジャンル : ゲーム

(0)TB(-)

AFTER「【ポケモン】ニョロトノ育成論・考察まとめ 電気玉投げつける型

BEFORE「【ポケモン】メガリザードン軸パーティーまとめ レート1900・1950到達など

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top